Home   >    eBookStore   >   医師   日本医事新報社   神経内科   精神科

コウノメソッドでみる 認知症診療 第2版

河野 和彦 (著)

株式会社 日本医事新報社

306 頁  (2017年3月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥5,076 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年03月30日

立ち読み   お気に入りに入れる

認知症はかかりつけ医が診る!治す!

年間1,200人以上の新患を診察する著者が、30年以上の経験をもとに編み出した治療体系「コウノメソッド」の入門書。4年分の長足の進歩を加筆した改訂版!

コウノメソッドの本はこちら

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:49.2MB以上(インストール時:123MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:28.2MB以上(インストール時:61.3MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784784943548-and-1.png 9784784943548-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784784943548-iph-1.png 9784784943548-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


■30年以上の経験をもとに編み出した認知症治療体系「コウノメソッド」の入門書です。

■たくさんの改訂要望を頂き,この4年の長足の進歩を反映して全面改訂しました。

■認知症治療の"実践"の書。薬の匙加減を余すところなく公開しています。

■認知症専門医でないプライマリケア医が,特殊検査無しに認知症を診断・治療する術が詰まっています。

■県・市医師会(熊本,福岡,広島など)でもコウノメソッド本が推薦されました。


----


2版 序─改訂に寄せて

2012年10月に出版された本書は,コウノメソッドを知る基本的な情報源として多くの方に愛読されました。3年経過した時点で,早くも改訂版の希望が聞かれましたが,筆者は第4弾の『コウノメソッド流臨床認知症学』,第5弾の『コウノメソッドでみる認知症の歩行障害・パーキンソニズム』の完成を優先させました。その理由は,コウノメソッドの進化があまりにも速かったからです。

4年以上前に上梓した本書を読み返すと,今では忘れかけた大事な教訓が書かれてある一方で,この程度の戦略では治せなかった患者さんも多いだろうと冷や汗もかきます。

とはいえコウノメソッドの入り口となる本ですから,今回の改訂では,多くの情報を加筆しすぎてまとまりがなくなる恐れを考慮して,加筆量は適度に抑えて要点をずばりと挿入することにしました。また,薬剤の優先順位も経験患者数とともに微妙に変化してきましたので,その書き換えも行いました。


初版を出版した当時と比べてコウノメソッドが画期的に飛躍した点として,コウノカクテル(点滴療法)の導入があげられます。神経科学において「パーキンソン病関連疾患」というカテゴリーにまとめられたために,パーキンソン病治療薬で歩行を改善できるのだと思い込まれてきた進行性核上性麻痺や,治すすべがなかった脊髄小脳変性症に希望の灯りをともしたのが,抗酸化物質のグルタチオンであり,アセチルコリン系物質のシチコリンです。それに脳代謝改善薬の幼牛血液抽出物(ソルコセリルR)を加えた"カクテル"の配合比を,それぞれの患者の症状に適合するまで調整していく手法です。

また,第4弾『コウノメソッド流臨床認知症学』からは,認知症の鑑別診断に時間と医療費を浪費することのないよう,治療に直結した「キャラクター分類」(バイタリティ分類,エネルギー分類,神経伝達物質分類からなる)を提唱し,臨床認知症学を完成させました。本書改訂でもこの考え方を踏襲しています。


進化を続けるコウノメソッドのポイントを凝縮した本書を活用し,ぜひより高い改善率をともに目指していきましょう。


2017年2月

河野 和彦


----

Ⅰ.診断編

1.認知症の定義とその限界

2.認知症と紛らわしい病態

3.知能検査

4.認知症を診ることを決断するとき

5.認知症診療の流れ

6.問診から得られる「決め手」

7.診察室で得られる「決め手」

8.精神疾患との鑑別

9.応急処置

10.認知症の精密な病型鑑別

11.神経変性疾患の病因蛋白

12.診断の武器

Ⅱ.治療編

1.治療を始めるにあたって

2.治療の開始

3.コウノメソッドとは

4.抑制系薬剤の使用法

5.中核薬の使用法

6.興奮系薬剤の使用法

7.病型別処方術

8.コウノカクテル(点滴療法)

9.迷ったときの「正攻法」

Ⅲ.認知症の合併症

1.パーキンソニズム

2.不眠

3.REM睡眠行動障害

4.レストレスレッグス症候群

5.ビタミン欠乏

6.脳梗塞

7.糖尿病

8.嚥下障害,栄養障害

9.その他の合併症

Ⅳ.認知症患者の処遇と認知症予防

1.リハビリテーション

2.法律・制度

3.胃瘻

4.認知症診療医とコミュニケーション

5.認知症の予防


APPENDIX

INDEX

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示