Home   >    eBookStore   >   日本医事新報社   診察・手技   内科一般

Dr.徳田の診断推論講座

徳田 安春 (著)

株式会社 日本医事新報社

184 頁  (2015年12月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥3,240 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2016年03月11日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

カリスマ総合診療医・徳田先生の人気シリーズ第3弾!

症候学を取り上げた本作は、診察を取り上げたこれまでのシリーズと合わせて診断をスキルアップできる3部作となっています。
問診で必要な情報を漏らさないためのOPQRSTやMISIAなど、初学者が覚えやすいチェックリストも多数紹介。合間に登場するマンガで息抜きしながら楽しく学べます。

姉妹書 『Dr.徳田のフィジカル診断講座』 『Dr.徳田のバイタルサイン講座』 好評発売中!合わせてご覧ください。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:14.9MB以上(インストール時:37.1MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:16.5MB以上(インストール時:35.9MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784784943425-and-1.png 9784784943425-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784784943425-iph-1.png 9784784943425-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


●カリスマ総合診療医・徳田先生の人気シリーズ第3弾!

●症例を挙げながら要点を厳選して解説しています。診断推論を学びたい人にぴったりの入門書です。

●問診で必要な情報を漏らさないためのOPQRSTやMISIAなど、初学者が覚えやすいチェックリストも多数紹介。

●ときどき登場するマンガで息抜きしながら楽しく学べます。

●大好評の姉妹本『Dr.徳田のバイタルサイン講座』『Dr.徳田のフィジカル診断講座』もあわせてどうぞ!


----


医師の仕事は大きく診断と治療に分けられ,患者を「よく診る」ために, 正しい診断を行うことは重要である.病気によっては緊急性の高いものもあり,その場合は診断の迅速性も問われる.また,病期のタイミングで治療可能性のある疾患も,やはり迅速な診断が求められる.

一方で近年は,医療安全と質改善への要求が強く求められている.従来の医療安全への介入は, システム要因を対象としたものが多かったが, 医師の診断精度もさらに良くしていくべきとする声が挙がっている(2015年米国Institute of Medicine:IOMの報告書など).診断エラーを研究し議論する学会(Diagnostic Error in Medicine Conference:DEM Conference)も毎年開催され, 診断向上のための学会(Societyto Improve Diagnosis in Medicine:SIDM)も活動を開始した.

このような状況の中で,正確でタイムリーな診断を行うための学習がすべての医師・研修医・医学生に求められている.具体的には,患者さんの最終診断をできるだけフォローしていくべきである(Pat Croskerry医師の推奨するFeedback Sanction).また,症例検討会などに積極的に参加し,最新の症例報告にも関心を持つこと.さらには,疾患の頻度(事前確率)や症候の尤度比などのデータについて,必要なときに参照することで分析的な診断が可能となる.

総合系の医師にとって, 正確でタイムリーな診断のスキルアップで最も重要なことは,「症候学」に習熟して,日頃から病歴聴取と診察を丁寧に行うように努めることである.これまでのシリーズ『Dr.徳田のバイタルサイン講座』『Dr.徳田のフィジカル診断講座』では診察を取り上げたが,今回は症候学を取り上げた.これによって,診断スキルをアップできる3部作の完成版を出すことができたものと考えている.読者の皆さんが,このシリーズ3部作を通して読んでいくことで,私がこれまでの臨床医学の学習で習得した知識を消化吸収し,その診断力をアップさせることができたら,著者として最大の喜びである.

本書は「週刊 日本医事新報」誌上の連載が元となり,好評の短い「マンガ」を追加して,さらにレイアウトや本文を読みやすく調整したものである.日本医事新報社の皆さんにはとてもお世話になった.この講座シリーズがここまで継続できたのは,ひとえに読者の皆さんの応援による.深く御礼を申し上げたい.

2015年10月吉日 東京品川で 著者


----

1章 総論

1 診断推論の基礎

2 症状分析

3 システムレビュー

4 病歴の達人MISIAとは?

5 病原体接近遭遇STSTAE

2章 各論

1 胸痛・胸部不快感

2 頭痛・頭重感

3 腰痛・背部痛・頸部痛

4 腹痛

5 発熱

6 咳・血痰・喀血

7 呼吸困難

8 下痢と便秘

9 消化管出血

10 黄疸

11 腹部膨満

12 関節痛

13 めまい

14 認知症

15 倦怠感

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示