マンモグラフィによる乳がん検診の手引き─精度管理マニュアル─ 第6版増補

大内 憲明 (編集)

株式会社 日本医事新報社

212 頁  (2018年7月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥4,860 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年10月12日

立ち読み   お気に入りに入れる

マンモグラフィ講習会受講者の必携テキスト! 検診のためのチェックリスト等を追加し、関連事項をアップデート

マンモグラフィの平均乳腺線量数値,乳房の構成の所見用語、「読影に関する基本講習プログラム案」「検診実施体制を自己点検・評価するためのチェックリスト」などを変更しました。マンモグラフィによる乳がん検診の指針、施設基準、検診方式、受診者への説明、撮影法、読影と診断に関する精度管理、有効性評価、費用効果、放射線リスク、がん検診事業の推進と精度評価、乳がん検診の現状と展望などを網羅しており、乳がん検診に関わるスタッフ必携です。
※本書はNPO法人日本乳がん検診精度管理中央機構(精中機構)の利用教材です。

この商品を買った人はこんな商品も買っています


タブレットで学ぶマンモグラフィ基礎編
¥2,160

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:24.5MB以上(インストール時:61.4MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:10.1MB以上(インストール時:22MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784784942152-and-1.png 9784784942152-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784784942152-iph-1.png 9784784942152-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


・マンモグラフィの平均乳腺線量数値,乳房の構成の所見用語、「読影に関する基本講習プログラム案」「検診実施体制を自己点検・評価するためのチェックリスト」などを変更。

・マンモグラフィによる乳がん検診の指針、施設基準、検診方式、受診者への説明、撮影法、読影と診断に関する精度管理、有効性評価、費用効果、放射線リスク、がん検診事業の推進と精度評価、乳がん検診の現状と展望などを網羅しており、乳がん検診に関わるスタッフ必携です。

・本書はNPO法人日本乳がん検診精度管理中央機構(精中機構)の利用教材です。


----


改訂第6版刊行にあたって

「がん対策基本法」では,科学的根拠に基づくがん医療の推進が求められている。マンモグラフィは複数のランダム化比較試験(RCT)により死亡率減少効果が証明された唯一の乳がん検診である。わが国でも平成12(2000)年度からマンモグラフィ検診が導入され,本書も版を重ねてきた。厚生労働省に設置された「がん検診のあり方に関する検討会」中間報告書〔平成27(2015)年9月〕では,「マンモグラフィによる検診を原則とする」ことが改めて提言されたところである。

一方で,若年・乳腺濃度の高い女性におけるマンモグラフィ検診の精度は十分ではなく,その限界が指摘されている。そこで,40歳代女性を対象に,がん対策のための戦略研究「超音波検査による乳がん検診の有効性を検証する比較試験(J-START)」が平成18(2006)年度から開始された。そのプライマリエンドポイントが平成27年11月に公開され,マンモグラフィに超音波検査を併用した場合,マンモグラフィ単独検査に比べて感度およびがん発見率が優れているという結果が得られた。特に高濃度乳腺の者に対して将来的に超音波検査を追加する可能性が示されたわけであるが,死亡率減少効果はまだ認められていない。加えて超音波検査については,検診の実施体制,特異度が低下するといった不利益を最小化するための対策等について,引き続き検証していく必要がある。

本書の初版発行から15年以上が経過し,マンモグラフィによる乳がん検診はわが国において標準的な検診として定着した。旧来の視触診時代には検出不能であった非触知乳がんの発見が著しく増えたことから,診断プロセスである超音波ガイド下針生検やマンモトーム下生検,あるいはMRIやCTによる術前拡がり診断など,乳がん診療も格段の進歩を遂げている。撮影・読影では,アナログのフィルムスクリーンシステムからデジタル撮影・ビューア診断へと大きな変化が起こった。乳がん検診方法を適正な画像診断に切り替えることによって,かくも乳がん診療がレベルアップされたことは多くの医師および医療関係者の実感であろう。

進化し続ける乳がん検診,そのあり方は,科学技術の進歩のみでなく検診を受ける人の行動にも大きく影響を与える。本書が乳がん患者さんのQOL向上,および死亡率減少に結びつくことを確信している。

平成28年1月


【追記─第6版増補版刊行にあたって】

第6版在庫僅少を機に,現時点で最低限の変更を加えることとした。第8章「検診マンモグラムの読影と判定」"マンモグラム所見用紙の例"に追記し,"読影に関する基本講習プログラム案"を改めた。また,第15章「がん検診事業の推進と精度管理」の"検診実施体制を自己点検・評価するためのチェックリスト"を更新した。

マンモグラフィによる乳がん検診の課題として,高濃度乳房が挙げられる。現在,厚生労働行政推進調査事業費補助金厚生労働科学特別研究事業「乳がん検診における乳房の構成(高濃度乳房を含む)の適切な情報提供に資する研究」が行われており,その中間報告書「高濃度乳房について」(厚生労働省健康局長通知 健発0524第2号)が3月30日に発出されたところである〔http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000208392.pdf〕。乳がん検診の実施者におかれては,がん検診の利益・不利益や乳房の構成などについて正しく理解した上で,乳がん検診を適切に実施されることを願っている。

平成30年7月

編者 大内 憲明


----

1.マンモグラフィによる乳がん検診の指針(ガイドライン)

2.マンモグラフィ撮影実施施設の基準

3.マンモグラフィ併用検診の実施方式

1 マンモグラフィ撮影・読影と視触診から見た実施方式の分類

2 実施の条件

4.撮影機器

1 構成

2 性能

5.撮影法

1 撮影情報の表示,撮影前の準備

2 読影環境(シャウカステン)

3 乳房の圧迫

4 ポジショニング

5 標準撮影法

6 撮影技術に関する課題

7 撮影に関する基本講習プログラム

6.撮影に関する品質管理の実際

1 受入試験と品質管理

2 検査実施の記録と保存

7.画像評価

1 ファントム画像評価

2 臨床画像評価

3 総合評価

付 マンモグラフィ施設画像評価の申込みに関して

8.検診マンモグラムの読影と判定

1 乳房画像診断用語集(breast imaging lexicon)

2 読影所見の記載方法(reporting system)

3 カテゴリー分類のアルゴリズム

4 報告書

5 マンモグラフィの読影診断

6 読影に関する基本講習プログラム

9.検診受診者に対する説明

10.乳がんの臨床

1 乳がんの罹患と死亡の動向

2 乳がんの診断法

3 乳がんの治療

11.視触診法による乳がん検診

1 視触診診断用語集

2 視触診法の実際と所見の記載方法

12.乳がん検診の現状と展望

1 世界標準としてのマンモグラフィによる乳がん検診

2 超音波による乳がん検診

3 今後の課題

13.乳がん検診の費用効果分析

1 使用したデータ

2 費用効果分析

3 感度分析

14.マンモグラフィの放射線リスク

1 マンモグラフィでの放射線量

2 放射線のリスクとは

3 放射線と人間のつきあい

4 マンモグラフィを用いた乳がん検診のリスク・ベネフィット分析

15.がん検診事業の推進と精度管理

1 はじめに

2 乳がん検診方法の検討

3 がん検診の事業評価における主要指標

4 主要指標の目標値と検討内容

5 検診実施体制を自己点検・評価するためのチェックリスト


別添 がん検診のあり方に関する検討会中間報告書

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示