Home   >    eBookStore   >   医師   日本医事新報社   放射線科   災害医学

放射線防護マニュアル 安全・安心な放射線診断・治療を求めて 第3版

草間 朋子, 小野 孝二 (著)

株式会社 日本医事新報社

184 頁  (2013年04月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥3,240 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2013年10月18日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

こんな時代だからこそ、安全性の再確認を!

2011年3月11日の東京電力福島第一原子力発電所の事故以降、国民の放射線被曝・放射線影響への不安が高まる中、患者さんや医療従事者の安全・安心を再確認するための内容が網羅されています。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:14.3MB以上(インストール時:35.7MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:7.4MB以上(インストール時:16.1MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784784941551-and-1.png 9784784941551-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784784941551-iph-1.png 9784784941551-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


放射線や放射性物質を頻繁かつ大量に使用している医療領域では,患者さんや医療従事者自身の被曝線量の低減がきわめて重要です。本書では,各種の放射線検査・治療に伴う患者さんの被曝線量を臓器別に提示し,その健康影響や放射線防護について説明。それらを行う医療従事者の健康対策も提示しています。また,「グレイ(Gy)」「シーベルト(Sv)」といった被曝線量の単位,「等価線量」「実効線量」の考え方など,基本事項も徹底解説。
2011年3月11日の東京電力福島第一原子力発電所の事故以降,国民の放射線被曝・放射線影響への不安が高まる中,患者さんや医療従事者の安全・安心を再確認するための内容が網羅されています。


----


第3版 序文

日本では起こりえないと原子力関係者の間では考えられてきた,国際原子力事象評価尺度で最悪とされるレベル7の原子力事故が,2011年3月11日,東京電力福島第一原子力発電所で起こってしまった。

この原子力事故をきっかけに,国民の放射線被曝・放射線影響に対する関心は高まり,一般市民向けの放射線計測器が販売される状況にまでなってしまった。これは国民の不安に対する国,行政,専門家による適切な対応が行われなかったことなどが関係し,国民との信頼関係が崩れてしまった結果である。 事故前も事故後も,放射線や放射性物質が最も頻繁に,しかも大量に使われているのは医療領域である。医療領域の放射線利用では,国民が不安に思っている放射線や放射性物質を意図的に人体に照射したり,投与している。これは放射線利用に伴う患者さんや国民に対する便益が大きく,放射線診療に関わる医療従事者が常に患者さんの被曝の機会を適切に選択し,被曝線量を低減する努力をしていると信頼されているからである。

今日,そして将来の医療にとって,放射線や放射性物質の利用はなくてはならない手段である。医療における放射線利用を安心して国民が受け入れていくためには,放射線診療に関わるすべての医療従事者が医療放射線利用に伴う患者さんの放射線被曝に関心を持ち,被曝機会を適切に選択して被曝線量の低減に常に努力し,患者さんの不安に客観的に応えることができる状況が必要である。

この度,本書の第3版の編集のご依頼を受けた。国民の放射線・放射性物質に対する関心が高まっているにもかかわらず,医療被曝に対する医療従事者の意識や知識,患者さんへの対応などは,一部の医療従事者を除いて24年前の初版出版時とほとんど変わっていないことを,患者さんからの相談などを通して実感していた。そこで今回の改訂にあたっては,第一線で活躍されている医療従事者の皆さまが患者さんとの最初の対応で必要とされる最小限の知識を最近の情報とともに盛り込み,全面的に書き直すこととした。医療従事者が患者さんやご家族との対応の「最初の1分」で本書を使って頂き,その後,時間のある時に「解説」に目を通していただき知識を深めて頂ければと思う。

改訂のお話があってから短時間のうちに出版まで漕ぎ着けることができました。時宜を得た適切な対応をしていただきました磯辺栄吉郎さんに深く感謝いたします。


2013年4月

東京医療保健大学 草間 朋子


----


1 医療領域における放射線被曝と放射線防護

2 医療被曝に対する放射線防護(正当化,最適化の判断)

3 医療被曝の特徴

4 成人の頭頸部CT検査

5 成人の胸部CT検査

6 成人の腹部/骨盤CT検査

7 成人のPET検査

8 上部消化管X線検査

9 下部消化管X線検査(注腸造影検査)

10 IVR

11 成人の単純X線撮影検査(頭頸部,胸部,腹部)

12 成人のインビボ核医学検査

13 乳房撮影(マンモグラフィ)

14 生殖可能年齢の女性患者に対するX線診断

15 若い女性患者に対するインビボ核医学検査

16 妊婦に対する放射線診断(単純X線撮影検査)(骨盤撮影検査を含む)

17 乳幼児に対する単純X線撮影検査

18 乳幼児に対するCT検査

19 乳幼児に対するインビボ核医学検査

20 未熟児,新生児の単純X線撮影検査

21 放射線治療(外部ビーム放射線治療)

22 インビボ核医学検査を受けた患者の取り扱い

23 核医学治療(131Iを用いた治療)を受けた患者との接触等

24 移動式X線撮影装置による撮影(一般病室における移動式X線装置による撮影と同室者等の取り扱い)

25 放射線医療機器等が利用できる場所:管理区域

26 放射線診療従事者の被曝線量の上限(線量限度)

27 女性の放射線診療従事者に対する放射線防護

28 放射線診療従事者の個人モニタリング

29 放射線診療従事者に必要とされる健康診断

30 放射線診療従事者自身の被曝線量(職業被曝)を低減するために医療スタッフ自身が行うべき防護方策

31 輸血用血液や医療器材に対する放射線照射

解説

なぜ,個々の放射線診断の際の被曝線量を低減する必要があるのか

医療被曝の線量の単位はGy(グレイ:吸収線量)

被曝線量の単位として,なぜシーベルトが使われるのか

実効線量(effective dose)と組織加重係数(tissue weighting factor)

放射能の単位としてのベクレル(Bq)

線量限度(dose limit)と診断参考レベル(diagnostic reference level)

CT検査の品質管理のためのCT線量指標(CTDI)

放射線加重係数(radiation weighting factor:wR)

放射線の健康影響の区分

確定的影響(組織反応)と確率的影響〔deterministic effects(tissue reaction)and stochastic effects〕

しきい線量(threshold dose)

不妊のしきい線量

放射線被曝とガンのリスク(生涯リスク)

放射線被曝がなかった場合のガンの罹患率,死亡率(ベースライン)

放射線被曝と遺伝的影響のリスク

骨髄に占める赤色骨髄の割合

放射線誘発ガンに関する疫学調査

放射線被曝と循環器系疾患の発生

放射線被曝と白内障の発生

人体と放射線との相互作用

放射性核種の半減期

外部被曝と内部被曝

職業被曝,公衆被曝,医療被曝

作業環境モニタリング

サーベイメータの種類と特徴

自然放射線

放射線防護関連の法令

原子力施設等の事故

原子力発電所の事故の際の安定ヨウ素剤の投与

食品汚染(内部被曝)と被曝線量

単位の接頭語

医療被曝の防護に関連したICRP勧告・報告

UNSCEAR報告

CT撮影の際の患者の被曝線量を評価するシステムWAZA-ARI

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示