画像診断 2012年臨時増刊号(Vol.32 No.11)読影レポートのエッセンス

画像診断実行編集委員会 (監修) / 似鳥俊明 (編)

株式会社 学研メディカル秀潤社

268 頁  (2012年9月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥5,400 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2016年01月29日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

全身の幅広い領域にわたり最低限知らないと困るcommon diseaseを取り上げ,疾患に関する知識のエッセンス,読影レポートを書く際の必須ポイント,具体的症例における画像とレポート例をまとめた.画像診断に対する考え方を深められる一冊.
*都合により,紙面と異なり割愛される箇所があることがございます.

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:56.9MB以上(インストール時:142.3MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:145.2MB以上(インストール時:315.6MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784780908602-and-1.png 9784780908602-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784780908602-iph-1.png 9784780908602-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


全身の広い領域にわたる基礎的疾患を網羅し,疾患に関する必須知識,読影レポートを書く際のポイントを,具体的症例の画像とレポート例を紹介しながら丁寧に解説.初学者はもちろん,より幅広く知識を深めたい画像診断専門医にもおすすめ.画像診断のエッセンスがつまった,必携の一冊.


----


タイトルをよく読んでいただければ明らかだが,本特集は画像診断レポートの標準的スタイルや書き方を示したものではない.日常遭遇する頻度の高い基本的疾患を材料とし,対象疾患の基本事項を整理したうえで読影レポートに最低限盛り込むべき要点を示し,またどのように盛り込むかを具体的なレポート例で示したものである.画像診断医なら誰でも概略は知っているこの疾患で,この点は漏らさず診なくてはならないと明示し,読影レポートを作成する際の1つの指針を示そうとしたものである.読者対象としては初学者を特に意識しているが,専門領域では常識レベルと片づけられる基本的疾患・知識であっても,他領域になると若干事情が違ってくる画像診断専門医も対象である.その領域の専門家の言に耳を貸すことで深まる知識があるし,通読によって領域や書き手の個性により異なるレポートに対する考え方も見えてくる.

広い領域にわたる最低限の知識を細大漏らさず的確に持っているかどうかを自己点検することも本書のねらいである.画像診断医が知らねばならないことは実に多い.画像診断機器能力向上によってこれまでは縁の薄かった新たな分野の仕事が出現し,あるいは増し,その対応に従来にない負担がかかっているのが一般的現状である.この傾向は他科医師にも当然同様に起こっているのであり,専門分野の新たな知見,さまざまな技術の進歩に遅れずにいるにはかなりの努力が求められる.

臓器縦割り専門傾向の問題は,研修医制度の変更を含め多くの試みがなされているものの,解消していない.依頼医の多くは専門分野以外のことはよく知らないと思ってレポートすることが重要であり,一通り知っている放射線科医の最大の強みを遠慮なく活かすべきである.

若い同僚の多くは以前に比べ格段に増した知識での武装で眩しいほどであるが,実戦への意欲の再確認と,戦略性・洗練性を兼ね備えたさらなるたくましさを期待したい.

継続する知識の補充点検は,経験を超えたすべての医療者の義務である.


2012年 7月

杏林大学医学部放射線医学教室
似鳥俊明




----

1. 脳神経疾患

2. 頭頸部疾患

3. 脊椎疾患

4. 循環器疾患

5. 呼吸器疾患

6. 骨軟部疾患

7. 消化管疾患

8. 肝胆道疾患

9. 膵疾患

10. 泌尿器科領域疾患

11. 婦人科疾患

12. 小児疾患

13. 乳房疾患

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2016年3月11日 11:31)

放射線科をラウンドする前にレポートで押さえるべき点がわかりよかった

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示