画像診断 2019年3月号(Vol.39 No.3) 炎症性脱髄性疾患update

明石 敏昭 (編著)

株式会社 学研メディカル秀潤社

126 頁  (2019年2月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥2,592 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2019年05月08日

臨床的に遭遇頻度の高い脱髄を中心とした疾患:MS,ADEM,PML,さらに最近話題のNMSODなどに焦点を当て,中枢神経だけでなく末梢神経も対象として整理.臨床や病理,画像所見をレビューできるよう最新知識をふまえて解説.

>『画像診断』最新号・バックナンバー・増刊号はこちら

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:37.2MB以上(インストール時:77.1MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:21.7MB以上(インストール時:46.2MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら



9784780905144-iph-1.png 9784780905144-iph-2.png

タテ

見開き



----


序説

神経系の炎症性疾患のうち,炎症性脱髄性疾患は近年大きな変化が生じている.多発性硬化症(MS)や急性散在性脳脊髄炎(ADEM)など以前から知られている疾患に加え,抗アクアポリン4(AQP4)抗体が関連する視神経脊髄炎スペクトラム疾患(NMOSD)が,脱髄とは異なる新たな疾患概念として登場し,さらにその中から抗MOG抗体が関連した脱髄性疾患が明らかになりつつある.多発性硬化症は脱髄性疾患の代表として臨床的には診断基準が複数改訂され,その原因は不明であるが,疾患としては確立されている.画像診断においても特徴的な所見があり,診断基準にも重要な役割を果たすようになっている.

そこで,本特集では臨床的に頻度の高い脱髄を中心とした疾患に焦点を当てて,臨床や病理,画像所見をレビューできるような項目を掲げることとした.多発性硬化症や急性散在性脳脊髄炎,視神経脊髄炎スペクトラム疾患,抗MOG抗体関連疾患に加え,進行性多巣性白質脳症(PML)や末梢神経の炎症性脱髄性疾患についても含めている.

特に進行性多巣性白質脳症は後天性免疫不全症候群(AIDS)に関連した日和見感染症というだけではなく,自己免疫性疾患などの治療の進歩に関連してその頻度が高まりつつあり,特に認識しておく必要があると考えられ,解説していただいた.また,脱髄は末梢神経にも生じることから,Guillain-Barré症候群(GBS)や慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)などの疾患について解説していただいた.特に末梢神経は画像診断医にとっては馴染みの薄い領域であるが,頸髄や腰髄のMRIに際して評価すべき領域である.急性散在性脳脊髄炎については,抗MOG抗体との関連も指摘されており,これらの疾患を理解するためにも重要な病態であり,診断に関して臨床的な側面も含めて解説していただいた.

特に臨床・病理の項目は抗AQP4抗体・抗MOG抗体関連疾患の第一人者である三須建郎先生に執筆いただくことができた.臨床症状や病理所見の特徴の理解は重要で,画像所見と関連づけることができれば画像診断に大いに役立てることができるであろう.脳MRIで脱髄を疑わせるような病変を認めた場合に,既知の抗体に関連した病変を疑うものであるのか,そうでなければ,多発性硬化症と診断できるような画像所見であるのかを,レポートに言及できるとよいと思われる.一度の画像検査で診断が難しい場合であっても,その後の経過観察においてどのような疾患を考慮しておかなければならないか,画像上での鑑別疾患を挙げておくことも重要であり,それにはこれらの臨床的・病理的な知識が役に立つと確信している.


明石敏昭


----

【特集】

序説

炎症性脱髄性疾患の臨床

炎症性脱髄性疾患の病理

多発性硬化症

進行性多巣性白質脳症

抗MOG抗体関連疾患

視神経脊髄炎スペクトラム疾患

急性散在性脳脊髄炎

末梢神経の炎症性脱髄性疾患

【連載】

すとらびすむす

部下の結婚式と息子の夢

画像診断と病理

腎静脈に発生した平滑筋肉腫

ここが知りたい!

画像診断2018年10月号特集

「知っておきたいリンパ系の画像診断」

Picked-up Knowledge from Foreign Journals

肝の線維化

CASE OF THE MONTH

Case of March

The Key to Case of January

General Radiology診断演習

重箱の隅をつつく

他科のエキスパートにお尋ねします-ここを教えていただけますか?

産婦人科編

Refresher Course

卵巣胚細胞腫瘍

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2019年6月21日 11:04)

時間がないときはポイントだけを、後で解説を見ることもでき、シチュエーションに合わせて使える。また、検索機能があることでほしい情報へ最短でアクセスできる。

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS/AndroidOS: M2Plus Launcher
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
最近見た商品
>10件まで表示
通常:セット商品
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示