画像診断 2017年4月号(Vol.37 No.5) 膵疾患の画像診断Update ─診療ガイドラインを踏まえて─

入江 裕之 (著編)

株式会社 学研メディカル秀潤社

128 頁  (2017年3月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥2,592 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2017年12月15日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

炎症から腫瘍に至るまで多彩な膵の病態について,適切な検査方法を選択し適切な診断報告を提供することが求めらる画像診断医のため,相次いで発行,改訂されている各種膵疾患のガイドラインのポイントを解説.急性膵炎,自己免疫性膵炎,膵管癌,神経内分泌腫瘍,IPMN/MCN/SCNを中心に,鑑別を要する稀な充実性および嚢胞性病変を取り上げた.日常臨床の診断・治療に即役立つ特集!

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:41.5MB以上(インストール時:103.6MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:221MB以上(インストール時:480.6MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784780900897-and-1.png 9784780900897-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784780900897-iph-1.png 9784780900897-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)



----


序説

膵疾患は炎症から腫瘍に至るまで多彩であり,画像所見が非典型的で診断に苦慮することも少なくない.診断に際しては,病変の進行速度も考慮する必要があり,急性膵炎などは瞬時に診断を下さなければならない病態の代表で,治療法の選択に当たって画像診断が果たす役割はきわめて大きい.これらを的確に診断し,適切な治療に結びつけるには,他の領域と同様,診断法の原理・特徴を的確に理解し,画像所見が示唆する病理病態を類推しながら,それぞれの診断法でどこまで鑑別可能であるかを理解しておくことが必要である.多彩な膵の病態を絶えず念頭に置き,適切な検査法を選択し,的確な診断報告を臨床医に提供することが画像診断医の役割である.

さらに,最近では各種膵疾患の診療ガイドラインが相次いで発行あるいは改定されており,それらのガイドラインを基に診断・治療が選択されることが主流となりつつある.したがって,画像診断医にはそれらの診療ガイドラインをある程度認識した診断が求められているといえる.

以上のような観点から今回の特集を企画した.日常診療において遭遇する頻度が高い,急性膵炎,自己免疫性膵炎,膵管癌,神経内分泌腫瘍,IPMN/MCN/SCNを中心に,鑑別を要する稀な充実性および嚢胞性病変を取り上げ,その領域のエキスパートにご執筆いただいた.

帝京大学の棚橋裕吉先生には急性膵炎診療における画像診断のポイントと画像下治療の適応について『急性膵炎診療ガイドライン2015』に基づいて詳細に解説していただいた.金沢大学の井上 大先生には『自己免疫性膵炎診療ガイドライン2013』を踏まえた自己免疫性膵炎の画像所見のみならず,IgG4関連疾患の膵以外の腹部画像所見についても記載いただいた.鹿児島大学の福倉良彦先生には『科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドライン』ならびに『膵癌取扱い規約』に直結する画像診断として,放射線科医が知っておくべきCT・MRI診断について詳述いただいた.石川県立中央病院の戸島史仁先生には『膵・消化管神経内分泌腫瘍診療ガイドライン』を考慮したpNETのCT・MRI診断について,豊富なご経験に基づいてご教示いただいた."膵管癌"や"pNET"の鑑別診断として問題となる稀な充実性膵腫瘍については,山梨大学の市川新太郎先生にその特徴的な診断ポイントをご教示いただいた.九州大学の石神康生先生には『IPMN/MCN国際診療ガイドライン2012年版』に基づいた画像診断の解説と,画像診断での問題点についてのご意見をいただいた.埼玉医科大学国際医療センターの山口晴臣先生には"IPMN/MCN/SCN"以外の非腫瘍性嚢胞性膵病変について解説していただいた.

ご多忙な中,快くご執筆いただいた先生方には誌面を借りてお礼申し上げたい.どの論文もきわめて秀逸であり,本特集号が膵疾患の画像診断に携わる先生方に役立てば幸いである.


入江裕之


----

【特集】

膵疾患の画像診断Update─診療ガイドラインを踏まえて─

序説

急性膵炎診療Update

自己免疫性膵炎

膵管癌

神経内分泌腫瘍

稀な充実性膵腫瘍

IPMN,MCN,SCN

非腫瘍性嚢胞性膵病変

【連載】

すとらびすむす

うちの4姉妹

画像診断と病理

胆管内乳頭状腫瘍

ここが知りたい!

画像診断2016 年11 月号特集 「脳腫瘍WHO2016 ─ 読影のための実践講座─」

Picked-up Knowledge from Foreign Journals

付属器茎捻転

CASE OF THE MONTH

Case of April

The Key to Case of February

救急CT診断演習

第8 回 画像を作る

Refresher Course

胆道系の炎症性疾患の画像診断

第22回「画像診断」MVP 賞

第13回「画像診断」Best Invited Editor 賞受賞者発表

CASE OF THE MONTH 2016 年成績優秀者発表

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示