画像診断 2016年10月号(Vol.36 No.12) 薬剤と画像−画像所見から薬剤による変化を想起する−

松島 理士 (著編)

株式会社 学研メディカル秀潤社

134 頁  (2016年9月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥2,640 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2017年06月23日

薬剤による生体内の変化は,画像にも反映されることがあり,治療効果はもちろん,薬剤に起因する偽病変や病変も描出されうる.本特集では,このような薬剤による様々な部位の特異的な画像変化や,他の疾患との鑑別が難しい画像変化も熟知できるよう,幅広く解説.あまり取り上げられてこなかったテーマに迫る.実践的な読影法を学べるようcase-base reviewをも掲載した充実した特集!

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応(Android未対応) YNリンク対応(Android未対応) 南山リンク対応(Android未対応)

製品説明

Android 対応 AndroidOS  5.0 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:41MB以上(インストール時:102.6MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:129.9MB以上(インストール時:282.4MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784780900835-and-1.png 9784780900835-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784780900835-iph-1.png 9784780900835-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)



----


序説

今回は「薬剤と画像-画像所見から薬剤による変化を想起する-」をテーマに取り上げさせていただいた.日常診療において,薬剤による治療は,治療の大きな主軸のひとつであることはいうまでもないが,以前から存在する有効な薬剤に加えて,新たな薬剤の開発がさらにいっそう進められ,日常診療に生かされている.

これらの薬剤による生体内の変化は,我々が読影する画像にも反映されることがあり,治療効果はもちろんのこと,薬剤に起因する偽病変や病変も描出されうるため,薬剤による画像所見の熟知が画像診断医にも求められていると感じている.

しかしながら,画像からある程度特異的な診断ができる薬剤性病変も存在する一方,薬剤の特定どころか他の疾患との鑑別が難しい病変も多数存在しており,日常診療において,画像診断を行う上で難しい内容のひとつと感じている.画像から薬剤性病変の可能性を言及できたら,薬剤継続・変更・中止といった治療方針に多大な貢献ができ,このためにも薬剤による画像変化について,常日頃,ぜひいろいろ知りたいと感じていた.ところが,様々な部位を網羅した薬剤と画像を主題とする特集はなかなか存在せず,一画像診断医の希望として「こんな特集があったら良いなあ」という思いから,編集の運びとなった.

各項目として,中枢神経,胸部,腹部,女性生殖器,骨軟部・小児,核医学といった広い分野を同一テーマで網羅し,一般的な薬剤から話題の新薬まで含め,様々な薬剤による画像所見や病変を解説していただいた.各分野の先生方の論文を拝読させていただき,私自身も日進月歩の薬剤の進歩を再度実感するとともに,これに随伴した画像に関する知識の整理とupdateをさせていただいた.きっと読者の先生方においても,大変興味深い内容になっていると確信している.

そして最後に,切り口を変えた領域にとらわれない,より実践的な読影法を学べるよう,case-basedreviewの項目を設け,松木 充先生のお力を借りて,ベテランの実際の読影が学べるような形とした.

いままであまり取り上げられることが少なかったテーマであるので,執筆していただいた先生方には多大なご負担をお掛けしたと思いますが,最前線でご活躍のハイレベルな画像診断医の先生方のお力を借りることで,斬新かつこれ以上ない,明日からの診療に役立つ特集号が実現でき,ご協力いただいた先生方には感謝の気持ちでいっぱいである.この場を借りて謝辞を述べさせていただきたい.

読者の先生方の日常臨床において「薬剤性かも?」と考えられた際には,ぜひ何度も振り返って本特集号を広げていただき,臨床に直結する画像診断をしていただけると幸いである.


松島 理士


----

【連載】

中枢神経領域

胸部-薬剤性肺障害-

腹部領域

女性生殖器(胎児を含む)

骨軟部,小児

先行投与薬剤と核医学検査

薬剤の合併症の画像-case-based review-

【連載】

すとらびすむす

わかりやすい話

画像診断と病理

後腹膜の脱分化型脂肪肉腫

ここが知りたい!

画像診断2016年5月号特集 「エキスパートの診断過程を学ぶ中枢神経系の画像診断」

投稿 症例

両側多発肺結節影が急速な増大を示したが,治療に良好に反応した非免疫不全患者の肺クリプトコックス症の1 例

Picked-up Knowledge from Foreign Journals

子宮腫瘍

CASE OF THE MONTH

Case of October

The Key to Case of August

救急CT診断演習

第2回 急いては事を仕損じる

Refresher Course

原発性アルドステロン症― 診断から治療まで―

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS/AndroidOS: M2Plus Launcher
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
通常:セット商品
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示