Home   >    eBookStore   >   研修医   金芳堂   診察・手技   神経内科   脳神経外科

Dr.塩尻の神経所見とり方トレーニング

塩尻 俊明 (著)

株式会社 金芳堂

123 頁  (2017年5月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥4,104 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2017年12月08日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

神経症状を訴える患者さんへの「こんなときどうする?」がわかります!

簡単な病歴を基に、想定される疾患に対して行うべき診察や診断に有用な所見が何かを、設問を解きながら考える形式で症例にどうアプローチすべきか現場の実践に現場をシュミレーションできます。知識の定着にも効率がいい一冊です。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:11.8MB以上(インストール時:29.6MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:16.4MB以上(インストール時:35.6MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784765317160-and-1.png 9784765317160-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784765317160-iph-1.png 9784765317160-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


神経症状を訴える患者さんへのこんなときどうする?がわかります

苦手意識を持たれがちな神経所見のとり方をクイズ形式で学びます。手足がしびれる、まっすぐ歩けない、などの神経症状を訴える患者さんに対して、どのような検査を行うか?どのように除外するか?鑑別が正しければ現れるべき所見はどのようなものか?などの問題にチャレンジしてください。

これから神経診察を得意にしたい若手医師、研修医に、また、神経診察に自信のある方にも腕試しとしてお勧めします。


----


はじめに

神経診察は,とっつきにくい,難しい,時間がかかるなどネガティブなイメージがつきまとう。また,神経診察が必要となる疾患は,多岐にわたり,神経診察に対する苦手意識をさらに増長させている。それでも,実際の臨床の現場では,手根管症候群のような絞扼性神経障害,頸椎神経根症や頸髄症,脳血管障害,めまい,パーキンソン病,ベル麻痺,認知症などのcommon disease を確実に診察する能力が,一般臨 床医に求められる。否応無しに,神経診察を避けて通ることができない。

神経診察を学ぶために,多くの優れた書籍が出版されているが,網羅的に記載されている成書を熟読する時間は,忙しい一般臨床医にとっては,なかなか取れないのが現実である。

この本では,臨床の現場で遭遇するcommon disease,24 症例を取り上げている。簡単な病歴を基に,想定される疾患に対して行うべき診察や診断に有用な所見が何かを,設問を解きながら考える形式になっている。解説には,設問に取り上げた診察所見の概要を述べ,解答にはその診察や所見がなぜこの症例で有用なのかを記載している。また,設問のテーマが,例えば「錐体外路」であれば,正解以外の解答を読むことで,「錐体外路」の一般的診察方法も学べるように構成している。

この本は症例ベースの設問形式であるため,病歴と設問からどう症例にアプローチすべきか,自分で考えるワンステップが入ることで,成書を通読するより,実践の現場をシミュレーションすることができ,知識の定着にも効率がよい。また,現場でいかに優先順位を考え,診察していくかも学べるはずである。

この本では,末梢神経,脊髄,脳神経,運動系,髄膜徴候・高次機能の順で疾患を呈示しているため,目次を利用することで,順番に設問に答えるだけでなく,必要な疾患,神経診察をターゲットして検索することができるようになっている。

また,最後に得点表があり,設問の自己採点をすることができ,点数評価から自己の神経診察の知識力の位置づけも知ることができる。

初期研修医を含む多くの医師に,この本が,忙しい臨床の現場で効率のよい神経診察を実践するきっかけとなれば幸いである。


平成29年3月

塩尻 俊明


----

はじめに

パート1 末梢神経

1 朝、手がしびれる

2 手から水がもれる

3 垂れ手

4 肩甲骨が痛い

5 垂れ足

6 両下肢のしびれ

パート2 脊髄

7 腕全体がしびれる

8 顔を洗う時にふらつく

パート3 脳神経

9 視野が欠ける

10 物が二重に見える

11 顔のしびれ

12 ぐるぐる回るめまい part1

13 ぐるぐる回るめまい part2

14 飲み込めない part1

15 飲み込めない part2

16 ふらついて歩けない part1

パート4 運動系

17 上手く歩けない

18 右手足の脱力

19 ふらついて歩けない part2

20 ADL低下

パート5 髄膜徴候、高次機能

21 発熱、嘔気、頭痛

22 言葉がでない

23 ○○○がわからない

24 夫に指摘された物忘れ

項目別目次

得点表・点数評価

索引

あとがき

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示