Home   >    eBookStore   >   研修医   金芳堂   膠原病

膠原病・リウマチ力腕試し

三﨑 義堅 (著)

株式会社 金芳堂

124 頁  (2016年12月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥3,888 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2017年12月08日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

今までなかった?膠原病のクイズ本!

Generalistがリウマチ診療で迷うことの多いポイントに焦点を当て、そこに専門医ならどういう論理構成で臨床決断を下していくのかというのをテーマとし、よく出会う症例を中心に「判断する根拠となる情報をどれだけ多く速やかに獲得するか」をコンセプトにした腕試しができます。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:18.4MB以上(インストール時:46MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:15.2MB以上(インストール時:33MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784765317023-and-1.png 9784765317023-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784765317023-iph-1.png 9784765317023-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


こんな膠原病クイズ本はなかった?関節リウマチから複合疾患まで膠原病診療でGeneralistが知りたかったポイントがするする入る

多臓器疾患であり、どの診療科にとっても知識が求められるが、共通性を持ちながらも疾患ごとに様々な症状の違いがあり、同一の病名でもその症状や経過には患者それぞれに違うといった難しさのある膠原病の診療は、総合診療医の腕の見せ所である。また初期症状は風邪などの感染症と類似するので開業医でも必須。

本書は、そんな難解な膠原病の診療を親しみやすくするために、クイズ形式で導入することで、陥りやすいピットフォールに注意しつつ、一般内科医が抑えるべきステロイドの使い方から、専門医を目指す研修医が知らなければならない生物学的製剤やMTXの使い分けを分かりやすく伝える。患者教育や生活指導にまで目を配ったコンパクトな一冊。


----


はじめに

西へ向かって京を出た山陰道は桂川を超えて西山の縁にとりつく。筆者が勤務する病院が位置するところだ。足利尊氏が,明智光秀が,京に攻め入らんとここから桂川を渡っていった。だからこの先には丹波丹後が広がっている。その地域にはリウマチ専門医は稀だ。頼みとしてもらっているようで,電話でもコンサルトをうけることもある。専門医に何が求められているかを自然と教わることになる。

高齢化が進み,患者がそれぞれ様々な基礎疾患を既に患っていることが少なからざる今日,個人が抱える様々な問題点に包括的に対応するGeneralist の重要性が叫ばれるのは当然のことだろう。

一方でリウマチ性疾患の特徴は,1 つの疾患カテゴリーに属する患者の病態が多様であることである。また人はそれぞれ,その人の生活をかかえているから,できるだけそれに適合させることも必要だ。こうした一人一人の違いに対応してこそ良い治療が実現できるが,その引き出しの多さは無論専門医が得意とするところだ。

こうしてGeneralist と専門医の緊密な連携が理想とされるわけだが,リウマチ性疾患の患者はいたるところにいるのに,リウマチ専門医がいる医療施設はそれほど多くない。リウマチ専門医へのアクセスが比較的容易な大都市圏に比して,医療施設数が少なくなればなるほどさらにアクセスが悪くなるというのが,現在日本の都市-地方格差のひとつである。

この書はそんな現況を鑑みて,Generalist がリウマチ診療で迷うことの多いポイントに焦点をあて,そこに専門医ならどういう論理構成で臨床決断を下していくか,というのをテーマとして著してみた。

「腕試し」と銘打ってみたが,題材は特殊なケースではなくよく出会うものを選んだ。問題と解答を用意したが,「正解」という言葉にこだわらないで頂きたい。あくまで当方が用意した情報という枠の中で「妥当性が高い」,というだけのことだ。従って,別の情報が付与されたり,問題文のよみよう,ちょっとした条件の違いによって選択は異なる,ということが十分にある。というより,むしろその判断する根拠となる情報をどれだけ多く,速やかに獲得するかの方が大事だろう。そしてどういう情報が臨床決断に大きな影響を与えるかを読み取って頂ければ幸いである。

それではなにがしかのお役に立てることを祈念して。

2016年10月

三﨑義堅


----

Part1 まずは関節から

1.手が痛い,リウマチでしょうか

2.朝手がこわばります

3.リウマチ因子陽性だからリウマチですか?

4.リウマチがよくなりきらない、もうちょっとよくならないか

5.咳が出るRA患者

6.手全体がはれてきました

7.関節が急にいたくなった

8.指が腫れている男性

9.皮疹を合併

10.治療中止後の再発

Part2 様々な痛み

1.関節痛と腹痛

2.首が痛い

3.足趾が黒くて痛い

4.皮疹と腹痛

5.下肢がしびれて痛い

Part3 発熱をてがかりに

1.高熱、発疹、関節痛、咽頭痛

2.繰り返す不明熱

3.原因不明のCRP要請

4.ステロイド治療に反応したのに

Part4 SLEの諸症状

1.SLEで汎血球減少

2.SLEの腹痛

3.ループス腎炎

4.SLEの関節痛(膝)

5.SLEの関節痛(多発)

6.SLE psychosis

Part 5 強皮症をめぐって

1.強皮症でのCK値上昇

2.強皮症での血小板減少

3.消化器症状

4.肺病変

Part6.他科と連携して

1.泌尿器科からよくある相談

2.病院の総力を挙げて

3.耳鼻科と形成外科

採点表とあとがき

索引

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示