Home   >    eBookStore   >   医師   金芳堂   リハビリテーション   精神科   脳神経外科

特発性正常圧水頭症の診療

新井 一 (監修) / 石川 正恒, 森 悦朗 (編集)

株式会社 金芳堂

224 頁  (2014年10月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥7,344 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2016年10月14日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

一般に広く知られているとはいえない「特発性正常圧水頭症」についてまとめられた書

本書は最近の髄液研究の進歩も含めて、特発性正常圧水頭症診療の最前線を神経内科、脳神経外科、精神科をはじめ、多くの医療関係者を対象に理解しやすい形でまとめたものです。
「隋液」についても最新の研究結果を記し、脳神経外科や神経内科などの「教科書」における隋液研究の記述に一石を投じる一冊に。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:41.7MB以上(インストール時:104.3MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:197.2MB以上(インストール時:428.8MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら

andorid.png 9784765316170-and-1.png 9784765316170-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784765316170-iph-1.png 9784765316170-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


急速に進む高齢化の中で,高齢者特有の病態と思われる特発性正常圧水頭症の的確な診断と確実な治療は患者には自立度の向上,介護者には介護度の軽減,社会には医療・介護費の削減をもたらすことができる.2004年に世界で最初に診療ガイドラインが作成されてから,2011年には改訂版が出版されるなど,着実に知見は増えているが,いまなお,一般に広く知られているとはいえない.本書では最近の髄液研究の進歩も含めて,特発性正常圧水頭症診療の最前線を神経内科,脳神経外科,精神科をはじめ,多くの医療関係者を対象に理解しやすい形でまとめた.
古くは「特発性正常圧水頭症」は診断が難しく、髄液シャント術を行っても慢性硬膜下血腫の合併頻度が高く、穿頭血腫除去やシャント管結紮の必要な症例が多く発生した。しかし、現在では研究や技術開発がすすみ、以前のようなことはなくなってきている。 また、「髄液」についても最新の研究結果を記してある。


----


序文

本書は2014 年の時点における「特発性正常圧水頭症」についての最新の知見をまとめたものである.正常圧水頭症自体は1965年にAdams RDやHakim Sらによって報告され,当初より先行疾患の明らかな二次性と原因不明の特発性があることが知られていた.1970年代の初期には「治療可能な認知症 treatable dementia」として世界的に脚光を浴びたが,くも膜下出血後におこる二次性正常圧水頭症は明らかな治療効果が得られるのに対して,特発性正常圧水頭症は診断が難しく,髄液シャント術を行っても慢性硬膜下血腫の合併頻度が高く,穿頭血腫除去やシャント管結紮の必要な例が多く発生した.このため,脳神経外科医は"特発性"は手術すべきでないと考えるようになり,これ以降,正常圧水頭症は二次性正常圧水頭症と同義とみなされるようになった.今から振り返れば,診断法が十分でなかったことや圧可変式シャントバルブといった治療器具のなかったことが「特発性」を排除する原因になったと思われる.しかし,ひとたび出来上がった「常識」の壁は厚く,特発性正常圧水頭症の概念のリバイバルは容易ではなかったのも確かである.本書は読者が特発性正常圧水頭症に関する教科書としてご利用になることも想定しているが,一方で,いまだ未解決の問題も多く,道半ばであることも汲み取って頂きたいと思っている.

髄液研究は古くから行われてきており,もはや研究すべき点はないと思われている方も多い.しかし,我々が「第3循環」として何の抵抗もなく信じてきた髄液研究の大前提に対して,いま,「髄液は本当に循環するのか?」という根本的な疑問が突きつけられている.常識になるには多くの時間と仕事量を必要とするが,いったん常識になると誰も批判しなくなるのが世の常である.見方を変えれば別の可能性もあることにも留意しておかねばならない.本書が脳神経外科や神経内科などの「教科書」における髄液研究の記述に一石を投じることができれば,これに過ぎる喜びはない.

本書は多くの方々のご協力によって,髄液研究の最前線の一端を示すことができた.著者はお忙しい方々ばかりなのに,本書の作成にご協力頂いた.心から感謝致します.


平成26年残暑 記
新井 一,森 悦朗,石川 正恒


----

I 特発性正常圧水頭症研究の歴史

II 脳脊髄液研究再考

III 脳脊髄液とperivascular space

IV 脳脊髄液拍動とcerebrospinal fluid pulsation

V MRIを用いた脳内の水の動きに関する研究

VI 正常圧水頭症の分類

VII 特発性正常圧水頭症診療の現況

VIII 特発性正常圧水頭症の診断

1. 歩行障害

2. 歩行評価の実際

3. 認知障害

4. 認知機能検査の実際

5. 排尿障害

6. その他の症状

7. 鑑別診断

8. MRI・CT所見

9. タップテスト

10. 脳血流

11. 頭蓋内圧,脳脊髄液流出抵抗,脳脊髄液マーカー

12. 疫学

13. Binswanger病

IX 特発性正常圧水頭症の診断の流れ

X 特発性正常圧水頭症の治療

1. 手術適応と術前管理

2. 脳室・腹腔シャント術

3. 腰部くも膜下腔・腹腔(LP)シャント術の最新手技

4. 術後管理(周術期)

5. リハビリテーションの実際

6. 退院後の管理


索引


特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示