Home   >    eBookStore   >   医師   メジカルビュー社   臨床検査   循環器科

改訂第2版 今さら聞けない心臓カテーテル

濱嵜 裕司 (編集)

株式会社 メジカルビュー社

404 頁  (2013年7月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥6,380 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2013年10月18日

心臓カテーテルを行ううえでの「ちょっと聞きたい」「今さら聞きづらい」悩みや疑問をQ&A形式でやさしく解説!

入室前の基礎知識、カテ室機器の知識、カテ室検査の知識、カテ室治療中の知識、カテ終了後の知識に分け、各分野のエキスパートがわかりやすく解説している。さらに、OCTやFFRといった新規追加項目を掲載し、内容もより充実。巻末には機種一覧を設け、カテーテル検査・治療を行う際の必須事項を網羅している。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:53MB以上(インストール時:132.6MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:105.1MB以上(インストール時:228.6MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784758314084-and-1.png 9784758314084-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784758314084-iph-1.png 9784758314084-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


カテーテル治療を行う先生方の悩み・疑問等をQ&A形式でまとめた「今さら聞けない心臓カテーテル」を刊行してから約4年が経過した。その間に,新機器の開発や新技術の導入が進み,長期予後が良好である点や再狭窄率の低さから,薬剤溶出ステントが治療のスタンダードとして用いられるようになった。また,より低侵襲なTRI(経橈骨動脈アプローチによるカテーテル治療)が主流になり,手技の半数近くをTRIで行う施設も多くみられるようになった。このような現在の動向を踏まえ,「今さら聞けない心臓カテーテル」の改訂を行った。
入室前の基礎知識,カテ室機器の知識,カテ室検査の知識,カテ室治療中の知識,カテ終了後の知識に分け,各分野のエキスパートがわかりやすく解説している。さらに,OCTやFFRといった新規追加項目を掲載し,内容もより充実している。巻末には機種一覧を設け,カテーテル検査・治療を行う際の必須事項を網羅している。


----


本書は2009年に初版を刊行しましたが,本書の意図したカテーテル検査および治療の 『今さら聞けない』 基本事項を解説する形式が受け入れられ,内容的にも日本を代表するカテーテル専門医およびメディカルスタッフに執筆を分担いただけたおかげで充実した書籍となりました。カテーテル治療の現場において,医師のみならずメディカルスタッフの方々のお役に立てたようで幸いです。

しかし,刊行後4年が経過し,カテーテル検査や基本的な治療手技に関しては大きな変化はないものの,治療の考え方,手技やデバイスは日々進化しており,機会があればぜひ改訂したいとの思いを持ち始めました。担当の高橋さんにお話ししたところ,改訂に関してご快諾いただき,今回の改訂に至ることができました。

今回の改訂にあたり,基本的には前回ご執筆いただいた先生方に改訂が必要な部分の加筆をお願いしましたが,一部項目においては新たな先生方にご執筆いただきました。最近導入されたOCTや,有用性が注目され使用頻度が増えているFFRに関しては新たに項目を追加しました。また,図表に関しては内容を刷新するだけでなく,カラーとしました。今回の改訂により,初版を上回るすばらしい内容になったと自負しています。本書が初版同様カテーテル治療の現場において,医師およびメディカルスタッフの方々の日々の診療の一助となれば編者としてこのうえない喜びです。

初版同様,今回の改訂においてもお忙しい中ご協力いただいた先生方に,この場をお借りして感謝を申し上げます。


平成25年6月

昭和大学医学部内科学講座循環器内科学部門講師
濱嵜 裕司


----


本書内で使用されている略語一覧

冠動脈の解剖

Ⅰ 今さら聞けない入室前の基礎知識 -- 知らないとカテ室に入れません --

Q1 そもそも心臓カテーテルとはなんですか?

Q2 カテーテルはどんな患者さんが適応になりますか?

Q3 心臓カテーテル以外の検査にはなにがありますか?

Q4 カテーテルはどうやって挿入するのですか?

Q5 カテーテルはどこから挿入して,どこを通って心臓に到達するのですか?

Q6 カテーテルはどこから挿入して,どこを通って心臓に到達するのですか?

Q7 カテーテルを行う前に患者さんにどのような説明が必要ですか?

Q8 カテーテル検査にはどのようなスタッフが必要ですか?

Q9 カテーテルを行う前に必要な患者さんの入室前の準備にはどのようなことがありますか?

Q10 カテーテルを行う前に必要な患者さんの入室前の準備にはどのようなことがありますか?

Q11 カテ室入室に際してのスタッフの着衣の注意点について教えてください

Ⅱ 今さら聞けないカテ室機器の知識

Q12 血管撮影装置について教えてください

Q13 血管撮影装置をセットアップする際に注意することはなんですか?

Q14 カテ室内でのスタッフの位置と放射線被曝の防護について教えてください

Q15 インジェクターについて教えてください

Q16 インジェクターをセットアップする際に注意することはなんですか?

Q17 カテ室で使用するモニター機器について教えてください

Q18 モニター機器をセットアップする際に注意することはなんですか?

Q19 術者がモニターする画面はいくつあるのですか?

Q20 血管内超音波装置について教えてください

Q21 血管内超音波装置のセットアップについて教えてください

Ⅲ 今さら聞けないカテーテル検査の知識

Q22 入室から穿刺までの準備を教えてください

Q23 入室から穿刺までの準備を教えてください

Q24 大腿動脈穿刺のコツを教えてください

Q25 上腕動脈穿刺のコツを教えてください

Q26 橈骨動脈穿刺のコツを教えてください

Q27 橈骨動脈穿刺がしやすい腕のポジションを教えてください

Q28 血管の蛇行がある場合のカテーテル挿入のコツを教えてください:大腿動脈アプローチの場合

Q29 血管の蛇行がある場合のカテーテル挿入のコツを教えてください:橈骨・上腕動脈アプローチの場合

Q30 静脈穿刺のコツを教えてください

Q31 カテーテル検査に対する計画とインフォームド・コンセントを教えてください

Q32 冠動脈造影用のカテーテルにはどんなものがありますか?

Q33 左冠動脈造影の基本手技を教えてください

Q34 左冠動脈造影の撮影方向と血管走行の関係を教えてください

Q35 右冠動脈造影の基本手技を教えてください

Q36 右冠動脈造影の撮影方向と血管走行の関係を教えてください

Q37 狭窄度の評価法を教えてください

Q38 TIMI flow gradeとはなんですか?

Q39 病変形態の評価法を教えてください

Q40 左室造影の基本手技を教えてください

Q41 左室造影の見方を教えてください

Q42 Swan-Ganzカテーテルについて教えてください

Q43 ペーシングカテーテルについて教えてください

Q44 冠攣縮誘発試験について教えてください

Q45 心筋生検について教えてください

Q46 シャント疾患の評価法について教えてください

Ⅳ 今さら聞けないカテーテル治療の知識

Q47 カテ室で行われるカテーテル治療の基本原理を教えてください

Q48 カテーテル治療はどうなったら成功ですか?

Q49 再狭窄について教えてください

Q50 アプローチ部位はどのように選択するのか教えてください

Q51 ガイドカテーテルはどのように選択すればよいかを教えてください:大腿動脈アプローチの場合

Q52 ガイドカテーテルはどのように選択すればよいかを教えてください:橈骨動脈・上腕動脈アプローチの場合

Q53 シースレスガイトとはなんですか?

Q54 ガイドワイヤーにはどんな種類がありますか?

Q55 ガイドワイヤーはどのように選択すればよいか教えてください

Q56 ガイドワイヤーのシェーピングの方法について教えてください

Q57 ガイドワイヤーのシェーピングの方法について教えてください

Q58 ガイドワイヤーの基本操作とコツについて教えてください

Q59 カテーテル治療の各種デバイスについて①:バルーンカテーテルについて教えてください

Q60 カテーテル治療の各種デバイスについて②:カッティングバルーン,スコアリングバルーンについて教えてください

Q61 カテーテル治療の各種デバイスについて③:kissing balloon techniqueとはなんですか?

Q62 カテーテル治療の各種デバイスについて④:PCIに使用するステントについて教えてください

Q63 カテーテル治療の各種デバイスについて⑤:どんなときにベアメタルステントを選択するか教えてください

Q64 カテーテル治療の各種デバイスについて⑥:分岐部病変に対するステント留置法について教えてください

Q65 カテーテル治療の各種デバイスについて⑦:ロータブレータについて教えてください

Q66 カテーテル治療の各種デバイスについて⑧:マイクロカテーテルについて教えてください

Q67 カテーテル治療の各種デバイスについて⑨:クルセードについて教えてください

Q68 カテーテル治療の各種デバイスについて⑩:貫通用カテーテルのトルナスについて教えてください

Q69 カテーテル治療の各種デバイスについて⑪:貫通用カテーテルのコルセアについて教えてください

Q70 カテーテル治療の各種デバイスについて⑫:インフュージョンカテーテルについて教えてください

Q71 カテーテル治療の各種デバイスについて⑬:血栓吸引カテーテルについて教えてください

Q72 カテーテル治療の各種デバイスについて⑭:末梢保護デバイスについて教えてください

Q73 IVUSをカテーテル治療に使用する利点を教えてください

Q74 IVUSの基本的な画像の読み方について教えてください①正常血管像

Q75 IVUSの基本的な画像の読み方について教えてください②計測方法

Q76 IVUSの基本的な画像の読み方について教えてください③プラーク性状の評価

Q77 IVUSの基本的な画像の読み方について教えてください④解離

Q78 IVUSの基本的な画像の読み方について教えてください⑤血腫

Q79 IVUSでは有意狭窄をどう判断しますか?

Q80 IVUSではPCIのエンドポイントをどう判断しますか?

Q81 各社のIVUSの特徴について教えてください

Q82 Virtural Histologyとはなんですか?

Q83 FFRとはなんですか?

Q84 FFRをカテーテル治療に使用する利点を教えてください

Q85 FFRの測定方法を教えてください

Q86 FFRのデータの評価について教えてください

Q87 OCTとはなんですか?

Q88 OCTをカテーテル治療に使用する利点を教えてください

Q89 OCTの使い方を教えてください

Q90 OCTの基本的な画像の読み方を教えてください

Q91 カテーテル治療における補助循環①:IABPについて教えてください

Q92 カテーテル治療における補助循環②:PCPSについて教えてください

Q93 カテーテル治療の特殊テクニック①:アンカーバルーンテクニックについて教えてください

Q94 カテーテル治療の特殊テクニック②:バディーワイヤーテクニックについて教えてください

Q95 カテーテル治療の特殊テクニック③:親子カテーテルとはなんですか?

Q96 カテーテル治療の特殊テクニック④:パラレルワイヤーテクニックについて教えてください

Q97 カテーテル治療の特殊テクニック⑤:レトログレードアプローチについて教えてください

Q98 カテーテル治療の特殊テクニック⑥:CART/reverse CARTテクニックについて教えてください

Q99 カテーテル治療の合併症①:冠動脈解離について教えてください

Q100 カテーテル治療の合併症②:冠動脈内血腫について教えてください

Q101 カテーテル治療の合併症③:Slow flow/No flowについて教えてください

Q102 カテーテル治療の合併症④:冠動脈穿孔について教えてください

Q103 カテーテル治療の合併症⑤:末梢塞栓について教えてください

Q104 カテーテル治療の合併症⑥:ヘパリン起因性血小板減少症について教えてください

Q105 カテーテル治療の合併症⑦:造影剤性腎障害について教えてください

Q106 カテーテル治療の合併症⑧:カテーテル検査・治療によって起きうる放射線障害について教えてください

Q107 手技中のモニター観察ポイントを教えてください

Q108 術中管理はどのように行えばいいのでしょうか?

Ⅴ 今さら聞けないカテーテル終了後の知識

Q109 止血にご用心①:用手圧迫について教えてください

Q110 止血にご用心②:止血デバイス「Angio-SealTM STS Plus」について教えてください

Q111 止血にご用心③:止血デバイス 「EXOSEAL®」 について教えてください

Q112 止血にご用心④:止血デバイス「Perclose AT®」について教えてください

Q113 止血にご用心⑤:止血デバイス 「TRバンド」 について教えてください

Q114 止血にご用心⑥:止血デバイス 「とめ太くん®」 について教えてください

Q115 穿刺部合併症①:大腿動脈アプローチ

Q116 穿刺部合併症②:上腕動脈アプローチ

Q117 穿刺部合併症③:橈骨動脈アプローチ

Q118 待機症例の術後管理について教えてください

Q119 待機症例の術後管理について教えてください

Q120 緊急症例の術後管理について教えてください

Q121 緊急症例の術後管理について教えてください

Q122 術後の薬剤処方をどのようにしたらよいか教えてください:DESを使用したとき

Q123 術後の薬剤処方をどのようにしたらよいか教えてください:DESを使用しないとき

Q124 カテーテルのデータ管理について教えてください

Q125 カテーテル検査のクリニカルパスについて教えてください

Q126 カテーテル治療のクリニカルパスについて教えてください


機種一覧

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS/AndroidOS: M2Plus Launcher
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
最近見た商品
>10件まで表示
通常:セット商品
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示