OS NEXUS5 スポーツ復帰のための手術 膝

宗田 大, 中村 茂, 岩崎 倫政, 西良 浩一 (編集委員)

株式会社 メジカルビュー社

180 頁  (2016年2月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥11,000 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2016年06月24日

 シリーズ全巻まとめて購入(全巻の内容はこちら)

美しいイラストでおなじみの『OS NEXUS』シリーズのNo.5が登場

No.5では,スポーツ選手が起こしやすい膝損傷に対する手術を取り上げます。
特に前十字靭帯損傷を起こすスポーツ選手は多く,遺残組織をどうするか,移植腱をどう作製するかなど,術者によりさまざまな手術法がある。
手術の場面ごとに簡潔な解説とイラスト・術中写真,その時必要な注意点やコツを掲載することで,執刀する際に必要とされる手技が,頁ごとに理解できるような構成になっています。

>『OS NEXUSシリーズ一覧』はこちら

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応(Android未対応) YNリンク対応(Android未対応) 南山リンク対応(Android未対応)

製品説明

Android 対応 AndroidOS  5.0 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:40.9MB以上(インストール時:102.2MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:58.6MB以上(インストール時:127.5MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784758313841-and-1.png 9784758313841-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784758313841-iph-1.png 9784758313841-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


『OS NOW』の新シリーズ! スタンダードな手術の最新テクニックが,よりダイナミックになったイラストでよくわかる!
遭遇する頻度が高い疾患・外傷を,シリーズを通して網羅し,精緻なイラストで手術手技のニュースタンダードを詳細に解説する。また,多くの読者のご要望にお応えし,術前・術中に威力を発揮する,携帯性に優れた電子版付きで新登場! 書籍でも読め,タブレットなどに入れて持ち運び.いつでもどこでも読める次世代型書籍である。


----


序文

スポーツ選手の膝の外傷・障害は保存治療が基本である一方,復帰のために手術治療を選択すべき症例や,手術が第一選択となる病態があることも事実である。前十字靱帯(anterior cruciate ligament;ACL)損傷は再建術がスポーツ復帰に必要となる代表的な膝損傷であり,米国で手術順位6位との報告もある。本書ではACL再建術についての代表的なアプローチとわれわれの術式を紹介した。一方,スポーツ選手の後十字靱帯(posteriorcruciate ligament;PCL)損傷に対する手術適応は限られ,2度PCL損傷を有したままスポーツを問題なく継続している選手も多い。しかし屈曲時の外旋不安定性を伴うPCL損傷と内側3度の弛緩を呈するPCL損傷では,それぞれ後外側の再建・補強,内側の再建・補強を行うことが必要であると考える。

膝蓋骨脱臼がスポーツ選手に生じることはまれでなく,スポーツ復帰に際し反復する不安定性を経験する選手に対しては内側膝蓋大腿靱帯再建術が施行されることが多いと考えられる。膝蓋骨不安定症は病態が複雑であるため,外側支帯解離術の併用や脛骨粗面移行術が適応となる例もある。

スポーツ選手の半月板損傷は頻度が高く,近年半月板機能の重要性が徐々に認識され,"Save the Meniscus"を世界的なキャッチフレーズとして,半月板温存や機能回復の努力が推し進められている。スポーツ選手の半月板損傷に際しても,半月板の機能をできる限り温存する努力を重ねたい。近年,われわれが試みている外側半月板の逸脱に対するCentralization法は,これまで行われていない新しい試みである。多数の施設で施行され,その適応や成績について広く経験を共有できることを期待している。

よい手術はスポーツ復帰に不可欠だが,それは出発にすぎない。患者であるスポーツ選手の属する種目,スポーツレベル,体質や性格をよく理解し,順序立てた術後のリハビリテーションが手術と同様大切であることは言うまでもない。さらに,再受傷を予防する訓練を継続することも術後のスポーツ復帰の大切なポイントである。

本書がスポーツ復帰へのよりよいスタートに役立つことを期待する。

2016年1月

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科運動器外科学

宗田 大


----

Ⅰ  前十字靱帯(ACL)

Ⅱ 半月板

Ⅲ 複合靱帯

Ⅳ 膝蓋骨

Ⅴ 軟骨

Ⅵ 膝痛

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS/AndroidOS: M2Plus Launcher
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
通常:セット商品
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示