Home   >    eBookStore   >   研修医   メジカルビュー社   手術手技   消化器外科

腹腔鏡下消化器外科手術 標準手技シリーズ1 上部消化管

北川 雄光 (編集)

株式会社 メジカルビュー社

180 頁  (2015年3月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥10,800 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2016年02月19日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

イラストでみる、腹腔鏡下消化器手術の決定版

第一線で活躍されている先生方が執筆!
アシスタントとして手術の場に参加する若い医師が、自らの役割を果たすためのポイントや、ピットフォールなどの注意点についても記述。 手術の前に、また手術後にも一読し、予習・復習にお役立てください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています


イラストでわかる外科手術基本テクニック 原著第6版
¥6,804

[201606] ER必携セット
¥12,800

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:41.9MB以上(インストール時:104.8MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:117MB以上(インストール時:254.4MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784758311618-and-1.png 9784758311618-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784758311618-iph-1.png 9784758311618-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


近年,消化器外科手術は侵襲の少ない腹腔鏡による手術が主流である。しかし当然のことながら開腹手術とは視野も手技も異なり,安全かつ確実な手術のために,術者には一定の技術が求められる。「標準的手技」や「基本手技」をしっかり押さえることが,安全かつ確実な手術を行うための第一歩である。

本シリーズでは"図説"を前面に出し,イラストで消化器外科の腹腔鏡下手術の基本を学ぶことができる。


----


巻頭言

腹腔鏡下手術が我が国に導入されたのは,1990年のことである。初めて腹腔鏡下胆嚢摘出術に接したとき,「Big surgeonは,big incisionを好む」という時代から,低侵襲手術という新しい時代への到来を予感し,心がときめいたものである。

それからの25年間,多くの外科医の研鑽のおかげで,腹腔鏡下手術は,急速に健全な発展を遂げてきた。中でも,日本内視鏡外科学会(JSES)の功績は大きい。現状把握のための全国アンケート調査,手術手技の向上のための「教育セミナー」や「縫合・結紮手技講習会」,さらにはその指導者を育成するための「技術認定医制度」の設立,臓器別の研究会や地域での研究会支援など,幅広い推進事業を展開してきた。

一方,胆嚢摘出術から始まった腹腔鏡下手術の適応拡大が,我が国を中心として進められ,良性疾患のみならず,悪性疾患を対象とした新しい多くの手術手技が開発されてきた。さらに,手技の標準化に向けて,改良が加えられてきた結果,多くの術式が,標準術式として社会に受け入れられるまでに成長してきた。

本書 「腹腔鏡下消化器外科手術 標準手技シリーズ(全4巻)」 は,まさに,このような時代にマッチした書物であり,過去25年間の内視鏡外科医の努力の集大成だと言える。そこで,消化器外科領域において,腹腔鏡下手術のリーダーである4 名の先生方,北川雄光教授(慶應義塾大学),坂井義治教授(京都大学),山下裕一教授(福岡大学),若林 剛教授(岩手医科大学)に各巻のご編集をお願いし,現在,ご活躍している先生方にご執筆いただいた。おかげさまで,どの巻においても,素晴らしい執筆者の選定がなされており,他に類をみない,実践的な,そして教育的な手術書のシリーズが編纂されたと自負している。この場を借りて,編者の先生方と執筆者の先生方に厚く御礼を申し上げたい。

手術は,剥離操作,切離操作,止血操作,縫合・吻合操作などの基本操作から構成される。それらを適切に施行するためには,解剖学的知識と愛護的操作が求められる。腹腔鏡下手術においては,拡大視野のもと,長い鉗子やエネルギー機器による操作が求められる。本シリーズを通じて,腹腔鏡下消化器外科手術の標準手技におけるエキスパートたちの愛護的な操作を満喫していただき,本シリーズが低侵襲手術を実践する一助となれば幸いである。

最後に,このようなすばらしい手術書を出版していただいたメジカルビュー社とご担当いただいた吉田富生氏と宮澤 進氏に心から感謝申し上げたい。

平成27年2月吉日

編集主幹 北野 正剛

(大分大学長)


----

Ⅰ 食道疾患に対する内視鏡外科手術

良性疾患の手術

食道アカラシアの手術

逆流性食道炎の手術

食道粘膜下腫瘍の手術

悪性疾患の手術

胸腔鏡食道癌根治術
左側臥位
腹臥位
Hybrid
ダビンチ

食道胃接合部癌に対する内視鏡手術

Ⅱ 胃•十二指腸疾患に対する内視鏡外科手術

良性疾患の手術

腹腔鏡下大網被覆術

肥満手術

胃粘膜下腫瘍に対する腹腔鏡下胃局所切除

悪性疾患の手術

腹腔鏡下幽門側胃切除

腹腔鏡下噴門側胃切除術

腹腔鏡下胃全摘

索引

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示