Home   >    eBookStore   >   研修医   メジカルビュー社   腎臓内科   泌尿器科

病理からアプローチする 腎移植マネジメント

木村 健二郎, 力石 辰也 (監修) / 小池 淳樹, 柴垣 有吾, 白井 小百合 (編集)

株式会社 メジカルビュー社

192 頁  (2015年3月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥6,480 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2015年07月03日

立ち読み   お気に入りに入れる

移植腎生検の適応から組織診断までを広くカバーした、移植腎生検のバイブルとなる一冊。

単に病理学的な記載にとどまらず、病理組織検査の依頼書の書き方から、標本の取り扱い方、報告書の読み方まで、他書にはみられない実践的な内容に。
執筆者は第一線で腎移植に携わる若手の内科医・泌尿器科・病理医ばかりです。
病理が苦手な方にも、臨床の視点から病理を学ぶことができます。

この商品を買った人はこんな商品も買っています


Dr.イワケンのねころんで読める英語論文
¥3,564

今日の治療薬2018
¥4,320

当直医マニュアル2018
¥5,400

サンフォード感染症治療ガイド2018
¥4,320

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:46.9MB以上(インストール時:117.2MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:86.2MB以上(インストール時:187.4MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784758303811-and-1.png 9784758303811-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784758303811-iph-1.png 9784758303811-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


年々増加傾向の腎移植,なかでも生体腎移植は夫婦間など血縁関係がない間での移植も増えている。移植腎は長期観察が必要であり,そのための腎移植は頻回に行われる。移植腎生検は主に病理医が診断するが,臨床医(腎臓内科医・泌尿器科医)も理解して診断・対処する必要がある。

本書は臨床医が知っておくべき移植腎生検の基礎知識から,正常・異常病理像の所見,腎移植患者に特有の病態・疾患の臨床情報まで網羅している。実臨床で困らないための疾患の情報と,診断・治療の際に押さえておくべき病理像・病理学的情報をともに掲載し,「腎移植の臨床につながる病理の理解」をモットーに,わかりやすく解説されている。


----


腎移植医療に内科医が参画するようになって久しいが,未だ,内科医の腎移植の認知度が高いとは言えない。これには,腎移植施設自体の数が多くない,あるいは偏在していることも大きいと思われるが,もう1つの高いハードルが,腎移植に関する実践的な教科書がほとんどないことにある。さらに,内科医が腎移植医療で求められやすいのが,移植腎病理への関与であるのだが,これが腎移植医療へのとっつきにくさを与えている原因の1つになっている。

今回,聖マリアンナ医科大学腎臓病センターおよび病理学教室の人材の知識・経験を総動員してこれを作成した。折角作るなら,当学だけではなく,より多くの施設の移植外科医・泌尿器科医・内科医・病理医が勉強になるような,また,できるだけ実践的な指南書とすることに努めた。病理が苦手と感じる人も,臨床の観点から病理を学ぶことが可能になるであろう。

このような本を作ることができたのは当センター及び病理の科の垣根を越えた協力があったからであり,執筆された各先生方に感謝したい。さらに,メジカルビュー社の藤原琢也さんには我々を常に刺激し,多大なエネルギーを費やして頂き,深謝したい。


2015年2月

聖マリアンナ医科大学腎臓・高血圧内科

柴垣 有吾


腎移植例を管理する上で移植腎生検は避けられない検査の1つです。このことを受け入れるのであれば,移植腎生検の検体から,有用な情報をできるだけ沢山取り出せるよう準備しておくことは,腎移植患者さんのよりよいマネジメントのために有効であることは明らかです。

本書は,腎移植に携わる医師(移植医,腎移植患者さんの診療に携わる内科医や小児科医,移植腎生検の診断を担当する病理医が含まれます)に,現時点(2015年春)で是非持っていてほしい移植腎生検診断のための知識を整理したものです。診療上の疑問点に答えるため,診療の合間に知識を整理するためなど,常にお手元においていただき,腎移植患者さんのよりよいマネジメントのために役立てていただけたら心から嬉しく思います。

なお,移植腎生検の病理診断学は,その歴史が浅く,比較的速いスピードで進歩している領域です。今は正しいと信じられていることが,少しするとそうではないと考えられるようになることもあります。「現時点(2015年春)で」としましたのは,そのような背景を意識したものであることをご承知置きいただきたいと思います。


2015年2月

聖マリアンナ医科大学病理学

小池 淳樹


----

Chapter1 移植腎生検はいつ,どうやって行うべきか?

ベースライン(0 時間・1 時間)生検

プロトコール生検

エピソード生検

生検の準備・方法・後観察

標本の取り扱い

依頼書の書き方

報告書の書き方,読み方

Chapter2 移植腎障害の鑑別診断は時期によって決まる

移植腎機能低下の鑑別診断

蛋白尿の鑑別診断

Chapter3 移植腎特有の正常(典型)病理像を知ろう!

ベースライン生検の病理像:【臨床を知る】

ベースライン生検の病理像:【病理像をみる】

持ち込み腎炎とその意義:【臨床を知る】

持ち込み腎炎とその意義:【病理像をみる】

プロトコール生検の病理像:【臨床を知る】

プロトコール生検の病理像:【病理像をみる】

Chapter4 移植腎の異常病理像と臨床を知ろう!

Banff 分類の概要

迅速診断の適応と標本の読み方:【臨床を知る】

迅速診断の適応と標本の読み方:【病理像をみる】

超急性拒絶反応(ABO 不適合移植):【臨床を知る】

超急性拒絶反応(ABO 不適合移植):【病理像をみる】

急性T リンパ球関連型拒絶反応:【臨床を知る】

急性T リンパ球関連型拒絶反応:【病理像をみる】

急性抗体関連型拒絶反応:【臨床を知る】

急性抗体関連型拒絶反応:【病理像をみる】

慢性抗体関連型拒絶反応:【臨床を知る】

慢性抗体関連型拒絶反応:【病理像をみる】

慢性移植腎症:【臨床を知る】

後の巣状糸球体硬化病変:【病理像をみる】

カルシニューリン阻害薬(TMA 除く):【臨床を知る】

カルシニューリン阻害薬(TMA 除く):【病理像をみる】

その他の薬剤性腎障害(エベロリムスなど):【臨床を知る】

その他の薬剤性腎障害(エベロリムスなど):【病理像をみる】

巣状糸球体硬化症(FSGS):【臨床を知る】

巣状糸球体硬化症(FSGS):【病理像をみる】

IgA腎症:【臨床を知る】

IgA腎症:【病理像をみる】

膜性増殖性糸球体腎炎(MPGN):【臨床を知る】

膜性増殖性糸球体腎炎(MPGN):【病理像をみる】

その他の腎炎:【臨床を知る】

その他の腎炎:【病理像をみる(ANCA関連腎炎)】

BK ポリオーマウイルス腎症:【臨床を知る】

BK ポリオーマウイルス腎症:【病理像をみる】

移植後リンパ増殖性疾患(PTLD):【臨床を知る】

移植後リンパ増殖性疾患(PTLD):【病理像をみる】

アデノウイルス:【臨床を知る】

アデノウイルス:【病理像をみる】

血栓性微少血管障害症(TMA):【臨床を知る】

血栓性微少血管障害症(TMA):【病理像をみる】

逆流性腎症:【臨床を知る】

逆流性腎症:【病理像をみる】

移植後糖尿病・移植後発症糖尿病(PTDM/NODAT)


索引

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示