カラーイラストで学ぶ集中講義 病理学 改訂2版

清水 道生, 内藤 善哉 (編集)

株式会社 メジカルビュー社

400 頁  (2016年6月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥6,264 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年06月29日

立ち読み   お気に入りに入れる

この1冊で疾病の性状が,病理組織写真が,手にとるようにわかる!

基礎系科目のコアエッセンスを簡潔にまとめた,好評シリーズ。5年ぶりの今回の改訂では各論を追加しパワーアップ!“この1冊”で学生時代に学ぶべき項目がひととおり身につきます。最近の医師国家試験では、日本語の疾患名ばかりではなく英語表記でも出題される傾向になりつつあることを配慮し英語名も付記しました!是非ご活用ください。

>『カラーイラストで学ぶ集中講義』シリーズはこちら

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:98.2MB以上(インストール時:245.4MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:84.2MB以上(インストール時:183.1MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784758300971-and-1.png 9784758300971-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784758300971-iph-1.png 9784758300971-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


基礎系科目のコアエッセンスを簡潔にまとめた,好評シリーズの1冊。平易な文章で記述されており,とっつきにくい基礎科目もするすると頭に入っていく。また各項目を1〜2頁でレイアウトし,図表と文章の割合をほぼ1:1にすることで,ビジュアル的に理解できるように,そして臨床にどう知識が活かされるかがわかるようになっている。

初版では総論のみで構成していたが,5年ぶりの今回の改訂で各論を追加し,"この1冊"で学生時代に学ぶべき項目がひととおり身につく学生必携書となっている。


----


改訂第2版 序文

病理学は,基礎医学と臨床医学の橋渡しを担う重要な学問である。病理学という学問を通して,医学生は医学部の初期教育の段階で,病気の原因,成り立ちなどを含め,形態学を中心に多くの疾患について学ぶことになる。そして,病理学を学び終えた時点では,医師国家試験で出題される疾患名の多くを耳にしていることになる。したがって,病理学を学ぶ際に各疾病概念について,基礎知識をしっかりと身につけることがきわめて重要になってくると思われる。

『カラーイラストで学ぶ集中講義 病理学』の初版は,CBTの出題基準である「医学教育モデル・コア・カリキュラム」に準拠した内容で,病理学の総論に的を絞り,医学部の学生が臨床医学を学ぶ前にまず身につけておくべき必須事項を厳選したもので,これまで多くの学生に読まれてきた。必要な知識を簡潔にまとめ,カラフルな図表やイラストを中心に重要なポイントがはっきりとわかる内容にしたことが高く評価され,学生から絶大なる支持を得られたことは,編者・執筆者にとってこの上ない喜びである。

今回,「病理総論だけでなく,各論についても同じような本があればもっと勉強しやすいのだが」という多数の読者からのご要望にお応えし,総論だけでなく各論を新たに付け加え,その分ページ数も大幅に増やし本書の改訂が行われることになった。各論の執筆は,各分野に詳しい新進気鋭の先生方に依頼した。

病理の各論は内容が豊富なため,その量が膨大になりがちであるが,できるだけ疾患を絞り,コンパクトにまとめるよう努力し,必要最低限の知識を確保し,新知見もできるだけ取り入れた。また,前回同様,基本的に見開き2ページに1つないし2つのテーマを質問形式で取り上げ,その項目の模範解答をまず記載し,さらに内容について説明する形式を踏襲した。総論についても新知見を加味して一部改訂を行い,各論では,関連する総論や各論の別項の内容が参照できるように配慮した。

最近の医師国家試験では,日本語の疾患名ばかりではなく,英語表記でも出題される傾向になりつつあることを考慮し,KEY WORDsとして必要な英語名を付記したのでぜひ覚えていただきたい。本書が数多くの医学生のみならず,医師やメディカルスタッフの方々に愛読されることができれば望外の幸せである。

終わりに,本書の改訂にあたり,各章の執筆を分担された先生方に感謝するとともに,親身になって編集に携わってくださったメジカルビュー社編集部の石田奈緒美さんに心よりお礼申し上げたい。


2016年5月

清水 道生
内藤 善哉


----

総論

病理概論

病理学とは? 病理医の役割とは?

生検とは? 術中迅速診断とは?

病理解剖(剖検)とは? 臨床病理検討会(CPC)とは?

病理組織診および細胞診の標本作製,染色法,方法論とはどういうものか?


細胞傷害と細胞死

細胞増殖の機序とは?

細胞損傷に対する細胞・組織の適応とはなにか?

細胞傷害の原因と細胞反応とは?

壊死の機序と形態的変化とは?

アポトーシスとは?

老化とは?


代謝障害

糖代謝障害とは?

蛋白質代謝障害とは?

脂質代謝障害とは?

核酸代謝障害とは?

色素代謝障害とは?

鉄代謝障害とは?

カルシウム代謝障害とは?


炎症と創傷治癒

炎症とは?

急性および慢性の炎症細胞と化学伝達物質とは?

急性炎症とは?

慢性炎症とは?

炎症の全身への影響,転帰とは?

細菌感染症とは?

ウイルス感染症とは?

肉芽腫性感染症とは?

真菌症とは?

内因性/外因性感染,日和見感染とは?

細菌,ウイルス,真菌以外の感染症とは?

創傷治癒とはなにか?


循環障害

ヒトの循環系の概要はどういうものか?

うっ血,充血とは?

浮腫,腔水症とは?

出血の種類,臨床症状としてみられる出血はなにか?

虚血,梗塞とは?

血栓の種類,転帰とはどういうものか?

塞栓症とは?

心不全とは?

ショックとは?


腫瘍

腫瘍の定義,基本的分類,命名とは?

良性腫瘍と悪性腫瘍の一般的特徴は?

上皮性腫瘍と非上皮性腫瘍とはなにか?

混合腫瘍とはなにか?

悪性腫瘍の組織型はなにか?

腫瘍細胞の異型性/異型度とはなにか?

腫瘍の分化度とはなにか?

機能性腫瘍とはなにか?

前癌/前駆病変,境界悪性腫瘍とはなにか?

非浸潤癌,粘膜内癌,浸潤癌の違いはなにか?

早期癌,進行癌,末期癌と臨床病期とはなにか?

多発癌,重複癌,二次性腫瘍とはなにか?

不顕性癌とはなにか?

悪性腫瘍の進展経路とはなにか?

悪性腫瘍の全身的影響,腫瘍髄伴症候群とはなにか?

腫瘍の疫学と予後とは?

発癌因子について述べよ

遺伝性素因を原因とする腫瘍について述べよ

二段階発癌説とは?

腫瘍の多段階進展説とは?

癌幹細胞とは?

腫瘍の特性を染色体・遺伝子異常の観点から述べよ

腫瘍の細胞周期の異常と癌遺伝子および癌抑制遺伝子について述べよ

腫瘍細胞に含まれる核酸を解析する意義および解析手法を説明せよ

腫瘍細胞に含まれる蛋白質を解析する意義および解析手法を説明せよ

腫瘍マーカーおよび腫瘍の遺伝子診断について説明せよ


免疫異常

自然免疫,獲得免疫とは?

原発性免疫不全症,続発生免疫不全症,後天性免疫不全症とは?

免疫学的寛容とその維持機構とは?

自己免疫疾患とは?

アレルギー反応とはなにか?

移植組織に対する免疫反応はどういうものか?


遺伝子異常と疾患・発生発達異常

遺伝の基本様式はなにか?

胚細胞と体細胞における遺伝子異常が引き起こす疾患の相違点はなにか?

染色体異常による主たる疾患はなにか?

個体の発達異常における遺伝因子と環境因子はなにか?

多因子遺伝が病因となる疾患とその特徴はなにか?

ミトコンドリア遺伝子の変異による疾患にはどんなものがあるか?

遺伝子病の出生前診断とは?

周産期・乳児期にみられる疾患の特徴はなにか?


環境因子

外傷,熱傷とは?

アルコールおよび放射線による障害の特徴はなにか?

環境化学物質とはなにか?

薬物乱用とはなにか? 経口避妊薬の合併症はなにか?

栄養失調とは? 肥満とは?

各論

循環器

非細菌性血栓性心内膜炎,リウマチ性心内膜炎,Libman-Sacks心内膜炎とは?

僧帽弁狭窄症,僧帽弁閉鎖不全症,大動脈弁狭窄症,大動脈弁閉鎖不全症,肺動脈弁狭窄症,僧帽弁逸脱症とは?

心筋炎,特発性心筋症とは? その他の心筋症について述べよ

急性心膜炎,収縮性心外膜炎,心タンポナーデとは?

心臓の主な良性腫瘍,悪性腫瘍とは?

血管

血管の基本構造とは? 動脈硬化症について述べよ 動脈瘤,大動脈解離,嚢胞状中膜変性とは?

本態性高血圧,二次性高血圧とは? 大動脈炎症候群,側頭動脈炎,結節性動脈炎とは? 多発性血管炎性肉芽腫症,閉塞性血栓性血管炎とは?

静脈瘤とは? 血管腫,血管肉腫とは?


呼吸器

上気道

鼻腔・副鼻腔,咽頭・喉頭の基本構造とは? 鼻腔・副鼻腔の主な炎症性疾患とは? 咽頭・喉頭の主な非腫瘍性病変とは?

鼻腔・副鼻腔の主な腫瘍について述べよ 咽頭・喉頭の主な腫瘍について述べよ

肺の基本構造とは? 肺うっ血・肺水腫とは? 肺動脈血栓塞栓症とは? 肺の出血性梗塞とは? 肺高血圧症とは?

無気肺とは? 塵肺症とは?

気管支炎とは? 肺炎の分類について述べよ 気管支肺炎とは? 肺結核症とは? 肺化膿症とは? 肺真菌症について述べよ

肺気腫,気管支喘息とは? 間質性肺炎,肺線維症とは?

肺過誤腫,肺カルチノイド腫瘍とは? 肺癌について述べよ 転移性肺腫瘍について述べよ

胸膜・縦隔

気胸,胸膜炎とは? 悪性中皮腫とは? 縦隔腫瘍について述べよ


口腔・唾液腺

口腔

口腔の基本構造とは? 口唇裂・口蓋裂・巨舌症とは? 口腔領域の嚢胞について述べよ

ヘルペスウイルス感染症,壊死性潰瘍性口内炎とは? 口腔カンジダ症,白板症,扁平苔癬とは? 歯原性腫瘍,非歯原性腫瘍について述べよ

唾液腺

唾液腺の基本構造とは? 唾石症,流行性耳下腺炎とは? Sjögren症候群,IgG4関連疾患とは? 多形腺腫,Warthin腫瘍とは? 粘表皮癌,腺房細胞癌とは?


消化器

食道

消化管の基本構造・組織について述べよ 消化管での栄養吸収について述べよ

アカラシア,食道憩室について述べよ 異所性胃粘膜,Mallory-Weiss症候群について述べよ

逆流性食道炎,Barrett食道について述べよ

扁平上皮内腫瘍,扁平上皮癌について述べよ Barrett食道癌とは?

急性・慢性胃炎,ヘリコバクター胃炎について述べよ 急性胃潰瘍の肉眼的特徴と組織学的特徴を述べよ

ポリープとポリポーシスについて述べよ 胃生検の病理診断で用いられるGroup分類について述べよ

早期胃癌,進行胃癌の分類について述べよ 印環細胞癌を説明せよ Virchow転移について述べよ

MALTリンパ腫とH.Pyloriの関係について述べよ 消化管間質腫瘍(GIST)の形態と治療について述べよ

小腸・大腸

小腸・大腸のMeckel憩室,Hirschsprung病について述べよ 大腸憩室症について述べよ

潰瘍性大腸炎,Crohn病について述べよ

腸結核,偽膜性腸炎について述べよ

虚血性腸炎,腸間膜動脈閉塞症について述べよ

大腸腺腫,非腫瘍性ポリープについて述べよ

大腸癌について述べよ

肝臓の基本構造と組織について述べよ 肝臓における代謝と機能について述べよ

肝細胞の壊死について述べよ

特発性門脈圧亢進症,Budd-Chiari症候群について述べよ ニクズク肝を説明せよ

急性肝炎の病理組織像について述べよ 慢性肝炎の病理組織像について述べよ 肝硬変について述べよ

アルコール性肝炎の組織像について述べよ 非アルコール性脂肪性肝炎の組織像について述べよ

自己免疫性肝炎の組織学的特徴について述べよ 薬剤性肝障害について述べよ

原発性胆汁性肝硬変について述べよ 原発性硬化性胆管炎について述べよ

肝細胞癌と胆管細胞癌の組織学的特徴について述べよ 肝臓の血管腫の特徴について述べよ 腫瘍類似病変について述べよ

胆嚢・胆管・膵

肝外胆道系の基本構造・組織について述べよ 肝外胆道系の機能について述べよ

膵臓の基本構造と発生について述べよ 膵臓の組織と機能について述べよ

胆嚢・肝外胆管系の発生異常について述べよ 膵臓の発生異常について述べよ

胆石症について述べよ 胆嚢炎・胆管炎について述べよ

胆嚢・胆道系のポリープ,腺腫,癌の特徴について述べよ

急性膵炎・慢性膵炎について述べよ 自己免疫性膵炎について述べよ

膵臓の腫瘍の分類について述べよ 膵外分泌腫瘍の特徴について述べよ 膵神経内分泌腫瘍の特徴について述べ


血液・造血器・リンパ節

リンパ節の基本構造とは?

脾臓の基本構造とは?

貧血とは? 巨赤芽球性貧血/悪性貧血について述べよ

特発性血小板減少性紫斑病について述べよ 血友病について述べよ

好酸球増多症について述べよ 血球貪食症候群の原因と病態について述べよ

白血球の腫瘍

急性前骨髄球性白血病とは?

急性単球性白血病とは?

骨髄異形成症候群とは?

慢性骨髄増殖性疾患にはどのようなものがあるか?

急性リンパ芽球性白血病とは?

慢性リンパ性白血病/小リンパ球性リンパ腫とは?

形質細胞腫瘍について述べよ

リンパ節・脾臓病変

非腫瘍性リンパ節病変にはどのようなものがあるか?

非Hodgkin悪性リンパ腫のB細胞性について述べよ

Hodgkinリンパ腫について述べよ


内分泌・栄養・代謝

内分泌組織の特徴について述べよ ホルモンの種類と作用機序と調節機構について述べよ

下垂体腫瘍の症状について述べよ 巨人症,末端肥大症について述べよ 汎下垂体機能低下症の原因と病態を述べよ

Basedow病の病態について述べよ 慢性甲状腺炎の病態と組織像について述べよ 甲状腺の悪性腫瘍について述べよ

カルシウム代謝に関与するホルモンについて述べよ

Cushing症候群の病態を述べよ 褐色細胞腫について述べよ

多発性内分泌腫瘍について述べよ

糖尿病について述べよ


腎・泌尿器

腎臓

ネフロン,糸球体,尿細管の組織について述べよ

多嚢胞腎,遺伝性疾患,先天性腎疾患について述べよ

原発性糸球体疾患について述べよ

全身性疾患における糸球体疾患について述べよ

尿細管間質疾患(間質性腎炎,腎盂腎炎)について述べよ

急性尿細管壊死,腎結石,痛風腎について述べよ

顕微鏡的多発血管炎,多発血管炎性肉芽腫症,結節性多発動脈炎の腎臓所見について述べよ

血栓性微小血管症,腎硬化症について述べよ

拒絶反応,移植における合併症について述べよ

良性腫瘍について述べよ

悪性腫瘍(腎細胞癌,腎芽腫)について述べよ

泌尿器

尿路上皮とは? 腎盂,尿管,膀胱,尿道の組織について述べよ

膀胱の先天性奇形,膀胱憩室,尿膜管遺残,尿路結石,膀胱尿管逆流症,水腎症について述べよ

炎症性尿路疾患について述べよ

尿路の過形成,化生性変化,良性腫瘍,悪性腫瘍について述べよ


乳腺

乳腺の基本構造とは?

腋窩リンパ節郭清,センチネルリンパ節生検とは?

乳腺炎,乳腺症,乳管内乳頭腫とは? 炎症性偽腫瘍,女性化乳房とは?

線維腺腫,良性・境界・悪性葉状腫瘍とは?

乳癌(非浸潤性乳管癌,浸潤性乳管癌)とは?

浸潤性小葉癌,髄様癌,粘液癌とは?

乳癌の個別化治療とは?

Paget病,血管肉腫,悪性リンパ腫について述べよ


婦人科

女性性器の構成について述べよ

外陰部と腟

性感染症とは? 代表的な性感染症は?

外陰部良性腫瘍について述べよ 外陰部悪性腫瘍について述べよ

子宮頸部

子宮頸部上皮内腫瘍/扁平上皮内病変(CIN/SIL)とは? ヒトパピローマウイルス(HPV)との関係について述べよ

子宮頸部扁平上皮癌とは? 子宮頸部腺癌とは?

子宮体部

子宮内膜における月経周期とは? 子宮内膜症と子宮腺筋症とは?

子宮内膜増殖症とは? 子宮体癌とは?

子宮平滑筋腫とは? 子宮平滑筋肉腫とは?

卵管

卵管炎について述べよ

卵巣

子宮内膜症性嚢胞(チョコレート嚢胞)とは? 卵胞嚢胞・黄体嚢胞・多嚢胞卵巣症候群について述べよ

卵巣の上皮性腫瘍とは? その代表的な腫瘍は?

卵巣の性索間質性腫瘍とは? その代表的な腫瘍は?

卵巣の胚細胞腫瘍とは? その代表的な腫瘍は?

妊娠関連の疾患

子宮外妊娠とは? 卵管妊娠とは? 絨毛膜羊膜炎とは?

胞状奇胎について述べよ 絨毛癌とは?


男性生殖器

精巣および精索

精巣の基本構造とは? 先天異常および形成異常とは?

精巣腫瘍について述べよ

前立腺および精嚢

前立腺および精嚢の基本構造とは?

前立腺炎・前立腺結核とは? 前立腺肥大症とは?

前立腺癌について述べよ Gleason分類について述べよ


神経

中枢神経

中枢神経の基本構造とは? 病的変化とは?

水頭症とは? 神経管閉鎖障害とは? 脳胞形成障害とは? 神経細胞移動障害とは?

脳浮腫とは? 脳ヘルニアとは?

脳出血,くも膜下出血,脳梗塞とは? 頭部外傷について述べよ

細菌感染症およびウイルス感染症について述べよ プリオン病とは? 真菌感染症および寄生虫感染症について述べよ

多発性硬化症とは? 視神経脊髄炎とは? 急性散在性脳脊髄炎とは?

蓄積症とは? 栄養障害および各種中毒症について述べよ

Alzheimer病,Pakinson病,Pick病とは? 多系統萎縮症,Huntington病,筋萎縮性側索硬化症とは?

代表的な脳腫瘍について述べよ

末梢神経

末梢神経の病的変化について述べよ


運動器・軟部組織

骨・関節の構造と働きについて述べよ

軟骨および骨形成の異常について述べよ 代謝性骨疾患について述べよ

骨壊死,骨折,化膿性骨髄炎,結核性骨髄炎とは? 変形性関節症,関節リウマチとは?

主な軟骨原性腫瘍,主な骨原性腫瘍について述べよ その他の骨腫瘍,転移性骨腫瘍について述べよ

骨格筋の構造と働きについて述べよ 筋萎縮,筋ジストロフィー,炎症性ミオパチー,重症筋無力症とは?

軟部腫瘍の病理組織分類とは? 軟部腫瘍の臨床的特徴とは? 代表的な線維性腫瘍,線維組織球性腫瘍,脂肪性腫瘍について述べよ

代表的な平滑筋性腫瘍,横紋筋性腫瘍,血管・リンパ管性腫瘍について述べよ

代表的な末梢神経性腫瘍について述べよ 滑膜肉腫,胞巣状軟部肉腫について述べよ


皮膚

皮膚の基本構造とは? 皮膚の病理組織学的所見を表す用語について述べよ

湿疹,皮膚炎とは? 蕁麻疹,痒疹,皮膚瘙痒症とは? 紅斑,紅皮症,紫斑とは?

乾癬,扁平苔癬とは? 水疱症,膿疱症とは? 薬疹とは?

代表的な膠原病とは? 主な肉芽腫性疾患とは?

主な色素異常症,代謝異常症,光線過敏症とは?

主な細菌感染症,ウイルス感染症,真菌感染症とは? 節足動物による代表的疾患とは?

上皮性腫瘍とは? メラノサイト系腫瘍とは? 間葉系腫瘍とは?


感覚器

視覚器

視覚器の基本構造とは? 眼瞼・結膜・角膜・ブドウ膜の主な疾患とは? 網膜・水晶体・視神経の主な疾患とは? 眼房水・涙腺・眼窩の主な疾患とは?

聴覚器

聴覚器の基本構造とは? 外耳・中耳・内耳の主な疾患とは?

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示