Home   >    eBookStore   >   研修医   羊土社   リハビリテーション   在宅医療   雑誌

Gノート2014年12月号 総合診療で支える!高齢者の在宅復帰

木村 琢磨 (編集)

株式会社 羊土社

150 頁  (2014年12月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥2,700 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2016年05月20日

カートに入れる 立ち読み  

あなたの患者さんは安心して退院できていますか?

Gノート2014年12月号の特集は『総合診療で支える!高齢者の在宅復帰』
退院後を見据え,「入退院時に何をすべきか」「医療・介護スタッフとどう連携するか」「再入院を防ぐには」など,患者・家族に安心を提供するためのエッセンスが満載!病棟・診療所・在宅ですべきことが見えてくる!

Gノート一覧はこちら

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:26.9MB以上(インストール時:67.2MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:21.7MB以上(インストール時:47.1MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら

andorid.png 9784758123044-and-1.png 9784758123044-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784758123044-iph-1.png 9784758123044-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


退院後を見据え,「入退院時に何をすべきか」「医療・介護スタッフとどう連携するか」「再入院を防ぐには」など,患者・家族に安心を提供するためのエッセンスが満載!病棟・診療所・在宅ですべきことが見えてくる!


----


はじめに

今後,超高齢化が進展するわが国では,高齢者が何らかの疾患や要介護状態となっても,住み慣れた地域コミュニティで生活を続けられるようになることが望まれます.そのためには地域包括ケアの実現が急務で,それがQOLをふまえた患者マネジメントにつながると考えられます.

地域包括ケアは入院も含めた概念であることは言うまでもありませんが,編者は入院した高齢者の在宅復帰支援は,今後の地域包括ケアがシステムとしてうまく機能するか否かの1つの鍵であると考えています.それは,①高齢者では入院が長期化すればADL・認知機能への悪影響が懸念されるため早期退院が求められる一方で,地域での受け入れ態勢などから退院困難となることがありうる現状であること,②個々の患者さんの在宅復帰支援が円滑でない場合には,都市部などで懸念されている入院病床の不足,ひいては地域で入院するべき患者さんが入院できないことにつながりうること,つまり,これらが地域包括ケアがシステムとして円滑に働くことへの妨げとなる可能性があるためです.

そもそも高齢者は一定以上虚弱になれば入院する可能性を秘めており,高齢者の臨床では入院した場合の在宅復帰支援について,ある程度は想定しておくべきであると言っても過言ではありません.この高齢者を取り巻く在宅復帰支援に対して,包括的・継続的に患者さんにかかわるべき総合診療医には,多くの役割があるのではないでしょうか.本特集では,「高齢者の在宅復帰支援について地域包括ケア時代に総合診療医は何をすべきか」について考えたいと思います.


木村 琢磨


----

特集

●特集にあたって

●入院患者の在宅復帰支援へ向け,病棟主治医はどうかかわるか?

●在宅復帰へ向けた院内外のスタッフとの連携

●入院しても在宅復帰するための意思決定支援

●退院前カンファレンス参加のコツ

●在宅復帰支援におけるバックアップベッドの意義

●退院直後の対応のコツ

●在宅復帰後のフォロー

連載

研修では教えてくれない!ノンテクニカルスキル

医師として知っておくべき介護・福祉のイロハ

聞きたい!知りたい!薬の使い分け

誌上EBM抄読会診療に活かせる論文の読み方が身につきます!

Common disease診療のためのガイドライン早わかり

知って得する!日常診療の小ワザ・裏ワザ劇場

思い出のポートフォリオを紹介します


特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)
このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示