Home   >    eBookStore   >   学生   羊土社   解剖学   脳神経外科

脳神経ペディア~「解剖」と「機能」が見える・つながる事典

渡辺 雅彦 (著)

株式会社 羊土社

286 頁  (2017年7月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥7,344 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年04月13日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

バラバラになりがちな知識のピースをピタリとはめ、脳神経をすっきり理解!

終脳・脊髄・神経の投射といった「解剖」と、視覚系・運動系などの「機能」を、相互に関連づけながら整理して解説します。

この商品を買った人はこんな商品も買っています


今日の治療薬2018
¥4,320

症例で学ぶ高次脳機能障害
¥7,776

脳腫瘍病理入門Q&A200
¥4,536

ER・ICU 100のスタンダード
¥4,104

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:38.7MB以上(インストール時:96.7MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:41.9MB以上(インストール時:91.2MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784758120821-and-1.png 9784758120821-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784758120821-iph-1.png 9784758120821-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


終脳・脊髄・神経の投射といった「解剖」と,視覚系・運動系などの「機能」を,相互に関連づけながら整理して解説.バラバラになりがちな構造と機能のピースがぴたりとはまる!全体像の理解に役立つMRI画像も収録


----


『脳神経ペディア』は,神経系のマクロスコピック(巨視的)からメゾスコピック(中間的)なレベルでの神経解剖学テキストをめざして出版した.その基となり契機となったのが,北海道大学医学部医学科で現在使用している神経解剖学の講義テキストである.これに加えて本書は,医学生の神経解剖学の履修だけでなく,この科目に続く神経生理学・神経薬理学などの基礎科目や,精神科学・神経内科学・脳神経外科学・放射線診断学などの臨床科目を学ぶ際に振り返って活用でき,さらに神経解剖学の基礎を学ぼうとする生命科学・医学分野の大学院生・若手研究者などの学習書にもなるようにと考えて作成した.

第I部では,中枢神経系と末梢神経系の各部の解剖学的構成とその主な機能についてまとめた.第Ⅱ部では感覚系と運動系のシステムについて概説した.第I部が神経解剖学の横糸とすれば,第Ⅱ部はそれらの機能を紡いだ縦糸である.さらに,MRI画像を使ってマクロスコピックな脳の構造的理解の一助となるように,最後に第Ⅲ部を配した.

本書は,北海道大学名誉教授である井上芳郎先生(1978~2005年 本学医学部解剖学第一講座教授)が,「統合・基礎神経学」の講義テキストとして長年履修学生に配布してきたものが土台となっている.私がこの科目担当を引き継いでから,井上先生のマクロスコピックな神経解剖学の内容に,神経核の機能と投射関係に関するメゾスコピックな情報やニューロンやシナプスに関するミクロスコピック(微視的)な内容,さらにMRI画像を加えて完成させたものである.なお,ミクロスコピックな内容については拙著『みる見るわかる脳・神経科学入門講座 改訂版 前編・後編』(羊土社)で解説しているので割愛した.興味のある方はそちらも参照してほしい.

本書で学びを深めた1人でも多くの読者が,未来の『脳神経ペディア』に新たな1ページを加えてくれることを心から願っている.


2017年7月

渡辺 雅彦


----

第Ⅰ部 神経系の解剖学~脳の地図を知る

1章 中枢神経系

1 終脳(大脳)の構成

2 間脳の構成

3 中脳の構成

4 橋の構成

5 延髄の構成

6 小脳の構成

7 脊髄の構成

2章 末梢神経系

1 脳神経の構成

2 脊髄神経の構成

3 自律神経系の構成

第Ⅱ部 神経系の機能~脳のしくみを知る

1章 感覚系

1 体性感覚系

2 視覚系

3 聴覚系

4 平衡覚系

5 嗅覚系

6 味覚系

2章 運動系

1 高次運動関連領野

2 錐体路系

3 錐体外路系

第Ⅲ部 MRI画像で深める脳構造の理解

1章 画像集

2章 構造の理解

1 脳表画像からの脳回と脳溝の同定

2 MRアンギオグラフィーとMRベノグラフィー

3 断面画像の観察

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示