Home   >    eBookStore   >   研修医   羊土社   薬理学   薬剤処方

症状と患者背景にあわせた頻用薬の使い分け 改訂版

藤村 昭夫 (編)

株式会社 羊土社

333 頁  (2015年09月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥3,888 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年10月12日

立ち読み   お気に入りに入れる

具体的な処方例が満載!年齢や基礎疾患、本人の希望を考慮した薬選びに役立つ!

プライマリケアに欠かせない頻用薬を症状別に比較しながら解説。冒頭の分類表で類似薬の全体像が早わかり!頻用薬の使い分けの根拠やポイントが知りたい医師、膨大な薬の知識をスッキリ整理したい看護師・薬剤師にオススメです◎

■オススメ書籍 類似薬の使い分け 改訂版

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:38.8MB以上(インストール時:97MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:29MB以上(インストール時:63MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784758117791-and-1.png 9784758117791-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784758117791-iph-1.png 9784758117791-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


頭痛や不眠,めまいなど,よく出合う症状別に頻用する薬の特徴を比較して解説.患者の年齢や基礎疾患,本人の希望などあらゆる状況を考慮した薬選びのコツがよくわかる.処方例も充実し日常診療にすぐ活かせる一冊!


----


改訂の序

近年,わが国では数多くの薬が創出され,同じ疾患に対する治療薬でも作用機序の異なる薬や同じ系統の類似薬が数多く存在するようになりました.その結果,臨床の現場から「多くの類似薬からどの薬を選べばよいか判断が難しい」,という医師の意見が数多く寄せられるようになりました.薬を適正に使用するためには患者さんの病態に合わせて,適切な薬を選択する必要があり,そのためには各々の薬の特徴をしっかり把握しておかなければなりません.そこで,日常診療で患者さんがしばしば訴える症状を13選び,それらの症状を治療するために用いる薬の使い分けを解説した『頻用薬の使い分け』を2010年に出版しました.初版では,日常診療でよく用いる頻用薬を対象にし,個々の患者さんの病態や合併症を考慮した適切な薬の使い分けを,多くの症例を用いながら,その根拠も踏まえて具体的にわかりやすく解説しました.出版以来,幸いにも好評を得て,増刷を重ねてきました.

初版の発行より5年が経過し,その間に多くの新薬が登場し,さらに各種ガイドラインが改訂されたことより,薬物治療の内容も変わってきました.そこで内容を最新の情報に改め,さらに治療の対象となる症状を13から19に増やし,より充実した改訂版を発行することにしました.執筆者はいずれも臨床経験の豊かな医師であり,個々の患者さんに対する頻用薬の使い分けについて現場の状況に沿った内容になっています.

薬の有害反応が毎年数多く厚生労働省に報告されており,医師にはより適切に薬を使うことが求められています.本書の姉妹書である『類似薬の使い分け 改訂版』(2014)および本書『頻用薬の使い分け 改訂版』(2015)が薬を適正に使用する際の情報源となり,安全な薬物療法が行われることを期待しています.

最後に,本書の企画・編集にご協力いただきました羊土社編集部の秋本佳子様にお礼申し上げます.


2010年6月

藤村昭夫


----

本書の構成

第1章 解熱鎮痛薬

症状の概要と系統間での使い分け

各系統での類似薬の使い分け

第2章 外用消炎鎮痛薬

症状の概要と系統間での使い分け

各系統での類似薬の使い分け

第3章 頭痛薬

症状の概要と系統間での使い分け

各系統での類似薬の使い分け

第4章 めまい・制吐薬

症状の概要と系統間での使い分け

各系統での類似薬の使い分け

第5章 便秘薬

症状の概要と系統間での使い分け

各系統での類似薬の使い分け

第6章 止痢薬

症状の概要と系統間での使い分け

各系統での止痢薬の使い分け

第7章 胃薬

症状の概要と系統間での使い分け

胃薬の特徴と類似薬の使い分け

第8章 睡眠薬

症状の概要と系統間での使い分け

各系統での類似薬の使い分け

第9章 感冒薬

疾患の概要と系統間での使い分け

各総合感冒薬の特徴と注意点

第10章 抗不安薬

症状の概要と系統の選択のしかた

各系統での類似薬の使い分け

第11章 鎮咳薬

症状の概要と系統間での使い分け

各系統での類似薬の使い分け

第12章 去痰薬

症状の概要と系統間での使い分け

類似薬の使い分け

第13章 止痒薬

症状の概要と系統間での使い分け

各系統での類似薬の使い分け

第14章 利尿薬(浮腫)

疾患の概要と系統間での使い分け

各系統での類似薬の使い分け

第15章 胸痛の治療薬

疾患の概要と系統間での使い分け

各系統での類似薬の使い分け

第16章 抗インフルエンザ薬

疾患の概要と系統間での使い分け

各系統での類似薬の使い分け

第17章 排尿障害の治療薬

疾患の概要と系統間での使い分け

各系統での類似薬の使い分け

第18章 アレルギー性鼻炎治療薬

症状の概要と系統間での使い分け

アレルギー性鼻炎治療薬の特徴

第19章 アレルギー性結膜炎治療薬

症状の概要と系統間での使い分け

各系統での類似薬の使い分け

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示