Home   >    eBookStore   >   研修医   羊土社   雑誌

レジデントノート2017年8月号 やさしく考える抗血栓薬・止血薬

神田 善伸 (編)

株式会社 羊土社

140 頁  (2017年7月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥2,160 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2017年07月14日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

複雑に思われがちな血栓・止血とそれに関わる薬剤について,基本からやさしく丁寧に解き明かします。凝固・線溶のメカニズムや抗血栓薬の特徴と疾患ごとの使い分け、よく困る周術期や出血時の対処法もスッキリわかる!
レジデントノートバックナンバー

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:29.8MB以上(インストール時:74.6MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:41.3MB以上(インストール時:89.8MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784758115902-and-1.png 9784758115902-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784758115902-iph-1.png 9784758115902-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


複雑に思われがちな血栓・止血とそれに関わる薬剤について,基本からやさしく丁寧に解き明かします。凝固・線溶のメカニズムや抗血栓薬の特徴と疾患ごとの使い分け、よく困る周術期や出血時の対処法もスッキリわかる!


----


(前略)

血栓,止血はあらゆる診療分野に影響する重要な分野です.深部静脈血栓症や播種性血管内凝固症候群(DIC)はあらゆる医師が遭遇する可能性のある病態ですし,血栓性疾患の予防についてもさまざまな専門領域の疾患と深く関係しています.すべての医師が最低限の知識は身につけておかねばなりません.


学問的にも興味深い分野であり,血栓・止血の分子病態の理解に基づいて,近年多くの新薬が誕生しています.この数年に限ってもDICに対する遺伝子組み換えトロンボモデュリンアルファ,慢性特発性血小板減少性紫斑病に対するロミプロスチムやエルトロンボパグなどのトロンボポエチン受容体作動薬,非定型溶血性尿毒症症候群に対する抗C5ヒト化モノクローナル抗体のエクリズマブなど,枚挙にいとまがありません.抗血小板薬や抗凝固薬も種類が増加し,特に抗活性型第X因子薬(抗FXa薬)は血栓・塞栓症の予防薬として注目を集めています.さぁ,この特集で,血栓,止血の知識を習得しましょう.いざ,血栓のときがやってきたのです(意味なし).


本特集のタイトルは「抗血栓薬・止血薬」と,「薬」を主人公としています.レジデントにとっては,やはりどの薬が,どのような特徴をもっていて,どのような患者さんに対して,どのように使うべきか? ということが最大の関心事でしょう.しかし,これらのことを正しく理解するためには,登場人物(薬)が活躍する背景の環境についても概要をつかんでおく必要があります.そこで,「難しいものをやさしく考えよう」というコンセプトで,広く,浅く,しかし,重要なポイントだけは深く,執筆していただきました.


----

特集

やさしく考える抗血栓薬・止血薬
〜凝固・線溶の基本から、病態ごとの使い分けまで

特集にあたって

いざ,血栓のときがやってきた

1.まずは止血のメカニズムをおさらいしよう

2.多彩になった抗血栓薬の特徴と使い分け

① 抗血小板薬の特徴と使い分け

② 抗凝固薬の特徴と使い分け

3.いつ,誰に,どれくらいの期間使えばいいの?

① 深部静脈血栓症,肺血栓塞栓症

② 播種性血管内凝固症候群

③ 脳梗塞の一次予防と二次予防

④ 急性冠症候群

⑤ 心房細動の一次予防と二次予防

4.こんなとき,どうする?

① 周術期はどうする?

② 出血症状が出たときはどうする?

5.止血薬 気休め? それとも本当に有効?

連載

実践!画像診断Q&A―このサインを見落とすな

交通外傷をきっかけに1週間前より頭痛をきたした40歳代男性

湿性咳嗽,呼吸困難を主訴に来院した80歳代男性

臨床検査専門医がコッソリ教える... 検査のTips!

第5回 この尿所見は一体なんだろう...?

カゲヨミ 見えているのに読めないあなたへ

第5回 AP windowはどんな窓?

みんなで解決!病棟のギモン

第17回 利尿薬は心不全患者の予後を悪くするって本当?

よく使う日常治療薬の正しい使い方

Parkinson病治療薬の選択と使い方

こんなにも面白い医学の世界 からだのトリビア教えます

第35回 氷をバリバリかじる人は病気?

眼科エマージェンシー こんなときどうする?

第21回 もともと見えにくかった眼が突然痛くなった!

新連載 ドクターSの診療ファイル
SDHから探る,患者に隠れた健康問題とは?

第1回 治らない糖尿病の謎

対岸の火事、他山の石

第191回 困ったことと心配なこと

総合診療はおもしろい!〜若手医師・学生による活動レポート

第48回 日本プライマリ・ケア連合学会公式の家庭医療専攻医(=後期研修医)のサポート組織ができました!

特別掲載

ケープタウンで小児外科〜海外での臨床は楽しい!

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示