Home   >    eBookStore   >   医師   羊土社   消化器内科

消化器BooK 炎症性腸疾患を日常診療で診る

日比 紀文, 久松 理一 (企画)

株式会社 羊土社

213 頁  (2010年12月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥4,536 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2012年03月30日

立ち読み   お気に入りに入れる

あらゆる場面に対応できる臨床医を目指すあなたに!
炎症性腸疾患の日常診療に役立つ実践的なテキスト「消化器BooK 炎症性腸疾患を日常診療で診る」が電子版となりました。
“日常診療で使える実践書”である本書を、外来や病棟などいつでも、どこでもお気軽にご利用ください。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:74.4MB以上(インストール時:186MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:17.4MB以上(インストール時:37.9MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784758112352-and-1.png 9784758112352-and-2.png

Tablet

Smartphone


ms.png 9784758112352-iph-1.png 9784758112352-iph-2.png

iPad

iPhone4


専門医だけではなく全ての臨床医が知っておくべきIBDの診断と治療の進め方を実践的に解説.どんな症状からIBDを疑うか,検査の見方やガイドライン,治療法の選択,薬の処方など具体的な記載が日常診療に役立つ


----



----

特集にあたって

付録1:潰瘍性大腸炎の診断と重症度判定に役立つ表

付録2:クローン病の診断と重症度判定に役立つ表

略語一覧

第1章 炎症性腸疾患とは

1)知っておくべき疫学的情報

2)病態・病因・予後

第2章 こんな臨床症状から炎症性腸疾患を疑う

1)潰瘍性大腸炎

2)クローン病を疑う臨床症状について

3)炎症性腸疾患腸管外合併症

第3章 炎症性腸疾患の診断

1)潰瘍性大腸炎とクローン病の診断(総論)

2)血液検査所見の見かた

3)X線診断:炎症性腸疾患におけるX線診断の役割とは?

4)内視鏡診断

① 大腸内視鏡

② カプセル内視鏡・バルーン小腸内視鏡によるクローン病の診断

5)腹部超音波・CT・MRIの有用性

① 炎症性腸疾患の診断における体外式腹部超音波検査の有用性

② CT・MRI の有用性

6)炎症性腸疾患と鑑別を要する疾患

第4章 炎症性腸疾患の内科的治療

1)診療ガイドラインを踏まえた潰瘍性大腸炎の内科治療(総論)

2)診療ガイドラインを踏まえたクローン病の内科的治療(総論)

3)潰瘍性大腸炎・クローン病の治療(各論)

① 5-ASA 製剤の使い方

② 免疫調節薬の使い方(AZA/6-MP,MTX)

③ 白血球除去療法の進め方

④ 副腎皮質ホルモンの使い方

⑤ 経口タクロリムスの使い方

⑥ シクロスポリン持続静注療法

⑦ インフリキシマブの使い方

⑧ 経腸栄養療法の実際

⑨ 肛門病変のコントロール

第5章 知っておくと得する実践に役立つ知識

1)潰瘍性大腸炎におけるサイトメガロウイルス感染

2)炎症性腸疾患とクロストリジウム感染

3)炎症性腸疾患と妊娠

4)免疫調節薬と生物学的製剤のリスク

5)NSAIDsは炎症性腸疾患を悪化させるのか?

6)炎症性腸疾患に対する精神的ストレスの影響

7)どこまで必要?炎症性腸疾患の生活・食事指導

第6章 炎症性腸疾患エキスパートを目指して

1)炎症性腸疾患に対する外科治療の実際

2)小児炎症性腸疾患患者の診療

3)炎症性腸疾患に随伴する発がん

① 潰瘍性大腸炎関連発がんの診断,サーベイランス

② クローン病における直腸・肛門管癌の診断

臨床力を鍛えるCase Study

① 潰瘍性大腸炎

症例提示

strategy 1

strategy 2

strategy 3

② クローン病

症例提示

strategy 1

strategy 2

strategy 3

連載 目指せ!病理に強い臨床医!

第2回 “ワードパワー”を身に付けよう!―消化器病理用語の基礎知識―

索引

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2013年9月13日 18:32)

ちょうどIBDの患者様が入院されてこられた際に非常に勉強になりました。

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示