Home   >    eBookStore   >   研修医   救急外来で   羊土社   救急医学   内科一般   外科   臨床看護

ICUから始める早期リハビリテーション

中村 俊介 (編)

株式会社 羊土社

255 頁  (2016年2月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥4,968 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年03月30日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

早期リハに取り組みたい集中治療医は必携!

経験豊かな先生方が早期リハについてevidenceとして確立されている内容やcontroversialである内容など、基礎となる考え方から種々の問題について多角的に捉えて執筆。高齢化社会に関連する問題である終末期に提供する医療としてのリハについても記載しております。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:39.6MB以上(インストール時:99MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:36.6MB以上(インストール時:79.6MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784758112055-and-1.png 9784758112055-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784758112055-iph-1.png 9784758112055-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


早期リハに取り組みたい集中治療医は必携!「いつから・どこまで・どのように」進めるか,最新のGLやエビデンスを踏まえ解説!更にプログラムや中止基準など実例も多数.効果的な早期リハを実践する力が身につく!


----


全国にある多くの救命救急センターや集中治療室では,今日も医師,看護師らによるチームが,生命を維持することすら困難な重症患者に対して,救命を第一に治療を進めています.しかし,救命すなわち治療の成功ではないことは,すべての医療者にとって周知の通りです.近年,救命された重症患者について,生活自立度など長期予後に関する調査研究がいくつか報告されました.その結果,救急・集中治療に携わる医療者は,患者の退院後の生活まで視野に入れた,効果的な治療計画を実施することが求められるようになっています.

私が脳神経外科医として学びはじめた頃,ベッドサイドでのリハビリテーション(以下リハ)はまだ十分に行われておらず,リハ室に移動できない患者に対しては,看護師が関節可動域訓練を行っていました.当時から,重症患者が少しでも機能障害の少ない状態に回復し,社会復帰してほしいという願いは,すべての医療者において全く変わらないものです.

救急・集中治療の領域において,リハは積極的に進められるようになりつつあります.一方,本書のなかでも解説されていますが,脳卒中に対する超急性期リハについては,否定的な結果を示す報告があります.しかし早期リハの目的は,早期に開始することではありません.早期リハについても科学的な評価,検討を行い,evidence-basedmedicineを展開すべきであると考えますが,医療は生活している人を対象としているので,全人的アプローチとしてリハを進めるためにnarrative-based medicineの側面も重要となります.今後,早期リハが有効なアプローチとなるように,安全で効果的な内容について検討を進めることが重要であり,さらに研究を進める必要があると考えます.

本書では経験豊かな先生方によって,早期リハについてevidenceとして確立されている内容やcontroversialである内容など,基礎となる考え方から種々の問題について多角的に捉え,執筆いただきました.また,高齢化社会に関連する問題である終末期に提供する医療としてのリハについても記載しております.本書が,救命救急センターや集中治療室で重症患者のために日夜努力されている医療者の一助となれば幸いです.


2016年1月

中村俊介


----

執筆者一覧

Colo.Atlas

第1.早期リハビリテーションの基礎

1.救急・集中治療領域における早期リハビリテーションの考え方とは?

2.不動で起こる問題とは何か?

3.ICUにおいてADLをどう評価し,拡大させるのか?

4.高度侵襲下でのリハビリテーションの諸問題

5.チームアプローチとしての早期リハビリテーショ.~チームの構築をどう進めるのか

第2.リハビリテーション視点からの評価とリスク管理

1.いつから早期リハビリテーションを開始するか?

2.安全に早期リハビリテーションを行うには.~中止や再開の基準は?

3.早期リハビリテーションの内容決定と進め方は?

第3.早期リハビリテーションの実際

1.ABCDEバンドル,PAD/J-PADガイドラインにみる早期リハビリテーション

2.鎮静・鎮痛とリハビリテーション

3.人工呼吸管理と急性期呼吸リハビリテーション

4.ICU・CCUからはじめる心臓リハビリテーション

5.敗血症治療時における早期リハビリテーション

6.脳卒中・頭部外傷に対する早期リハビリテーション

7.重症整形外傷に対する早期リハビリテーション

8.熱傷に対する早期リハビリテーション

9.小児ICUでの早期リハビリテーション

10.ICUからはじめる摂食嚥下リハビリテーション

11.栄養管理と早期リハビリテーション

12.排泄障害と早期リハビリテーション

13.早期リハビリテーションと感染管理

14.ICUにおける運動療法の実際

15.ICUにおける作業療法の実際

16.高次脳機能障害と早期リハビリテーション

17.ソーシャルワーカー介入はいつから.~当院での実際

第4.困難な状況でのリハビリテーション

1.ECMO施行時の早期リハビリテーション

2.深部静脈血栓症と早期リハビリテーション

3.集中治療領域における終末期医療とリハビリテーション

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示