Home   >    eBookStore   >   研修医   羊土社   麻酔科   臨床看護

麻酔科医として必ず知っておきたい周術期の循環管理

国沢 卓之 (編者)

株式会社 羊土社

350 頁  (2016年5月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥7,992 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2017年08月10日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

循環管理のエキスパートがわかりやすく解説!

「循環管理を始める前に」「モニタリングの実際」「実際の循環管理」の三部構成で基本原理から実践までがよくわかります。麻酔科専門医を目指す専攻医はもちろん、周術期の麻酔に携わる医師や、臨床工学技士、看護師など幅広い方におすすめです。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:55.4MB以上(インストール時:138.4MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:45.8MB以上(インストール時:99.6MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784758111164-and-1.png 9784758111164-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784758111164-iph-1.png 9784758111164-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


麻酔科専門医をめざす専攻医は必読の,本格的に循環管理を学ぶための入門書!各種循環モニターの原理と特徴,機器ごとの違いがよくわかる!周術期の麻酔に携わる医師や,臨床工学技士,看護師など,幅広い方におすすめ!


----


周術期管理において,循環モニターと循環制御が重要であることに議論の余地はなく,すべての職種において,絶え間なく,また,意識することなくかかわり合っている内容と思われます.しかしあまりに日常で触れ合う機会が多く,つきつめてモニタリング機器の原理を理解したり,異常値が生じるメカニズムを考えたりする機会が少ないかもしれません.また,次々と臨床に登場する数多くの機器の功罪や差違を,包括的に整理する機会はさらに少ないかもしれません.しかしながら麻酔関連の学会での演題区分を見てみると,循環管理に関する演題比率はとても多いため,これらの領域の関心の高さと臨床的重要性が示されていることが想像されました.

そこでこのたび,循環管理を極める前の段階で,各種モニターをわかりやすく解説し,機種ごとの特徴や差違を網羅した書籍を作成できないかと本書を企画させていただきました.さらにこれらを理解するうえで,必要な原理の解説や実機の紹介,実例を挙げた循環管理も実践には必須と考え,これらを含んだ項立てをさせていただきました.麻酔科専門医をめざす医師の必携の書となることを願って制作を進めさせていただきました.

ご執筆に関しては,麻酔科および麻酔科以外の科目をご専門とする循環管理のエキスパートの先生方を筆頭に,これからの麻酔科学会を牽引していっていただける若手医師の先生方にも多くご担当いただきました.読者の皆様におかれましては,そのエネルギーを感じながら読み進めていただけますと幸いです.また,初稿を拝読して,私は予期せぬ嬉しい誤算がございました.これは執筆者の先生方の熱意で,わかりやすい表現でありながら内容的には成書にひけをとらない項が数多く存在していることです.このため各科専門医・専攻医・初期研修医・看護師・臨床工学技士など,どなたが手にされても臨床の参考になる項が多く含まれる書籍が完成したと嬉しく感じさせていただいております.

本書が臨床現場の皆様,ひいては患者様に大きな恩恵をもたらすことを祈念して,序文とさせていただきます.皆様のご活躍を心より祈念しております.


2016年4月

旭川医科大学 麻酔・蘇生学講座
国沢 卓之


----

第1部 循環管理を始める前に

第1章 温故知新

1.Frank-Starlingの法則

2.Guytonの静脈還流曲線

3.Forrester分類

4.Stevenson/Nohria分類

5.圧容量曲線

6.Fickの原理

7.Stewart-Hamilton法とpulse contour法

8.肺動脈カテーテルの功罪

9.抵抗係数(RI)と拍動係数(PI)

10.自然周波数と減衰係数

11.Westのzone分類

12.後負荷の評価とその重要性

第2章 新しい機器のトピックス

1.フロートラックの第4世代アルゴリズム

2.上大静脈血酸素飽和度測定の功罪

3.EV1000の肺血管外水分量

4.Radical-7®によるPIとPVI測定

5.LiDCOrapidの新世代アルゴリズム

6.エスクロンTM

第3章 難しそう,でも有用な概念

1.早期目標指向型治療(EGDT)

2.周術期GDTプロトコルを利用した術中管理

3.術後回復能力強化プログラム(ERASプロトコル)

4.目標指向型輸液管理(GDT)

5.輸液反応性

6.動的指標

第4章 正しく理解していますか?

1.心機能とは

2.EF

3.前負荷の3段階 〜静的指標は常に劣勢か?〜

第2部 モニタリングの実際

第1章 多くの情報が得られる機器

1.心電図 〜心拍数・不整脈・虚血のモニター〜

2.経食道心エコー検査

 A)モニターとしての役割

 B)基礎的検査

 C)診断すべき異常所見

第2章 実際の測定項目:直接指標

1.非観血的動脈圧

2.観血的動脈圧

3.中心静脈圧

4.肺動脈圧/肺動脈楔入圧

5.混合静脈血酸素飽和度(SvO2)

6.心拍出量①(希釈法を利用した計測)

 A)熱希釈法

 B)経肺熱希釈法

 C)色素希釈法

 D)リチウム希釈法

7.心拍出量②(その他)

 A)動脈圧波形解析法

 B)脈波伝播時間解析法

 C)ドプラ法

 D)バイオインピーダンス法・バイオリアクタンス法

 E)容積補償法

 F)部分的二酸化炭素再呼吸法

 G)経食道心エコー

第3章 実際の測定項目:間接指標

1.尿量

2.乳酸値

3.静脈-動脈血二酸化炭素分圧較差(PCO2 gap)

4.カプノメーター

5.体温モニター

6.運動誘発電位(MEP)

7.脳代謝モニタリング

 A)頸静脈血酸素飽和度(SjO2)

 B)近赤外線分光法(NIRS)

8.脳循環モニタリング

 A)経頭蓋超音波ドプラ法(TCD)

 B)眼血流

9.人工心肺機能モニタリング

第3部 実際の循環管理

第1章 循環管理の方法

1.循環作動薬の種類と使用法

2.機械的補助循環を利用した循環管理

第2章 一般手術の循環管理

1.不整脈合併患者の麻酔

2.心疾患合併非心臓手術の麻酔

3.小児麻酔

4.産科麻酔

5.ロボット支援手術

第3章 心臓手術の循環管理

1.心臓手術

2.小児心臓手術

3.大血管手術

4.人工心肺中

5.低侵襲心臓外科手術(MICS)

6.ロボット支援心臓手術

7.経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI)

第4章 手術室外の循環管理

1.集中治療領域の循環管理

2.救急領域の循環管理

3.NICUでの循環管理

第5章 トラブルシューティング

1.INVOSTM 5100C使用中のrSO2低下

2.血圧上昇

3.動的指標は輸液過剰の指標になりうるか?

4.体動がSpO2に与える影響

5.低酸素血症時のSpO2測定

6.自発呼吸時の動的指標


索引

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示