リハビリに直結する!運動器画像の見かた

河村 廣幸 (編)

株式会社 羊土社

279 頁  (2017年10月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥5,184 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年06月29日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

画像診断ではなく,理学療法のための画像の見かたがわかる入門書!

必要なところから拾い読みOK◎診断のための書籍ではなく、画像から損傷組織をどう類推するか、運動療法の適応・禁忌をどう考えるかという「リハビリのための書籍」をめざしました。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:56.5MB以上(インストール時:141.2MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:56.4MB以上(インストール時:122.7MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784758102230-and-1.png 9784758102230-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784758102230-iph-1.png 9784758102230-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


画像診断ではなく,理学療法のための画像の見かたがわかる入門書!画像の基本的な見かたはもちろん,損傷部位の類推,運動療法の適応・禁忌,リスク管理や予後予測まで,臨床に活かせる考えかたが身につく!


----


私が理学療法士になったころは,画像といえばX線画像がほとんどであり,まれに解像度の低いCT画像を見る程度でした.その後,MRIやエコーなどが登場したかと思えば,おのおのの画像の撮影方法の種類と精度は年々向上し,理学療法を行ううえで有用となる画像情報は一気に増加しました.そのため,臨床に出ると多種多様な画像を見る必要に迫られることとなり,学生時代にきちんと学習していなかったため困ってしまうという意見をよく聞きます.学校の授業では,画像を教える先生は画像が正常か異常かという見かただけを教え,理学療法を教える先生は疾患の特徴を教えるために画像を示すだけで,どちらも画像と理学療法を結びつけるような指導はほとんどなされていないのではないでしょうか.

そのような背景もあり,最近セラピストのための画像の見かたについての書籍が数多くみられるようになりました.しかし,その多くは従来からの画像診断的要素が強いものを,ところどころ理学療法士にもわかりやすく説明するに留まっています.そのため,画像所見から何をすればよいのか,あるいは何をしてはいけないのかという示唆を与えるものはほとんどみられません.例えば,「骨折部を跨いで負荷をかけてはいけない」というような,ごく初歩的な考えかたについても述べられているものはそう多くないと思います.

そこで,本書では「リハビリテーションに活かす!」という趣旨のもと,診断のための書籍ではなく,画像から損傷組織をどう類推するか,運動療法の適応・禁忌をどう考えるかという,リハビリのための書籍をめざしました.画像の専門家でもなく,授業においても十分な教育を受けていない学生や経験の少ないセラピストにもわかりやすいように,こんな画像のときにはどう考え,どう対処するというまさにリハビリに直結する形をとっています.

医療画像の取得方法や基礎理論については,それを撮影する放射線技師(一部理学療法士)に説明してもらっているので,理論的背景を知りたいときには参考にしてください.また,医師はX線画像やMRIなどをオーダーする際に,それぞれの画像に何を求めるのか,セラピストにはどのような点について注意して見て欲しいのかというように,チーム医療のなかでの画像という点についても言及しています.

本書の構成は最初から読み解くような種類のものではなく,必要なところから拾い読みしていけばよいように構成しています.臨床で,あるいは実習で画像の理解に困ったとき,実際の画像と比較しながら本書を見ていくと,画像を読むことの面白さや疾患像の理解がずっと深まっていくことが感じられると思います.

最後に,本書を作成するにあたり,ご尽力いただきました羊土社の鈴木美奈子様・大家有紀子様に深謝いたします.


2017年10月

森ノ宮医療大学保健医療学部理学療法学科
河村 廣幸


----

第1章 セラピストに必要な画像の基礎

§1 X線画像

1 X線画像の基本

2 医師は何を見ているのか

§2 CT

1 CTの基本

2 医師は何を見ているのか

§3 MRI

1 MRIの基本

2 医師は何を見ているのか

§4 エコー

1 エコーの基本

2 医師は何を見ているのか

第2章 骨折の見かた

1 骨折と運動療法の関係

2 上肢の骨折

3 下肢の骨折

4 脊柱の骨折

第3章 変形性関節症の見かた

1 変形性関節症の画像所見と運動療法の関係

2 変形性股関節症

[Side Note] 股関節の形態視標のいろいろ

3 変形性膝関節症

4 変形性脊椎症

5 変形性足関節症

6 変形性手・肘関節症

第4章 人工関節の見かた

1 総論

2 人工股関節

3 人工膝関節

4 人工肩関節

5 人工肘関節

第5章 肩関節疾患の見かた

1 肩関節疾患の画像所見と運動療法の関係

2 反復性肩関節脱臼

3 腱板断裂(腱板損傷)

第6章 関節リウマチの見かた

1 関節リウマチの画像所見と運動療法の関係

2 骨萎縮

3 頸椎と四肢の変形

4 強直

5 ムチランス変形

6 関節形成術・関節固定術

第7章 悪性腫瘍の見かた

1 悪性骨腫瘍と運動療法の関係

2 四肢の悪性骨腫瘍

3 脊椎の悪性腫瘍

4 骨転移の評価とリスク管理

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示