Home   >    eBookStore   >   学生   丸善出版   免疫学   薬学   コメディカル

薬学生・薬剤師のためのコンパクト免疫学

松井 勝彦 (著)

丸善出版 株式会社

180 頁  (2018年3月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥3,240 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年06月29日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

薬学生および薬剤師にとって必要な免疫学を体系的にまとめ、かつ最新の知見を網羅したテキスト。

豊富なイラストで免疫学の基礎や免疫関連疾患をわかりやすく解説!学生が本当に身に着けておくべき重要な内容を厳選し、免疫学の全体像も把握できる構成となっています。免疫関連疾患の発症メカニズムの基本や薬品添付文書の免疫学情報を理解するうえでも役に立つ一冊です。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:23.4MB以上(インストール時:58.4MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:20MB以上(インストール時:43.5MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784621302828-and-1.png 9784621302828-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784621302828-iph-1.png 9784621302828-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


薬学生および薬剤師にとって必要な免疫学を体系的にまとめ、かつ最新の知見を網羅したテキスト。

免疫学の基礎をイラストを用いて簡潔に解説した"基礎免疫学編"と、免疫関連疾患の"臨床免疫学編"からなり、読者が混乱しないよう、ほんとうに必要で重要な内容に厳選しながらも免疫学の全体像を把握できるようにまとめた書籍。各章の終わりには各章で解説した重要な事象やキーワード、学習ポイントのまとめと確認問題がついており、読者の理解を深め、整理がしやすいように工夫がされている。免疫関連疾患の発症メカニズムの基本や医薬品の添付文書に記載されている免疫学的情報を理解するうえでも役立つ一冊。


----


はじめに

薬学生および薬剤師は,感染症・アレルギー・自己免疫疾患・免疫不全症・移植片拒絶・腫瘍免疫・予防接種などを正しく理解するために,免疫学的知識の修得を必須とする。免疫学は比較的新しい学問ではあるが,その始まりはエドワード・ジェンナーによる牛痘接種による天然痘予防の発見(1796年)に端を発する。特にここ30年間ほどの免疫学の進歩は凄まじく,膨大な量の知識が蓄積されるに至っている。しかも数年前まで正しかった知識が,突然,修正を余儀なくされるといったことも決して珍しくはない。

私の学生時代には,免疫学は微生物学の中の一部として教育されていた。今でも手元にあるその頃の教科書を開いてみると,免疫学に関する記載は約600ページ中の70ページほどである。その気になれば,1日で免疫学の試験勉強が終了してしまうほどの量であった。その時代の教育を受けて大学を卒業した大部分の薬剤師は,特に意識して免疫学を勉強することもなく,病院や薬局での実務に追われてきたことであろう。そして医療の進歩の中で,自分の知識不足を実感する場面に遭遇することもしばしばあるのではないだろうか。それでは,最近の薬学生のすべてが免疫学を十分に理解したうえで社会へ巣立っているのかというとそれもまた疑問である。免疫学は多くの学生にとって大いに興味を引くおもしろい学問であることは間違いないのだが,その反面,体系的に理解するのが非常に難しいようである。その理由を考えてみると,溢れるほどの情報の中で何をどこまで理解し,どのように体系づけて覚えればよいのかがわからないということに尽きるのではないかと思う。それはおそらく,現場で多忙を極める薬剤師にとっても同じではないだろうか。

このような問題点を解決するために本書を執筆するにあたって注意したことは,免疫学をストーリー仕立てで体系的に理解させること,要求する知識をできる限りコンパクトにすること,基礎免疫学と臨床免疫学をスムーズにリンクさせることの3点である。免疫学を初めて学ぶ薬学生が読んでも理解でき,しかも一定以上のレベルを保ちつつ,日本一わかりやすい薬系免疫学のテキストの完成を目指した。薬剤師を目指す学生であれば,免疫学関連の国家試験対策に本書1冊で十分に対応できるだろう。薬学研究者を目指す学生であれば,創薬研究に必要とされる免疫学的知識の基本を本書で十分にまかなえるだろう。また,現役の薬剤師であれば,免疫関連疾患の発症メカニズムの基本や医薬品の添付文書に記載されている免疫学的情報が十分に理解できるようになるだろう。内容はコンパクトであるが,本書の内容を理解できれば,もう一段上のクラスの本を読みこなせる知識は十分に身につくはずである。ぜひとも本書の端から端まですべてを読んでほしい。そして本書を完読した読者が,免疫学をより身近なおもしろい学問として捉えてくれれば,私にとってはこのうえない喜びである。

最後に,本書出版の機会を与えて下さった丸善出版株式会社に謝意を表すとともに,出版に際して多大なご協力をいただいた長見裕子氏,ならびに度重なる私の要求に最後までお付き合いいただいたイラストレーターの菊地和樹氏に深く感謝する。


2018年初春

松井 勝彦


----

基礎免疫学編

1章 免疫システムの基本構造

2章 自然免疫

3章 リンパ球レセプターの構造と抗原認識

4章 リンパ球レセプターの多様性と特性

5章 抗原提示とT細胞の活性化

6章 リンパ球の発生と分化

7章 T細胞を介する免疫系(細胞性免疫)

8章 B細胞を介する免疫系(液性免疫)

9章 抗体産生の誘導と検出

10章 基礎免疫学編の要約

臨床免疫学編

11章 過敏反応とアレルギー

12章 自己免疫疾患

13章 移植免疫

14章 先天性免疫不全症

15章 腫瘍免疫

16章 ワクチン

17章 臨床免疫学編の要約


索引

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示