Home   >    eBookStore   >   学生   教科書で学ぶ   南山堂   法医学

検死ハンドブック

高津 光洋 (著)

株式会社 南山堂

510 頁

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥9,180 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2011年05月07日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

異状死体の検視や検死に係わる方々のハンドブックとしておすすめの「検死ハンドブック 改訂2版」が電子書籍になりました。

この商品を買った人はこんな商品も買っています


画像診断のトリビア
¥2,052

抗菌薬の考え方,使い方ver.3
¥4,320

呼吸のトリビア ―レスピ・サピエンス―
¥2,052

救急外来 ただいま診断中!
¥6,912

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク未対応 YNリンク未対応 南山リンク未対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:115.5MB以上(インストール時:288.7MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:20.7MB以上(インストール時:45MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784525190026-and-1.png 9784525190026-and-2.png

Tablet

Smartphone


ms.png 9784525190026-iph-1.png 9784525190026-iph-2.png

iPad

iPhone4


本書は著者の実務における経験を踏まえ,現場ですぐに役立つ情報を要領よくまとめた.また,種々の現象や所見の基礎的な内容も重視した.図表を多くし,できる限り箇条書きにし,索引を充実させることにより,利用しやすくした.異状死体の検視や検死に係わる方々のハンドブックとしておすすめする.


----


本書の初版が発行されてから12年余りが経過した.この間,本書が死体検案や法医解剖等に携わる法医学者や死体検案医,検死や検視を担当する警察や司法関係者のみならず,法医学に興味のある一般の多くの読者に広く活用されていることは,筆者にとって望外の喜びである.

初版の序に記載した通り,本書の基本的な目的は異状死体の届出とそれに続く検視,死体検案,法医解剖等が適切に行われることである.しかし,初版発行以後の新しい知見のみならず,医療関連死と異状死との関連性,裁判員制度の導入,死後画像診断の活用,感染症の届出,死因究明制度の検討などについても適切な対応が求められているので,改訂に際してこれらの項目について要点を加筆した.さらに,図表の追加,重要項目(!)と筆者のコメント(△)の明示,脚注の活用,表現の簡略化など,ハンドブックとして活用しやすいように心がけた.

本書が法医学専門家や検視・検案実務家の役に立てるだけでなく,学生や法医学に興味のある一般の読者の法医学の理解や学習の一助となることを心から念願している.

最後に,本書の改訂の機会を与えて下さり,積極的なご尽力をいただいた南山堂編集部の皆様に心から感謝申し上げる.


2009年 初春

高津 光洋


----


1 死体検案と法医解剖

A.異状死体について

1.異状死体とは

2.変死体との関連性

3.異状死体の届出

4.医療関連死と異状死体

5.わが国における取り扱い

B.死体検案

1.死体検案とは

2.種類と重要性

3.検視との関連性

4.限界と法医解剖の重要性

C.法医解剖

1.司法解剖と行政解剖

2.監察医制度

3.診断事項

4.病理解剖か,法医解剖か

5.解剖医の資格

6.日本法医学会法医認定医,死体検案認定医

D.法医鑑定

1.鑑定とは

2.鑑定の手続き

3.鑑定書について

4.再鑑定

5.証人と鑑定証人

6.裁判員制度との関連性

2 死の診断学

A.内容と重要性

1.臨床領域での問題

2.死体検案に関する問題

B.死の判定

1.個体死について

2.死の徴候

3.仮 死

C.死体現象

1.生から死への移行

2.重要性と種類

3.影響を受ける因子

4.早期死体現象

5.晩期死体現象

D.死亡時刻の推定

1.社会的重要性と問題点

2.実際の推定方法

E.死因の判定

1.重要性と問題点

2.概念と分類

3.死因判定の条件と実際

F.死因の種類

1.定義と分類

2.社会的重要性と問題点

3.病死か,外因死か

4.判定の実際

3 死体検案の実際

A.一般的注意事項

1.死亡の確認

2.死体や遺族への注意

3.死体観察時の注意

4.検案時の問診

5.写真撮影時の注意

6.法医解剖との関連性

7.後頭窩(下)穿刺について

8.死後画像撮影の活用

B.用具

C.外表検査

1.全身所見

2.局所所見

D.創傷の検査

1.一般的注意事項

2.損傷の定義と分類

3.各部の名称

4.観察事項

5.診断事項

6.種類と特徴

7.自為か,他為か

E.交通事故死

1.診断事項

2.死体検案時の注意事項

3.交通外傷の一般的特徴

4.交通事故の力学

5.歩行者の損傷

6.運転者,同乗者の損傷

7.自動二輪車事故

8.自転車事故

F.小児の死体検案

1.一般的事項

2.嬰児殺

3.児童虐待

G.窒息死体

1.問題点と注意事項

2.窒息の基本事項

3.検案の実際

H.異常温度による死亡と死体検案

1.分類

2.局所障害と全身性障害

3.生前か,死後か

4.熱傷

5.焼死

6.熱中症

7.低体温症(凍死を含む)

I.感電死体

1.一般的事項

2.死体所見

3.診断と注意事項

4.雷撃死

J.強姦死体

1.一般的事項

2.強姦を疑う所見

3.検案時の注意点

K.中毒死体

1.問題点

2.一般的事項

3.死因の種類との関係

4.診断と注意事項

5.薬毒物分析法の概略

6.アルコール中毒

7.その他の薬毒物中毒

L.診療(医療)関連死体

1.一般的事項

2.救急医療に基づく主な損傷

3.電気的除細動

4.気管内挿管

5.気管切開

6.気管内吸引

7.注射針痕(ドレナージ痕)

8.手術創痕

9.内視鏡やカテーテル挿入痕

M.白骨死体の検案

1.一般的事項

2.性別の判定

3.年齢の推定

4.身長の推定

5.骨の異常

6.死後経過時間の推定

7.個人識別

4 死体検案書の作成

A.死亡診断書と死体検案書

1.意義と重要性

2.法律上の交付義務

3.死亡診断書と死体検案書の使い分け

4.様式

B.作成上の注意事項

1.作成時の心構え

2.記載上の注意事項

C.死胎検案書の作成

1.意義と重要性

2.死産証書(死胎検案書)作成の対象

3.死産証書と死胎検案書

4.作成上の注意事項

5.死体検案書との使い分け

5 個人識別

A.一般的事項

1.個人識別とは

2.個人識別が必要な場合

3.個人識別の指標

B.個人識別の検査対象

1.死体の外観の特徴

C.性別判定

1.外性器,内性器からの判定

2.法医生物試料からの性別判定法

D.歯からの個人識別

1.個人識別における歯の重要性

2.歯から推定できること

3.歯の記録

4.死体における歯の観察

5.歯の特徴的所見

6.歯の治療法と記載方法

7.歯の損傷

8.その他

E.DNA分析

1.一般的事項

2.DNA多型の検査法

3.DNA分析の法医学的応用

F.血液型判定

1.血液型とは

2.分類

3.血液型の応用

4.検査試料

5.血液型検査法

6.検案,解剖時の注意事項

6 法医解剖の実際

A.基本的事項

1.意義と重要性

2.原則的事項

3.種類と対象

4.作業のあらまし

5.執刀者について

6.注意事項

7.写真撮影

8.X線撮影

9.検査試料の採取,保存

10.解剖記録の作成

11.解剖結果の説明

12.解剖報告書,鑑定書の作成

13.病理解剖との相違点

B.具体的な法医解剖の方法

C.突然死の法医解剖

1.突然死とは

2.発生頻度と概要

3.法医学的特徴と社会的重要性

4.法医解剖の実際

5.心臓突然死

6.心疾患以外の主な疾患

7.乳児の急死

8.病死(内因死)か,外因死か

D.受傷機転の分析

1.一般的事項

2.凶器の種類の推定

3.受傷機転の推定

4.注意事項

E.創傷と死因

1.外力の直接作用による臓器損傷

2.出血

3.ショック

4.塞栓症

5.外傷性窒息

6.感染症

7.循環障害

F.生活反応(生体反応)

1.定義

2.重要性

3.判定の難しい場合

4.生活反応の種類

5.法医学上問題となる生活反応

6.死体以外の状況からの生活反応の推定

G.経時的変化の分析

1.重要性

2.受傷後の経過時間の推定

H.受傷後の行動能力

1.頭部外傷

2.脊椎・脊髄損傷

3.頸部外傷

4.胸部外傷

5.腹部外傷

6.骨盤・四肢損傷

I.組織学的検査

1.重要性

2.組織学的検査の特殊性

3.肉眼的観察の重要性

4.組織学的検査の実際

J.身体部位別損傷

1.頭部外傷

2.顔面損傷

3.頸部外傷

4.頸椎・頸髄損傷

5.胸部外傷

6.腹部外傷

7.骨盤骨折

8.四肢損傷

9.多発外傷

7 物体検査

1.一般的事項

2.血痕検査

3.精液検査

4.毛髪

5.その他の物体検査

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2013年4月24日 13:56)

図入りで非常に解りやすく、必要な事が紙の本を取り出さなくても直ぐに検索出来るため役にたっています。まだ操作性を十分理解していないので、リンク・メモなどが上手く使える様になればもっと便利になると思います。

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示