Home   >    eBookStore   >   医師   中山書店   ガイドライン   小児科   内分泌・代謝

小児内分泌学会ガイドライン集

日本小児内分泌学会 (編集)

株式会社 中山書店

360 頁  (2018年2月)

iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥5,060 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2019年08月23日

日本小児内分泌学会が関連学会との協力のもと作成した,学会初の診療ガイドライン集

小児の成長・発達・成熟にかかわる内分泌分野の疾患は,成長障害や甲状腺疾患,糖尿病など多岐にわたる.
これらに関係したガイドラインをひとつにまとめ,日常診療のリファレンスとしても役立つようにしました。付録には成長曲線のグラフを付けるなど,実用書として専門家なら必ず手許に置きたい一冊.

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応(Android未対応) YNリンク対応(Android未対応) 南山リンク対応(Android未対応)

製品説明

Android 非対応 対応しておりません。
外部メモリ:58.3MB以上(インストール時:125.3MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:11.9MB以上(インストール時:33.2MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら



9784521745756-iph-1.png 9784521745756-iph-2.png

タテ

見開き


日本小児内分泌学会と,関連する諸学会の協力によってつくられた,この分野のガイドラインを網羅してまとめた,学会初のガイドライン集.小児の成長・発達・成熟にかかわる内分泌分野の疾患は,成長障害や甲状腺疾患,糖尿病など多岐にわたる.これらに関係したガイドラインがひとつにまとまって,付録には成長曲線のグラフを付けるなど,実用書として専門家なら必ず手許に置きたい一冊.


----


この度,『小児内分泌学会ガイドライン集』が発刊されることとなりました.このガイドライン集が,多くの小児内分泌を志す医師に用いられ,小児内分泌学の発展に寄与することを確信しております.

この発刊までには,長い時間がかかりました.まず,2009年に当時の藤枝元理事長に対して学会のホームページに掲載されていたガイドライン類をまとめて「日本小児内分泌学会ガイドライン集」として発刊したいという中山書店からの企画提案があり,その後,横谷前理事長のもとで,「ガイドライン」と呼ぶに相応しい内容にすべく,皆川真規委員長ほか8名の理事・評議員をメンバーとし,「ガイドライン検討ワーキンググループ」が2010年に発足しました.その後,このワーキンググループは,「日本小児内分泌学会ガイドライン委員会」へと発展し,2014年度からの第3期ガイドライン委員会には,皆川真規委員長をはじめとする日本小児内分泌学会理事・評議員のほかに,外部委員として中山健夫先生(京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻健康情報学教授)に加わっていただいております.このように,日本小児内分泌学会は,適切なガイドラインの作成に向かって着実に進んでおります.なお,ガイドライン作成には多大な労力と時間を要します.しかし,幸いなことに,日本小児内分泌学会には,多くの常設委員会や疾患検討委員会が設置され,積極的な活動がなされております.そして,現在も新しいテーマのガイドライン作成に取り組んでおり,必ずよい診療ガイドラインが次々と作成されてゆくものと確信しております.

このガイドラインの内容は,作成当時(およびその後の改訂当時)の医学的エビデンスに基づくものであり,医学の進歩に合わせた修正を行っていく必要があります.evidenceとは,ある条件の下で正しいと思われるものであり,この点,普遍的な真理を表すproofとは異なります.私たちは,これからも診療ガイドラインの基となる診断・治療のエビデンスを得るための多施設共同研究の推進など,時代に即したよりよい医学的evidenceを見いだす努力と,それを反映したガイドライン作成に努める所存です. 最後に,この『小児内分泌学会ガイドライン集』発刊に際し,関係各所の方々に厚くお礼申し上げます.特に,多大なご負担を担っていただいた皆川委員長をはじめとする「日本小児内分泌学会ガイドライン委員会」ならびに中山書店の皆様に心からお礼申し上げます.


2017年9月

日本小児内分泌学会理事長
浜松医科大学小児科教授
緒方 勤


----

Ⅰ 成長障害

日本人小児の体格の評価

成長ホルモン分泌不全性低身長症の小児期の成長ホルモン治療から成人期の成長ホルモン治療への移行ガイドライン

SGA性低身長症におけるGH治療の手引き

1.SGA性低身長症におけるGH治療のガイドライン

2.SGA性低身長症におけるGH治療の実施上の注意

II 性分化疾患と性発達異常を伴う疾患

ターナー症候群におけるエストロゲン補充療法ガイドライン

性分化疾患初期対応の手引き

性分化疾患対応の手引き(小児期)

III 副腎疾患

21-水酸化酵素欠損症の診断・治療のガイドライン(2014年改訂版)

21-水酸化酵素欠損症の診断・治療のガイドライン(2014年改訂版)推奨版

IV 甲状腺疾患

先天性甲状腺機能低下症マス・スクリーニングガイドライン(2014年改訂版)

先天性甲状腺機能低下症マス・スクリーニングガイドライン(2014年改訂版)推奨版,Q&A

小児期発症バセドウ病診療のガイドライン2016

小児期発症バセドウ病診療のガイドライン2016推奨版,Q&A

V カルシウムとビタミンD関連疾患

骨形成不全症の診療ガイドライン

ビタミンD欠乏性くる病・低カルシウム血症の診断の手引き

VI 糖代謝異常症

先天性高インスリン血症診療ガイドライン

VII 疾患と内分泌異常

小児がん経験者(CCS)のための内分泌フォローアップガイド

付録

横断的身長・体重曲線

肥満度判定曲線

放射性ヨウ素への被ばくに対し安定ヨウ素剤(ヨウ化カリウム)を予防服用した妊婦から出生した児および同じく小児の管理指針-初期管理編

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2019年9月 5日 14:19)

通常のガイドラインです。鑑別診断する際に一括検索て引っかかるときは便利です。

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS/AndroidOS: M2Plus Launcher
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
通常:セット商品
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示