Home   >    eBookStore   >   研修医   中山書店   小児科   精神科

データで読み解く発達障害

平岩 幹男 (総編集)

株式会社 中山書店

256 頁  (2016年5月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥8,640 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2017年12月15日

立ち読み   お気に入りに入れる

発達障害をデータから読み解く・理解が深まる!

自閉症スペクトラム障害(ASD)、ADHD、学習障害、Tourette症候群、発達性協調運動障害、選択性緘黙、表出性言語遅滞、これら発達障害について、今わかっていることを総説的にまとめました。信頼できるデータに基づく疫学、検査、自然経過・成人移行、治療・療育の効果、学校対応、行政的支援が紹介されています。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:51.2MB以上(インストール時:128.1MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:17MB以上(インストール時:37MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784521743714-and-1.png 9784521743714-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784521743714-iph-1.png 9784521743714-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


自閉症スペクトラム障害(ASD),ADHD,学習障害,Tourette症候群,発達性協調運動障害,選択性緘黙,表出性言語遅滞,これら発達障害について,いまわかっていることを総説的にまとめた.

信頼できるデータに基づく疫学,検査,自然経過・成人移行,治療・療育の効果,学校対応,行政的支援が紹介され,専門家による国内最高レベルの編集は,今後改訂を重ねるごとにデータバンクとなるだろう.


----



発達障害―scienceとpracticeの間

本書は子どもから成人までの幅広い年齢層の中で,主として子どもたちを対象として発達障害について,さまざまな側面からまとめることとなった.まずは本書の執筆にご助力いただいた多くの先生方に心から感謝の意を表したい.

臨床的には発達障害では,自閉症スペクトラム障害(ASD)であれば言語発達の遅れを主訴として受診することがある.臨床はpracticeなので,診断をすることだけではなく,どのようにして主訴に対応するかを考え,それを実践することが使命でもある.しかしながら何ができるかがpracticalに知りたい受診者と,検査や診断に走りがちな医療者との間にはしばしば溝が存在する.たとえば身体障害を抱えていても義足の装用により歩けることができるようになれば,障害そのものは治らなくとも社会生活上の困難は大幅に軽減される.ASDにおいても,国際的には個別の適切な療育によって大きく発達面の改善を示す子どもたちが少なからず存在することが明らかになってきたが,わが国ではまだまだ診断や経過観察,質的担保の乏しい療育などにとどまっていることも多く,その意味ではpracticalな対応が普遍的にできているとは言い難い.

しかし一方では,個別に適切な療育を行うことはいわば経験則の中での積み上げであり,である以上すべての子どもたちに有効とは限らない.実際に筆者が3歳で単語レベルの発語の子どもたちにさまざまな療育的対応を試みても,約半数は通常学級への就学が可能になるが,十分な発達が得られない群も多い.その意味ではpracticeのみの積み重ねでは明確に限界がある.

最近ではASDの遺伝子検索やモデルマウスの作成,MRIでのfibertrackingのデータの集積など,毎年数多くの報告がなされている.これらは経験則ではなく,evidenceに基づいているが,その結果から何をpracticalに行うかが明らかになるまでのscienceとしての寄与ができるまでには至っていない.今後は特定の遺伝子異常やfiberの走行に対して特定の療育方法が有効であることが証明される可能性もあるし,超早期診断による超早期介入の可能性もある.遺伝子治療も夢ではないかもしれない.

臨床家はpracticeだけではなくscienceの進歩からpracticeのヒントを掴むことが可能な場合もあるし,研究者はscienceだけではなくpracticeに目を向けることによってscienceの広がりに繋げられる可能性がある.すなわち発達障害にかかわっていくうえでは,practiceもscienceも意識しておく必要があるのではないだろうか.

最後にわが国の子どもの発達障害診療においては「受診時」の対応にのみ力点が置かれ,将来像をも合わせて考えるという視点が乏しいと感じることがある.子どもたちにとって子どもの時代は長くても20年であり,その間に治療や療育を含めて十分な対応をしておかなかったとすれば,その後50年にわたってそれを抱えたまま生きていくことになる.その意味でも子どもたちへの発達障害臨床は緊張感を要求されている.


2016年4月

Rabbit Developmental Research
平岩 幹男


----

発達障害を理解する

発達障害とは

自閉症スペクトラム障害(ASD)

ADHD

学習障害(LD)

Tourette障害

発達性協調運動障害(DCD)

選択性緘黙

表出性言語遅滞

主な検査

二次障害への対応

診断の説明(告知)

社会的対応

発達障害者に対する行政的支援―関連法・制度等

教育的対応

治療と療育の原則

治療と療育の原則

かかりつけ医による発達障害診療

薬物療法と注意点

療育とは

ディスレクシアの療育的対応

補充代替療法


付表「乳幼児の定型発達の目安」

索引

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示