Home   >    eBookStore   >   中山書店   免疫学

免疫難病の克服をめざして

岸本 忠三 (著)

株式会社 中山書店

116 頁  (2012年11月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥3,240 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2015年12月04日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

免疫学の100年間の歴史をわかりやすく解説!

著者 岸本忠三先生の大阪大学での講義をもとに作られており、著者のライフワークである創薬にまで結びついたIL-6の研究が語られます。
まさに研究の醍醐味ともいえる次々に語られる免疫学の発見と当事者ならではのエピソードは、免疫学に興味のある読者のみならず、研究の楽しさを知りたい読者にもお勧めの一冊。

この商品を買った人はこんな商品も買っています


読んで見てわかる免疫腫瘍学
¥4,968

医系免疫学 14版
¥9,072

わかる!身につく! 生物・生化学・分子生物学
¥3,024

ジュンケイラ組織学 第4版
¥10,584

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:13.1MB以上(インストール時:32.8MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:6.6MB以上(インストール時:14.2MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784521735412-and-1.png 9784521735412-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784521735412-iph-1.png 9784521735412-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


本書は岸本忠三先生の大阪大学での講義をもとに作られた本です.免疫学の100年間の歴史をわかりやすく解説するとともに,著者のライフワークである創薬にまで結びついたIL-6の研究が語られます.まさに研究の醍醐味ともいえる次々に語られる免疫学の発見と当事者ならではのエピソード.免疫学に興味のある読者のみならず,研究の楽しさを知りたい読者にもお勧めの一冊.


----


はじめに

1991年,私は大阪大学の細胞工学センターの免疫学の教授から20年ぶりに内科の教授に戻ってきました.私は最初の臨床講義に関節リウマチを取り上げました.私の著書『なぜかと問いかける内科学』(中山書店)に書かれているように,私は講義の最初に次のように述べました.

「この20年,免疫学は急速な進展をみせた.Tリンパ球,Bリンパ球の役割はコンピュータグラフィックスを見るように明らかになった.しかし20年ぶりに内科の教室に戻ってみると,関節リウマチにはいまだ金のゾルを用いるというような治療が行われている.しかし免疫のミステリーを解き明かした免疫学は近い将来,その原理原則にのっとった新しい治療法を開発するであろう」.

そしてそれからまた20年,今や関節リウマチをはじめとして炎症性自己免疫疾患の治療にパラダイムシフトが招来されています.IL-6やTNF-αの作用をブロックすることにより骨の破壊は防がれ,関節リウマチは今や治る病気になりました.数年前,私がスウェーデン王立科学アカデミーよりクラフォード賞を受賞したとき,「10年後にリウマチにより車イス生活を余議なくされる人がいなくなることに貢献した」と言われました.

100年の免疫学の進歩は発見のうえに発見が重なり,感染症の予防や治療,そしていま免疫難病の発症機構の解明と治療法の開発につながりはじめています.この著書では最初に免疫学100年の流れを概説し,その進歩のうえに立って続けてきた私のライフワークIL-6の40年にわたる研究を紹介します.

この著書は私が大阪大学生命機能研究科で大学院学生に行った大学院の講義と大阪大学医学部免疫アレルギー内科で行った臨床講義の録音を起こして作られたものです.本書は中山書店廣江久子氏の発案と彼女の尽力によって作られたものですが,残念なことに彼女はこの本の完成を待たず若くして逝去されました.彼女の早世を心よりお悔やみ申し上げるとともに,この本を彼女に捧げたいと思います.


2012年晩夏

岸本忠三


----

1.免疫学の100年:ワクチンの開発から抗体の解明まで

はじめに

小児麻痺を撲滅したワクチン療法

ワクチンの発見---近代医学のスタート

免疫のしくみはどうなっているのか?

抗体の構造とはたらきの解明

アナフィラキシーの発見

生体は抗原の多様性にいかに対応するか?

2.免疫機構をつかさどる細胞と分子

免疫機構をつかさどるリンパ球の発見

Tリンパ球は抗体産生のヘルプと細胞性免疫の機能を担う

拒絶反応のカギをにぎる移植抗原

Toll様受容体の発見

TLRはさまざまな抗原認識に関与する

免疫系がDNAを認識するしくみとその利用

TLRによる抗原認識機構の解明とその制御がもたらすもの

3.IL-6と抗体医薬

自己免疫疾患---免疫系が自分自身を攻撃する病気

IL-6の増加と急性期タンパクの関係

IL-6が招く"抗体産生細胞のがん""

IL-6受容体の発見

IL-6が遺伝子に信号を伝えるしくみ

ウイルス増殖・発がん調節にかかわるNF-IL6

IL-6を調節するフィードバック機構

IL-6に対する抗体医薬のはじまり----ヒト化抗体の誕生

キャッスルマン病の原因---ヘルペスウイルスの関与

関節リウマチに対するIL-6受容体抗体の骨破壊の予防効果

IL-6受容体抗体がもたらすリウマチ合併症の改善

全身性特発性関節症に対するIL-6受容体抗体の臨床試験

他の自己免疫疾患へのIL-6受容体抗体の治療効果

IL-6異常産生メカニズムの解明

次世代医薬品の鍵---マクロファージを介した炎症抑制

Il-6の異常産生を制御する機構の発見

おわりに

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示