Home   >    eBookStore   >   研修医   中山書店   整形外科

骨粗鬆症のトータルマネジメント 整形外科臨床パサージュ4

遠藤 直人(専門編集) / 中村 耕三 (総編集)

株式会社 中山書店

296 頁  (2010年2月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥11,880 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2017年09月25日

立ち読み   お気に入りに入れる

運動器総合医の外来診療と保存療法のために 整形外科臨床パサージュ「骨粗鬆症患者のトータルマネジメント」編

高齢者社会の日本において、医療者として骨粗鬆症は避けて通れない病態である。骨粗鬆症について疾患の概念、診察・検査の進め方、骨粗鬆症・骨折の危険因子、さらには治療の目標と進め方について学ぶための実用的な内容をまとめている。適切な診断と治療・ケアの手助けとなるパサージュシリーズ第4弾。

整形外科臨床パサージュシリーズ

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:56.2MB以上(インストール時:140.6MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:42.1MB以上(インストール時:91.6MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784521732145-and-1.png 9784521732145-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784521732145-iph-1.png 9784521732145-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


深刻なADL,QOL低下を招くこともまれでない骨粗鬆症.また,第一の愁訴として受診されるのみならず,種々の疾患,障害により続発する例も多く見受けられる.このため高齢者の運動器を診察する医師は,最新・正確な骨粗鬆症の知識をもたなくてはならない.本書は骨粗鬆症について,疾患の概念,診察・検査の進め方から,骨粗鬆症・骨折の危険因子,さらには治療の目標と進め方について,よりよいプラクティスを目指して編まれた実用書である.


----


骨粗鬆症は骨脆弱により,軽微な外力あるいは外傷の既往なく,脊椎圧迫骨折,大腿骨近位部(頚部)骨折,橈骨遠位端骨折,上腕骨近位端骨折などを生じる.その結果,身体的にADL(activity of daily living;日常生活動作)を障害し,さらに心理的にも障害されQOL(quality of life)の低下をまねく.脊椎骨折,大腿骨骨折は生命予後も不良である.したがって骨粗鬆症患者ではADL,QOL の低下,「健康寿命」の障害が見られる.

高齢者社会の日本では,多くの医療機関,救急外来において数多くの高齢者への対応が迫られている.高齢者では加齢や臥床による運動器障害(骨・関節,脊椎・脊髄疾患など)を念頭におく必要があり,なかでも医療者として骨粗鬆症は避けては通れない病態である.短期間の臥床でも骨,筋肉が衰え,その回復には長い時間を要することはよく経験することである.また大腿骨頚部骨折をみても年々高齢化しており,あまりにも脆弱な骨のために骨折の治療に難渋したり,骨折後,ADL の回復が思わしくなく,家族も地域社会もそのケアに多大な労力を要する例も多い.大腿骨頚部骨折は現時点では日本において骨折発生数が減少したとの報告はなく,高齢者数の増加のため今後も骨折数の増加が予測される.

骨粗鬆症を第一の愁訴として受診される方のみならず,種々の疾患,臓器の障害により骨粗鬆症を続発している例も多く見受けられる.まさに第一線の臨床現場では骨粗鬆症の適切な診断と治療,ケアが求められている.

本書は第一線で運動器疾患の診療に携わる方を対象に,骨粗鬆症について疾患の概念,診察・検査の進め方,骨粗鬆症・骨折の危険因子,さらには治療の目標と進め方について学ぶための実用的な内容を目指したものである.骨粗鬆症とそれを基盤とする骨折がどのような転帰をたどるのかを改めて認識していただき,診察と検査を通しての骨粗鬆症の診断,それをもとにいかに適切な治療法を選択し,進めるかを是非理解していただきたい.日々の診療の際にお手元において,手助けの一助としていただければ幸いである.


2010年8月

新潟大学大学院医歯学総合研究科
整形外科学分野
遠藤直人


----

1.骨粗鬆症はどのような疾患か

定義と概念

骨粗鬆症,骨折の疫学

病態生理と分類

2.診察・検査の手順と評価,原発性骨粗鬆症の診断

病歴の取り方

身体診察の進め方,身体所見のとり方

診断の進め方,診断基準

骨量,骨密度測定法の進め方とその評価

画像検査の進め方

脊椎骨折の新旧の鑑別:身体所見および画像所見

血液,尿検査,骨代謝マーカーの進め方

3.骨粗鬆症の危険因子を知る

血液中ビタミンDレベル

血液中ビタミンK,ucOC

ビタミンB12,ホモシステインなど

骨構造の評価脊椎,大腿骨頚部

転倒リスクとは

4.治療の目標と進め方

治療目標と治療方針の立て方

骨粗鬆症患者における疼痛とその治療の進め方

骨折予防,骨密度増加をめざしての薬物療法について

運動の進め方,指導の進め方

腰背筋力維持・向上のための訓練

転倒防止のための片足立ち訓練

栄養面での指導の進め方

骨粗鬆症患者の心理的側面の評価とその改善への治療

骨粗鬆症患者のQOL評価とその改善のために

5.骨粗鬆症のスクリーニングのために

FRAXについて

二次性骨粗鬆症とはどのようなものか

6.骨粗鬆症性骨折に対する治療

脊椎骨折

大腿近位部骨折

大腿骨近位部骨折:地域連携パスを用いての連携した治療,リハビリテーションと介護

橈骨遠位端骨折

上腕骨近位端部の骨折

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示