Home   >    eBookStore   >   研修医   中外医学社   手術手技   脳神経外科

脳神経外科手術スキルアップガイド

菊田 健一郎 (編著)

株式会社 中外医学社

190 頁  (2015年10月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥9,504 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2016年01月29日

立ち読み   お気に入りに入れる

豊富な写真やイラストでポイントが一目瞭然!

脳神経慧可専門医認定にはどの程度の技術レベルが求められているのか、脳神経外科専門医として習得すべき技術範囲を掲載!
皮膚切開・縫合や慢性硬膜下血腫、シャントなどベーシックな手技から、基本開頭術、頭蓋底開頭、基本的な脊椎外科や血管内治療まで、専門医をちょうど取得した卒業後7年目程度の若手脳神経外科医ができなくてならない手技をピックアップし概説しています。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:57.6MB以上(インストール時:143.9MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:32.9MB以上(インストール時:71.6MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784498228429-and-1.png 9784498228429-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784498228429-iph-1.png 9784498228429-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)



----


脳神経外科学は、昭和30年代から急速に普及したモーターライゼーションにより、交通外傷が多発するようになったことを受けて、昭和40年(1965年)、一般外科から分科、独立する形で誕生しました。一般外科に対する高度専門領域として誕生しましたので、早くから専門医制度が整えられ、その試験は我が国において最も難しいものとして知られています。それゆえ、それを突破した私たちは専門医であることをとても誇りに思い、高いプライドを持って診療にあたってきました。専門医のほとんどは、何十年たった今でも試験日の情景をありありと思い出すことができますし、試験官が誰であったかも記憶しています。

しかし高度専門領域と考えられてきた脳神経外科学も、今や外科や麻酔科と同列の基本診療科として再編される流れとなり、外科学の一専門分野としての扱いではなくなります。かつては脊髄外科や血管内治療なども基本的技術は脳神経外科学の習得科目に含まれていましたが、技術分野も脳血管内治療、脊髄脊椎外科、てんかん、内視鏡など多くのサブスペシャリティー専門医制度が誕生しています。今後は脳血管外科専門医や脳腫瘍外科専門医、神経減圧術専門医などもできてくるかもしれません。

このようなサブスペシャリティー専門医制度の是非は別として、このような状況下では、ふつうの脳神経外科専門医認定にはどの程度の技術レベルが求められているのか、わかりにくくなってきました。そこでもう一度基本に立ち返り、脳神経外科専門医として習得すべき技術範囲を考えてみたのが『脳神経外科手術スキルアップガイド』です。

本技術書は、研修医が学ぶべき皮膚切開・縫合や慢性硬膜下血腫、シャントなど本当のベーシックな手技から、基本開頭術、頭蓋底開頭、基本的な脊椎外科や血管内治療まで、専門医をちょうど取得した卒業後7年目程度の若手脳神経外科医ができなくてならない手技をピックアップし概説しました。

内容や術中写真、イラストは実際にその手技を行っている福井大学脳脊髄神経外科の若手の先生に作成をお願いし、最後に全原稿を私がチェックしました。多くのイラストとサイドメモによって、初心者が陥るピットフォールをできるだけ浮き彫りにしました。またその回避法は、なぜそうすべきなのかをできるだけ論理的に説明したつもりです。もちろん流儀は多数ありますので、ここに記述した以外にもよい方法があると存じます。その場合は、指導医の先生とよく相談し、自分で納得した方法を習得してください。本書により、若手脳神経外科医の先生が少しでも臨床が楽しく感じられ、より手術が好きになってもらえるなら、これに勝る幸せはありません。


2015年8月
菊田 健一郎




----


● Chapter 1 ● 皮膚切開と止血、縫合

皮膚切開と止血

縫合

● Chapter 2 ● 基本開頭術の作図と皮膚切開

1.前頭側頭開頭(動脈瘤を題材に)

本開頭の重要性

術前準備

 症例1: 未破裂前交通動脈脳動脈瘤における右前頭側頭開頭

 症例2: 破裂脳動脈瘤や被殻出血における右前頭側頭開頭

 症例3: 混合型出血における右前頭側頭開頭

 再手術の症例

2.側頭開頭〔浅側頭動脈-中大脳動脈(STA-MCA)吻合術、

2.浅側頭動脈-上小脳動脈(STA-SCA)吻合術〕

解剖のメルクマール

STA-MCAバイパスにおける側頭開頭術の留意点

STA-MCAダブルバイパスの実際

STA-SCAバイパスにおける側頭開頭術

3.頭頂開頭(傍正中髄膜腫を題材に)

術前の確認事項

体位

皮膚切開と開頭範囲

Pitfall

4.正中後頭下開頭

体位

皮膚切開

筋層切開

大孔が近づいてきたら

開頭

硬膜切開

 症例: 42歳男性

5.外側後頭下開頭

本開頭の重要性

術前準備

麻酔と術前スパイナルドレナージ

体位と頭部の固定

皮膚切開の前に頭蓋骨のメルクマールを確認

皮膚切開の作図

皮膚切開と内側の筋肉剥離

後頭下三角での処理

大後頭孔付近の筋肉剥離のポイント

後頭骨外側、乳様突起基部の剥離

開頭

● Chapter 3 ● 慢性硬膜下血腫穿頭血腫洗浄除去術

体位

バーホールの位置

皮膚切開

穿頭

硬膜切開

洗浄

閉創

● Chapter 4 ● 脳室体外ドレナージ術

体位、穿刺部位

皮膚切開から穿刺まで

穿刺

● Chapter 5 ● 脳室腹腔シャント術(V-Pシャント術)

手術前準備

手術方法の選択

シャントバルブの選択

シャントバルブを留置する位置

シャントキットの準備

手術体位

手術方法

手術後の注意点

● Chapter 6 ● 腰椎腹腔シャント術(L-Pシャント術)

手術前準備

手術方法の選択

バルブの選択

シャントキットの準備

手術体位

手術方法

● Chapter 7 ● 急性硬膜外血腫の手術

手術適応

術前準備

手術手技

● Chapter 8 ● 急性硬膜下血腫の手術

手術適応

術前準備

手術手技

● Chapter 9 ● 頚動脈の露出

頚動脈周囲の解剖

皮膚切開と術野の展開

高位病変に対する頚動脈の剥離

● Chapter 10 ● 頚椎前方アプローチ

本アプローチの重要性

アプローチは右側? 左側?

術前準備

手術器具

麻酔

体位とセットアップ

皮膚切開

中・下位頚椎椎体前面へのアプローチ

マイクロ操作

ボックスケージの固定と閉創

● Chapter 11 ● 応用開頭術と静脈洞の止血

1.Orbitozygomatic approachの開頭

対象病変

手術の実際

2.Basal interhemispheric approachのための開頭

対象病変

手術の実際

3.Anterior transpetrosal approachの開頭

対象病変

手術の実際

4.Posterior transpetrosal approachの開頭

対象病変

手術の実際

対象病変

手術の実際

6.硬膜および静脈洞の止血法

皮膚からの出血

静脈洞をまたぐ開頭

硬膜および静脈洞からの出血

● Chapter 12 ● 血管内手術のセットアップ

1.セットアップ

術前準備

手術台の準備

圧ラインの準備

シース

2.ガイディングカテーテルの誘導

Step 1

Step 2 

3.急性脳血管閉塞に対する再開通療法の基本手技

Trevo Provue ProⓇ(Stryker)を用いた再開通療法

 Step 1 ガイディングカテーテルの誘導

 Step 2 Trevo Provue Retrieverの展開

 Step 3 血栓回収

4.破裂脳動脈瘤に対するコイル塞栓術の基本

 Step 1 マイクロカテーテルのshaping

 Step 2 マイクロガイドワイヤーのshaping

 Step 3 マイクロカテーテルの瘤内への誘導

 Step 4 コイルの挿入

 Step 5 コイルの選択

番外編 血管内治療での基本手技: Yコネクターのエア抜きの仕方 


索引

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

★★★★☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2018年6月12日 14:40)

慢性硬膜下血腫の手術の際に本書を読んでから臨みましたがスムーズに手術に入れました.
CEAの際にも読もうとしましたが頸動脈の露出までしか載っていなったので4点にさせて頂きました.

★★★★☆ イラスト豊富
投稿者:きむきむ (2018年4月17日 16:13)

脳外志望の研修医ですがイラストが多く,手術前の事前学習に役立っています.

CEAに関しては血管露出だけでなく詳細を書いてほしかったです.

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示