Home   >    eBookStore   >   医師   中外医学社   脳神経外科

症例で学ぶ高次脳機能障害

鈴木 匡子 (編集)

株式会社 中外医学社

274 頁  (2014年9月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥7,776 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2015年02月12日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

症例から学ぶ、病巣から推理する

脳損傷の患者には複数の高次脳機能障害が混在することが多く、それをどのように整理して捉えるかが重要です。本書では個々の症例において実際の診察のプロセスを再現し、診断に至る思考、適切な検査の選択実施、その結果を解釈して症状診断に至る流れを丁寧にシミュレートします。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:54.5MB以上(インストール時:136.3MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の 多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:81.4MB以上(インストール時:177MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784498228221-and-1.png 9784498228221-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784498228221-iph-1.png 9784498228221-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


脳損傷の患者には複数の高次脳機能障害が混在することが多く、それをどのように整理して捉えるかが重要です。本書では個々の症例において実際の診察のプロセスを再現し、診断に至る思考、適切な検査の選択実施、その結果を解釈して症状診断に至る流れを丁寧にシミュレートします。またおおまかな病巣ごとに区切った構成とし、どの部位の病巣でどのような高次脳機能障害が出現しやすいかを実例を通して学ぶことが出来ます。


----


「高次脳機能障害は難しい」という臨床家の声をよく聞く.それはなぜかと考えるに,失語,失行,失認など個々の症候に関する知識はあっても,目の前の患者をどう診察して,どの所見をとるべきかがわからないのが大きいと思われる.ましてや実際の患者は複数の高次脳機能障害を併せもつことが多いため,その診断は容易ではない.しかし,系統的に適切な診察をすれば,複雑にみえる症候を解きほぐすことは可能である.また,必要な神経心理学的検査を適宜選んで行えば,経過観察やリハビリテーションに役立つことがある.このようなことは,経験を積んだ指導者のもとで共に患者を診ながら学ぶのが最善だが,そのような機会はなかなか得られないのが実状である.

そこで,本書はさまざまな症候を示す症例を呈示して,なるべく実際の診察に添うような形で,高次脳機能障害を診断していくプロセスを再現したいと考えた.紙上ですべてを伝えることは困難だが,初診時の所見をもとに,適切な検査を選択実施し,その結果を解釈して症候の診断に至る流れがわかるように,症例を詳細にご呈示いただいた.実際の症例を追体験することで,診察の進め方,考え方を学ぶ一助となれば幸いである.また,診察に役立つ基礎知識や用語を,「診察メモ」,「用語メモ」として適宜挿入し,症例の理解を深められるようにしてある.

本書のもう一つの特徴は,症例を症候ごとに呈示するのではなく,おおまかな病巣別に記載する形にしたことである.MRI/CTが普及しているわが国では,高次脳機能障害について診察を依頼される場合,おおまかな病巣部位はすでにわかっていることが多い.病巣部位が近似していても,諸要因により症候が同じとは限らないが,病巣部位と症候にゆるやかな関連があることも事実である.したがって,病巣の広がりから出現しうる高次脳機能障害を予測することができれば,効率的な診察・診断につながる.逆に,診察によって,画像で示された病巣部位より機能障害の範囲は広いことが明らかになることもある.なお,実際の病巣は複数の領域にまたがっていることが多いが,本書では症例を選ぶ手がかりとなるように,最も強い機能障害を呈している部位を基準に分類してある.正確な病巣に関しては,症例ごとに確認しながら読み進めていただきたい.

本書で用いた用語に関しては日本神経学会の神経学用語集に準拠して統一したが,高次脳機能障害の症候に関する用語はまだ見解が一致していないものも多い.その場合は原則として著者の表記に従ったが,章により異なるなど混乱をきたす可能性のある場合は,編者の判断で統一してある.不備な点,適切でない部分などお気づきになった場合は,忌憚のないご意見,ご助言をお寄せくださるようお願いしたい.

本書に掲載された症例は,全国で高次脳機能障害の臨床に携わっている専門家が自ら経験した症例についてご呈示いただいたものである.貴重な症例をお寄せいただいた著者の皆様に深謝するとともに,これらの症例を通して高次脳機能障害への理解が深まり,臨床に役立つことを心から願っている.

終わりに,本書の企画から発刊にいたるまでご尽力いただいた中外医学社の岩松宏典氏,中畑謙氏にも謝意を記す.


2014年9月

山形大学大学院医学系研究科
高次脳機能障害学講座  教授
鈴木匡子


----


Chapter 1 前頭葉

[主病巣が外側]

CASE 01 うまく話せない.

CASE 02 話せない.

CASE 03 言葉が出にくい.右手足が動きにくい.字が書けない.

[主病巣が内側底面]

CASE 04 (家人より)やる気はあるのに行動が伴わない.性格が変わってしまった.

CASE 05 (家人より)新しいことが覚えられない.

CASE 06 左下肢が動かない.うまく話せない.

[主病巣が外・内側]

CASE 07 (家人より)行動がおかしい.家事をしない.

Chapter 2 側頭葉

[主病巣が外側]

CASE 08 人の話す言葉がわからない.雑音に聞こえる.

CASE 09 言葉がうまく出てこない.

CASE 10 右側がよく見えない.自動車の自損事故を起こした.

[主病巣が内側]

CASE 11 もの忘れすると周囲から言われる.

     (家人より)もの忘れ.

[主病巣が前部]

CASE 12 (家人より)会話がちぐはぐ.自宅のトイレの場所がわからない.

CASE 13 2回目の手術後に記憶が悪くなった.言葉がパッと出てこない.

CASE 14 言葉が出てこない.言葉が理解できないことがある.

Chapter 3 頭頂葉

[主病巣が外側]

CASE 15 右手で物が取り出しにくい.

CASE 16 眼がおかしい.疲れると目の前のものを探せないことがある.

CASE 17 駐車場に車を入れるとき,ずれた.字が書けない.

CASE 18 特に困っていることはない.
(家人より)左側にあるものに気づかない.

CASE 19 声が出にくい.
(家人より)左側の身体や空間に注意を向けられない.病識が乏しい.

CASE 20 右手に力が入らない.左手も動かしずらい.

CASE 21 もの忘れがひどい.料理が作れない.計算ができない.

CASE 22 漢字が思い出せなくなった.

CASE 23 言葉がうまく話せない.

CASE 24 言葉が出ない.

[主病巣が外側・皮質下]

CASE 25 板書が遅い.一度に書き写すことができない.

CASE 26 計算ができない.右下肢のびりびり感.

CASE 27 道具の持ち方がしっくりこない.

[主病巣が内側]

CASE 28 方向感覚がなくなった.

Chapter 4 後頭葉

[主病巣が外側]

CASE 29 仮名文字が読めない.

[主病巣が内側]

CASE 30 道に迷う.人の顔がわからない.

CASE 31 物を見ても何かわからない.字が読めない.顔を見ても誰かわからない.色がなく白黒の世界に見える.

CASE 32 焦点が合わない.右側が見えない.

CASE 33 眼は最近よくなった.寝たり起きたり,ものを食べるときの動作が大変だったが,この頃よほど上手になった.

CASE 34 右視野が見にくい.目の前が淡いピンク色に見える.顔の識別ができない.

Chapter 5 大脳深部

[視床]

CASE 35 (家人より)傾眠.反応が鈍い.

[視床・内包]

CASE 36 (家人より)もの忘れする.元気がなくなった.

[基底核]

CASE 37 (声が)こもっているような感じ.

[乳頭体・脳弓]

CASE 38 (家人より)もの忘れ.

Chapter 6 白質ほか

[脳梁前部]

CASE 39 左手が思いどおりに動かない.

[脳梁膨大部]

CASE 40 特になし.

[びまん性軸索損傷]

CASE 41 (家人より)もの忘れ.

[水頭症]

CASE 42a (家人より)うまく歩けない.

CASE 42b (家人より)転びやすい.

[小脳]

CASE 43 (家人より)不注意である.促されないとすぐに行為をやめてしまう.


和文索引

欧文索引

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示