Dr.山本の この一冊で血栓症がとことんわかる!

山本 晃士 (著)

株式会社 中外医学社

120 頁  (2018年5月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥2,808 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年08月17日

立ち読み   お気に入りに入れる

止血血栓の専門家が解説した、超わかる!ガイドブック

今や国民病ともなっている「血栓症」の原因から病態、検査、診断、治療までを多くの図表を用いて分かりやすく解説。研修医~若手医師、上級医師、さらには患者さんにも理解できるように配慮された一冊です!

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:12.3MB以上(インストール時:30.7MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:11.9MB以上(インストール時:26MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784498225121-and-1.png 9784498225121-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784498225121-iph-1.png 9784498225121-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


血栓症は体内のあらゆる血管・臓器に起こりうるため、様々な診療科で診る必要のある疾患であり、また近年は高齢化や生活様式の欧米化に伴い生活習慣病としての血栓性疾患患者が増加し、血栓症に対する予防、早期診断、治療の重要性はますます高まっている。本書は血液凝固の基礎知識から血栓症の診療までのエッセンスを凝縮したガイドブックであり、血栓症を学びたい医療従事者のファーストチョイスとして最適の書となっている。


----


近年のわが国では,加速度的に進む高齢化と生活様式の欧米化にともない,生活習慣病としての血栓性疾患の患者が増加し,血栓症に対する予防,早期診断,治療の重要性はますます高まっている.特に,脳梗塞や心筋梗塞などに罹患すると突然死や重篤な後遺症を残す事態に陥り,大切な人生が一変してしまうことになる.また,血栓症の発症はある日突然起こることがしばしばであり,本人だけでなく,家族を始め周囲の方たちにも大きな影響を及ぼすことになる.

もともと血栓は傷口を塞いで出血を止めるために不可欠であり,日々戦いの連続である弱肉強食の動物のからだには無くてはならないものである.ヒトも例外ではなく,獲物との闘いが絶えない太古の時代から,ヒトのからだ(血液)には出血が起こったときにただちに血栓ができるよう,大変強力で巧妙なしくみが備わっている.しかし現代社会では,傷もないのに血栓ができやすくなる条件がいくつも重なるようになり,言わば「血栓の逆襲」が起きてしまっているのである.

血栓症は体内の至るところの血管・臓器に起こりうるので,さまざまな診療科の医師が診療することになる.逆に言うと,血栓症だけを診る「血栓症専門医」とも言うべき医師はいない.そういう意味で,「止血血栓」領域を専門とする著者のような存在は希少である.本書は,若年者から中高齢者まで,今や国民病ともなっている「血栓症」の,原因から病態,検査,診断,治療までを,多くの図表を用いてわかりやすく解説した,これまでにはなかった書である.血栓症患者を診療する機会の多い医師ばかりでなく,研修医~若手医師,さらには上級医師の方々にもぜひ手元に置いていただきたい書である.また,血栓の成り立ち~血栓症に興味のあるコ・メディカルのスタッフ,果ては一般の方々(患者さん)にも理解できるよう配慮しており,幅広い読者の方々を対象にした書でもある.


2018年5月

山本 晃士


----

基礎編

01 血栓の役割と血栓症~序に代えて~

02 血栓ができるしくみと溶けるしくみ

03 血栓の種類

04 血栓症の原因

05 血栓症の種類と危険因子

06 血栓症を起こしやすい「ドロドロ血液」とは?

07 血栓症の診断

08 血栓症を診断するための検査値の注意点

09 血栓症の治療薬

応用編

01 播種性血管内凝固症(DIC)

02 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)

03 血栓性微小血管障害症(TMA)

04 ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)

05 トルーソー(Trousseau)症候群

06 本態性血小板血症

07 多発性骨髄腫

08 発作性夜間血色素尿症(PNH)

09 心房細動

10 一過性脳虚血発作(TIA)

11 肺塞栓症

12 閉塞性動脈硬化症

13 上腸間膜動脈閉塞症

14 バッド・キアリ(Budd-Chiari)症候群

15 先天性血栓性素因

16 抗リン脂質抗体症候群

17 肥満と血栓症

18 老化と血栓症 ~ PAI-1 と老化の関係~

19 ストレス起因性血栓症と PAI-1

20 臨床医を悩ませる血栓症
人工血管,シャント,ステント内に再発を繰り返す血栓

21 血液型と血栓症


索引

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示