Home   >    eBookStore   >   医師   中外医学社   小児科   生活習慣病

小児生活習慣病ハンドブック

清水 俊明 (編)

株式会社 中外医学社

128 頁  (2012年7月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥4,104 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2013年01月01日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

小児領域の生活習慣病の診断や治療・予防の指針となるガイドブック!

第一線で活躍しているエキスパートが、最新の知見を踏まえて執筆した。小児科医はもちろんのこと、栄養士などの医療従事者のステップアップにも最適な一冊です!

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:34.5MB以上(インストール時:86.3MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:5.5MB以上(インストール時:12MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら

andorid.png 9784498145207-and-1.png 9784498145207-and-2.png

Tablet

Smartphone


ms.png 9784498145207-iph-1.png 9784498145207-iph-2.png

iPad

iPhone4


小児領域の生活習慣病の診断や治療・予防の指針となるガイドブック.第一線で活躍しているエキスパートが(先生方が),最新の知見を踏まえて執筆した.小児科医はもちろんのこと,栄養士などの医療従事者のステップアップにも最適な一冊である.


----


近年我が国における小児の生活習慣は確実に変化している.この生活習慣の変化は,小児にとってのみならず,成人になってからのさまざまな健康問題と密接に関係していることがわかっている.これらの問題は,1996年に厚生労働省が「成人病」を「生活習慣病」と改めるなど,すでに15年以上前から注目され啓発活動などが行われてきた.しかしながら,生活習慣の変化が非常に多彩であることや小児科領域での生活習慣病対策が十分でなかったことなどから,必ずしも小児の生活習慣病に対する基本的な診断・治療・予防のガイドラインが十分に示されていないのが現状と考えられる.

最近の研究によって生活習慣病の病因や病態が明らかにされてきており,それらに基づいて小児の生活習慣病を早期に発見し,治療や予防を行っていくことが大切である.そのためには疫学研究も非常に重要であり,生活習慣病の急増に小児期の肥満が関与していることなども詳細な疫学調査から明らかとなっている.未熟児・新生児領域ではDOHaD説と生活習慣病の臨床研究が盛んに行われており,Barker仮説から始まったこの説が今後またどのように変化していくかも注目されるところである.

近年,「メタボリックシンドローム」という言葉がマスコミなどにしばしば登場して話題となっている.肥満とインスリン抵抗性という共通の病態を基盤として,高脂血症や高血圧などが重積し,動脈硬化に基づく虚血性心疾患や脳血管障害の発症リスクが増大する症候群と考えられ,当然小児においても医学的介入が必要となってくるはずである.しかしながら小児のメタボリックシンドロームへの対応,あるいは小児の肥満や糖尿病・耐糖能異常,高脂血症,高血圧などに対する治療や予防法について系統的な指針を示した書籍はこれまでにほとんどない.

そこで今回,現代の生活習慣の変化に十分対応した小児科領域における生活習慣病に対する診断や治療・予防の基本ガイドとなるハンドブックとして本書を編集した.特に小児において非常に重要と思われる生活習慣病の早期発見や予防対策については,それぞれ前者は第III章で4名の,後者は第IV章で6名の第一線で活躍される方々により具体的にご執筆頂いた.本書が小児の生活習慣病を診療する先生方のバイブル的存在となり,ひとりでも多くの子どもたちが生活習慣病とは縁のない生活を送れることを大いに期待したい.


2012年7月

清水俊明


----

Ⅰ章 小児の生活習慣病

1.生活習慣病とは

A.生活習慣病の概念とその変遷

B.子どもにとって生活習慣病の重要性とは

C.生活習慣病のリスクとその評価

D.小児の生活習慣病への対応

2.生活習慣病の疫学

A.生活習慣の背景

B.生活習慣病の現状

C.成人への移行と生命予後

3.生活習慣病の病因・病態

A.生活習慣病の病因

B.生活習慣病の病態

4.DOHaDからみた生活習慣病

A.胎児プログラミング仮説

B.Developmental origins of health and disease(DOHaD)仮説

C.インスリン抵抗性・耐糖能の低下


Ⅱ章 各種疾患と小児の生活習慣病

1.肥満症

A.肥満,肥満症,メタボリックシンドロームについて

B.肥満発症の要因

C.肥満の判定

D.小児肥満症の判定基準

E.肥満症の治療

F.症候性肥満

2.糖尿病・耐糖能異常

A.ヒトの生命活動と血糖制御機構

B.インスリン抵抗性の臨床症状

C.生活習慣病およびメタボリックシンドロームにおけるインスリン抵抗性の位置づけ

D.インスリン抵抗性形成のメカニズム

E.生活習慣病としての2型糖尿病の治療

3.高脂血症

A.高脂血症の診断

B.学童期の高脂血症

C.治療

4.高血圧

A.小児の血圧測定と高血圧基準値

B.小児の本態性高血圧の発症機序

C.小児期の高血圧者の予後

D.生活習慣病としての高血圧の予防のための小児期からの対応の実際

5.メタボリックシンドローム

A.メタボリックシンドロームとは

B.小児のメタボリックシンドローム

C.小児メタボリックシンドロームの診断基準

D.小児肥満症と小児メタボリックシンドローム

6.脂肪肝・非アルコール性脂肪性肝障害

A.脂肪肝・非アルコール性脂肪性肝障害・非アルコール性脂肪性肝炎の定義

B.NAFLD・NASHの疫学

C.NAFLD・NASHの病因・病態

D.NAFLDやNASHの診断

E.NAFLDやNASHの予後

F.NAFLDやNASHの治療

7.その他の生活習慣病(胃食道逆流症・高尿酸血症・骨粗鬆症)

A.胃食道逆流症(gastroesophageal reflux disease: GERD)

B.高尿酸血症

C.骨粗鬆症


Ⅲ章 小児の生活習慣病の早期発見

1.低出生体重児におけるリスク因子

A.糖質代謝と生活習慣病

B.リポ蛋白,アポ蛋白,脂質代謝と生活習慣病

C.低出生体重と血圧との関連

2.幼児の生活習慣アンケート

A.対象

B.方法

C.結果

D.アンケート調査からわかること

3.思春期の生活習慣・食習慣と心血管危険因子値

A.対象

B.方法

C.結果

4.小児の肥満の実態

A.わが国の小児肥満の現状

B.小児肥満対策上の課題


Ⅳ章 小児の生活習慣病の予防と対策

1.周産期からの生活習慣病予防

A.リポ蛋白濃度に関する胎児・新生児栄養の結果としての長期予後について―ヒトと実験動物から

B.母体の栄養状態や疾病の有無と脂質代謝障害の関係

C.HDLの多様性と胎児・新生児期への推移

D.胎児・新生児期におけるLDLプロフィール

E.エピジェネティクスメカニズム―食品成分によるDNAメチル化制御

2.幼児期・学童期における生活習慣病予防

A.幼児・小学生の生活状況

B.小児期の生活習慣の特徴

C.生活習慣病の予防

3.思春期における生活習慣病予防

A.肥満,高血圧,高脂血症,メタボリックシンドロームの予防

B.厚生労働省研究班による思春期生活習慣病予防に関する提言

C.その他留意すべきこと

4.生活習慣病に対する食事療法

A.小児の生活習慣病のバックグラウンド

B.生活習慣病の予防としての食生活・食育

C.肥満の食事療法

D.食事療法を継続させるには

E.2型糖尿病

F.高脂血症(脂質異常症)

G.高尿酸血症

H.脂肪肝

I.高血圧

5.生活習慣病に対する運動療法

A.運動療法とは

B.運動療法の意義

C.運動療法の進め方

D.生活習慣病を有している肥満小児に対する運動療法・食事療法の効果

6.生活習慣病に対する薬物療法

A.2型糖尿病

B.脂質異常症

C.高血圧

索引

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示