災害ボランティア健康管理マニュアル

岩田 健太郎 (監修)

株式会社 中外医学社

108 頁  (2012年3月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥1,296 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2012年03月23日

立ち読み   お気に入りに入れる

東日本大震災から一年という区切りの時期に、岩田健太郎先生はじめ神戸大学の先生と震災に直面した東北大の先生方が中心となり制作した『災害ボランティア健康管理マニュアル』。災害時の健康管理についてわかりやすく解説され、医療従事者はもちろん一般のボランティアまで幅広く役立つ知識を凝縮しました。 携行品が限られてしまう災害現場へ、お使いのスマートフォンに入れてご活用いただける電子版、災害ボランティア、被災地支援をされる方、必携です。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:16.5MB以上(インストール時:41.2MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:4.9MB以上(インストール時:10.8MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784498071148-and-1.png 9784498071148-and-2.png

Tablet

Smartphone


ms.png 9784498071148-iph-1.png 9784498071148-iph-2.png

iPad

iPhone4


東日本大震災の被災地では大勢のボランティアが復興に力を尽くしてきました.そんななか,ともすれば疎かになりがちなのはボランティア自身の健康です.現地で健康を害すれば貴重な医療リソースを消耗することになり.折角のボランティア活動も効果が半減してしまいかねません.本書は災害時の健康管理についてわかりやすくまとめたポケットブックです.一般のボランティアから医療従事者まで幅広く役立つ知識を凝縮しました.


----


2011年3月11日の東日本大震災から早くも1年が経とうとしています。あのときのことが昨日のことのように思われますし、同時に(奇妙なことですが)はるか昔の出来事のようにも感じられます。

さて、日本の、そして世界の多くの人たちがあの震災を受けて「何かできることはないか」と考えました。私たちも当然同じように考えました。本書の執筆者のほとんどは神戸大学か東北大学に所属しています。被災体験のある地域に住む医師として、「何かできることはないか」と気持ちが前のめりになることを抑えることはできませんでした。筆者の多くが医療支援などに従事し、なんらかのお手伝いをしてきました。

さて、現地ではたくさんの災害ボランティア、被災地支援を行う方たちの姿を見たのですが、意外にも自分たちの健康管理については無頓着なケースが多いことに気がつきました。必要な健康管理を怠っていたり、病気になっていても「被災者のために」と我慢してがんばっている人もいました。その精神は素晴らしいのですが、被災地で倒れてしまってはかえって被災者の皆さんにとってもありがた迷惑となりかねません。好意が仇になるようなことは、できれば避けたいところです。

さらに、「災害ボランティア」について書かれている本を集めて調べてみると、ボランティアの健康管理について詳しく書かれているものはほとんどないことがわかりました。

そこで、私たちは「何かできることはないか」と考えている人たちのために「何かできることはないか」考えました。医師としてできることは、現場での診療だけではないはずです。「後衛の位置から」できること。その模索の結果がこのマニュアルです。

被災地には、ふだん私たちが空気か水のように当たり前にあると信じている医療のサービスが少しも当たり前ではありません。通常の医療のスペックがない、という前提で医療のことを書くのは結構大変でした。そういうことはあまり教科書には書いていないからです(教科書には理想的なスペックが十全にあるという前提で診断はこうして、治療はこうと書いてあるものです)。ですから、私たちは自分たちの専門的知識に加え、想像力と工夫を駆使してできるだけ現場に寄り添った情報提供ができるよう務めました。クロード・レヴィ=ストロース言うところの「ブリコラージュ」です。手持ちの有り合わせの材料で最良の結果を出す。災害ボランティアの健康管理を考えるとき、こういうものの考え方が大事だと思いました。

災害ボランティアは完全にリスクフリーというわけにはいきません。リスクを完全にゼロにしたかったら、ボランティアに行かないというのが最良の選択肢です。でも、それでは意味がありません。

私たちがここで提供する情報はしたがって、みなさんの健康リスクをゼロにはしてくれません。しかし、そのリスクを理に適った程度に(リーズナブルに)減らしてくれることを目指しています。どうか本書が災害ボランティアの皆さんにとってお役に立つものでありますように。そして、それがゆくゆくは被災地の皆さんにとっての利益となりますように。

2012年 2月

監修者一同


----


I 現地に行く前に

1 必要な健康チェック

2 携行すべき医薬品など

3 もともと病気のある人のために

4 必要な予防接種

5 こういうときは現地に行ってはならない

II 現地にて

1 感染症など

(1) 発熱

(2) せき

(3) 下痢

(4) 皮ふのぶつぶつ

(5) 本当は怖い破傷風

(6) その他、注意すべき感染症

(7) 手の洗い方

(8) マスクの着け方

(9) 抗生物質はいつ飲むのか

2 熱中症

3 外傷

4 放射線・放射性物質について

(1) なぜ、放射線は怖いのか?

(2) 症状

(3) 予防

(4) ガイガーカウンターは持っていく?

5 こころの問題

(1) 気まずさ、自己嫌悪

(2) 語ることの意味

(3) 気持の高ぶり、うつ

(4) イライラ、不眠

(5) もともと心の病を抱えていた人へ

(6) トラウマのこと

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示