Home   >    eBookStore   >   研修医   中外医学社   小児科

小児科漢方16の処方 改訂2版

黒木 春郎 (著)

株式会社 中外医学社

138 頁  (2017年10月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥2,592 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2017年11月24日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

今日から使える「子供の漢方」16処方を掲載。

無駄を出さない16処方という限定した漢方薬を、先端の小児科臨床に縦横に活用するという著書のコンセプトが光ります。システムバイオロジーの考えかたによる漢方方剤の分析など,最新の知見も盛り込みました。小児科漢方のエッセンスがここに!

この商品を買った人はこんな商品も買っています


Dr.宮城の白熱カンファレンス
¥4,212

NICUベッドサイドの診断と治療 第4版
¥6,048

キャラ勉!抗菌薬データ
¥2,592

小児救急秘伝の書
¥4,104

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  AndroidOS 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:14.2MB以上(インストール時:35.4MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:112.5MB以上(インストール時:244.6MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784498069053-and-1.png 9784498069053-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784498069053-iph-1.png 9784498069053-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


小児プライマリケアの現場で漢方を活用する著者が,これから漢方を用いようとする医師に向けて小児科漢方のエッセンスをわかりやすくまとめた,好評書の改訂版.

外来でしばしば遭遇する具体的な場面を16ケース取り上げ,処方すべき漢方をズバリ紹介.今回は,システムバイオロジーの考えかたによる漢方方剤の分析など,最新の知見も盛り込んだ.


----


2版の序

 

小児科の臨床でもっと積極的に漢方薬を使用できるようにと、4年前に本書の初版を執筆しました。その後刷数を重ね、改訂版を出せることになりました。読者の皆様に感謝申し上げます。

初版でも記載しましたが、本書の対象疾患は、多くは小児科領域のプライマリケアで遭遇する疾患です。医療・医学は、まれな難治性疾患のみを対象とするのではなく、日ごろよく診る、日常生活の中にある疾患から出発すると考える所以です。

東アジア伝統医学が日本で発展したものが「漢方」です。この伝統医学には「証」(しょう)という概念が基底にあります。「証」とはいわば治療への反応性です。「証」に着眼して処方の効果を実証し、それによって漢方薬を現在に復権できると考えています。

また、現在の生物医学にsystems biologyという新しい領域があります。systems biologyはこれまでの要素還元主義の限界を超える方法論です。本書ではsystems biologyの知見を新たに取り入れました。生物界の多様性をシステムとして捉えるsystems biologyは、疾患を全体としてとらえる東アジア伝統医学と相似的です。今後、医療は個別医療・患者志向・precision medicineへ向かいます。この視点と方法論は東アジア伝統医学の中に継続してきたものです。新しい視点から東アジアの伝統医学にアプローチし、漢方の伝統の中にある科学性を皆さんと共有できれば幸いです。

本書によって多くの方が漢方に親しんでくださることを祈りつつ。


2017年7月

著者


----

総 論

I 本邦医学小史

はじめに

わが国における医学の起こり

わが国における医学の基礎

江戸期の医学

明治維新と漢方医学

漢方医学の復興

戦後の漢方医学

世界的にもまれな日本医療の優位点


II 小児科漢方処方にあたって知っておきたいこと

1. はじめに

2. 漢方治療の特徴

コラム❶ 超多成分薬剤としての漢方

3. 漢方薬の作用

4. 個別医療としての漢方

5. システムバイオロジー(Systems Biology)と漢方

コラム❷ システムバイオロジーとオフターゲットエフェクト

6. 漢方薬の処方量と飲ませ方

各論:小児科漢方処方16

No.1 虚弱体質の子ども

No.2 疲れやすい子ども

No.3 アトピー性皮膚炎に

No.4 感冒 インフルエンザ

No.5 「ノドチク」の風邪

No.6 喉の腫れ、ほてりに

No.7 水っぽい鼻水、痰に

No.8 ウイルス性上気道炎、反復性扁桃炎

No.9 風邪をひきやすい、疲れやすい子どもに

No.10 嘔気、嘔吐に

No.11 便秘に

No.12 反復感染に

No.13 胃食道逆流症に

コラム❸ 特定病因論から複雑系の時代へ

No.14 子供に同行する母親に(婦人科の三大漢方)

No.15 夜泣き、夜驚症、発達障害に

コラム❹ 発達障害へのもう一つの処方

No.16 夜尿症に


あとがき

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示