イラストでわかる 患者さんのための心臓リハビリ入門

上月 正博, 伊藤 修 (編集)

株式会社 中外医学社

124 頁  (2012年5月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥1,944 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2013年01月01日

立ち読み   お気に入りに入れる

心臓病によって低下した心機能や全身機能の改善を目指す「心臓リハビリ」についてやさしく解説した、本邦初の患者向けガイドブック。心臓の仕組みは? 心不全ってどんな状態? 正しい血圧の測り方は? 運動療法って何をするの? 食事療法のコツは? いつごろから仕事に復帰できるの?……患者が気になるさまざまな疑問や不安について、イラストをまじえてやさしくレクチャーします。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:24.5MB以上(インストール時:61.2MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:21.9MB以上(インストール時:47.6MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784498067103-and-1.png 9784498067103-and-2.png

Tablet

Smartphone


ms.png 9784498067103-iph-1.png 9784498067103-iph-2.png

iPad

iPhone4


心臓病によって低下した心機能や全身機能の改善を目指す「心臓リハビリ」についてやさしく解説した,本邦初の患者向けガイドブック.心臓の仕組みは? 心不全ってどんな状態? 正しい血圧の測り方は? 運動療法って何をするの? 食事療法のコツは? いつごろから仕事に復帰できるの?......患者が気になるさまざまな疑問や不安について,東北大学病院の専門スタッフがイラストをまじえてやさしくレクチャーします.


----


リハビリテーション(リハビリ)は,最近では比較的なじみやすい言葉になりました.皆さんの多くは,リハビリは通常整形外科手術や脳卒中の治療後に行う歩行訓練や機能訓練であり,自宅退院したり復職できればリハビリの目的を達成したとお考えになっていることと思います.

しかし,心臓リハビリの目的はそれだけではありません.自宅退院や復職だけでなく,医学的評価,運動療法,冠危険因子是正,教育およびカウンセリングを通して,再発を予防し,寿命を延ばし,動脈硬化そのものを改善させることも重要な目的です.そのために,心臓リハビリでは患者さんに運動療法,冠危険因子是正などのためのきちんとした教育を行う義務があります.しかし,心臓病や心臓リハビリに関する書物というと難解な医学専門書や分厚い解説書ばかりで,患者さん向けの要点を絞った簡明なものは見当たらないのが現状です.

本書はこのような背景のもとに作られました.本書のベースは,東北大学病院内部障害リハビリ科で行われている患者さんやご家族向けの心臓リハビリ講義のレジメです.東北大学では,1994年に呼吸循環,代謝,腎,消化器などの内部機能障害について研究するわが国初の講座として内部障害学分野が設置され,同時に東北大学病院にわが国初の診療科である内部障害リハビリ科が設置されました.開設以来,心臓リハビリにも力を入れ,毎日患者さんに講義し,そのレジメを患者さんにお渡ししてきましたが,患者さんやご家族から「講義内容や資料をぜひ本にしてもらいたい」という要望が強いこと,また,心臓リハビリを始めようとする医療機関のリハビリ関係者からも,「患者指導に適切な教育資料はありませんか」との要望があるために,書籍化しました.

本書の特徴として,心臓リハビリの最新知識を患者さんの立場に立って解説しています.当科で行っている講義を8つの章に分け,どこからでも読めるようにしました.内容に関しては専門医が責任を持って吟味するとともに,図を多用しつつ,説明文は最小限度とし,目で見てわかる読み物にしました.さらに関連する内容に関しては参照すべきページを明記し,効率的に理解が深まるように配慮しました.本書は心臓リハビリを開始する医療関係者のテキストとしても遜色ない内容に仕上げています.本書をもとに容易に質の高い患者教育を行うことが可能になり,患者教育への負担を減らすことが可能です.書籍化にあたり執筆者各位に感謝するとともに,企画・編集で何かと手を煩わせた中外医学社の岩松宏典,高橋洋一の各氏にも感謝いたします.

また,本書はお年寄りなど生活習慣病や心臓病の危険因子をもつ人の参考書としても活用できます.お年寄りのおられるご家庭に,この一冊を揃えて置かれて,必要に応じた章を読んでいただけると,健康維持・管理に大いに役立つものと期待します.

本書が関係者の日常の座右の書となれば,編者としてこれに勝る喜びはありません.


2012年5月

編者を代表して 上月正博


----


1 心臓の構造と心臓病について

1 心臓のしくみ

2 心臓へ酸素と栄養を運ぶ冠動脈

3 心臓の電気系統 "刺激伝導系"

4 とってもこわい心臓病

5 虚血性心疾患ってどんな病気?

6 虚血性心疾患の起こり方

7 虚血性心疾患の治療

8 冠れん縮性狭心症とは?

9 末梢性動脈疾患(PAD)とは?

10 心不全ってどんな状態なの?

11 心不全の治療

12 不整脈って何ですか?

13 不整脈の治療

14 心臓病ではどんな症状が出るの?

2 動脈硬化と危険因子について

15 動脈硬化とは?

16 動脈硬化が起こるとどうなるの?

17 動脈硬化の危険因子にはどんなものがあるの?

危険因子をチェックしてみましょう

18 なぜ,血圧は高くなるの?

19 塩分を摂り過ぎると血圧が上がります

20 どこからが高血圧なの?

21 成人における血圧値の分類

22 診察室と家庭では高血圧の基準値が違います

23 家庭で血圧を測るときの注意点

24 血圧に基づいた脳心血管リスク層別化

25 血圧はどのくらいが 望ましいの?

26 なぜ,血糖は高くなるの?

27 血糖をコントロールするホルモン~インスリン

28 なぜ血糖値が高いといけないの?

29 血糖値がどのくらいになると糖尿病?

30 血糖コントロールの目標は?

31 コレステロールとは?

32 なぜコレステロールは高くなるの?

33 トリグリセライド(中性脂肪)とは?

34 なぜトリグリセライドは高くなるの?

35 脂質異常症の診断基準は?

脂質異常症のなりやすさをチェックしてみましょう

36 血清脂質はどのくらいが望ましいの?

37 肥満とはどんな状態ですか?

38 肥満は万病のもと!

39 メタボリックシンドロームって何ですか?

40 慢性腎臓病(CKD)とは?

自分の腎機能をチェックしてみよう

41 タバコは百害あって一利なし

42 一に禁煙,二に禁煙

3 心臓リハビリについて

43 心臓リハビリとは

44 心臓リハビリのながれ

45 回復期心臓リハビリの 重要性

東北大学病院の回復期心臓リハビリプログラム

46 維持期の心臓リハビリについて

47 慢性心不全のリハビリについて

48 末梢性動脈疾患(PAD)のリハビリについて

49 日本心臓リハビリテーション学会

4 運動療法について

50 運動療法にはどんな効果があるの?

運動療法の身体効果

51 有酸素運動と無酸素運動

52 どのくらいの強さで運動すればいいの?

53 運動の目安を脈拍数でチェックしましょう

54 どのくらいの時間,運動したらいいの?

55 どんな種類の運動がいいの?

56 運動を継続して行えるよう工夫しましょう

57 理想的なウォーキングのフォーム

58 軽めの筋力トレーニングを取り入れましょう

59 ストレッチングで筋肉や関節をほぐしましょう

60 運動するときの注意点

61 日常生活でこまめに体を動かしましょう

メッツ(METs)表

5 食事療法について

62 なぜ,食事療法をするの?

63 適正なエネルギー摂取量ってどのくらい?

64 欧米化した日本人の食生活

65 脂質はバランスよく摂りましょう

66 コレステロールを多く含む食品

67 減塩の一番の近道は塩分の多い食品を減らすこと

68 塩分を控えるコツ

69 食物繊維を摂りましょう!

70 果物はどれくらい食べてもいいの?

71 外食メニューに気をつけましょう

72 お菓子の食べ過ぎや嗜好品の摂り過ぎには注意しましょう

73 お酒の適量はどのくらい?

6 日常生活について

74 心臓に負担をかけない生活を送りましょう

75 自分自身の体の状態をチェックしましょう

76 起床時にはどんなことに気をつけたらいいの?

77 良い眠りを得るために

78 トイレでの注意事項

79 入浴時に気をつけること

80 外出時に気をつけることは何ですか?

81 運転時に気をつけること

82 暑さや寒さに対応するために

83 性生活は可能ですか?

84 薬は用法・用量を守って正しく使いましょう

心臓病で使われる代表的な薬

85 心臓発作が起こったら

86 家族の方,親しい方へのお願い

7 ストレスについて

87 ストレスって何ですか?

88 ストレスがかかるとどうなるの?

89 ストレスは心筋梗塞の引き金になります

90 交感神経と副交感神経

91心臓病になりやすい性格ってあるの?

タイプA 行動パターンセルフチェックテスト

うつ状態診断 セルフチェックリスト

92 ストレス解消法にはどんなものがあるの?

8 復職について

93 いつごろから仕事復帰できるの?

94 仕事で気をつけることは?


NYHA(ニューヨーク心臓協会)心機能分類

虚血性心疾患患者のリスク分類

作業強度の分類

労働・運動強度と許容条件


日誌

索引

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示