Home   >    eBookStore   >   看護師   中外医学社   在宅医療   緩和医療

こうすればうまくいく!在宅PCAの手引き

粕田 晴之 (監修)

株式会社 中外医学社

110 頁  (2013年3月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥2,592 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2015年07月10日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

患者さんの期待を裏切らない質の高い鎮痛を実践するために

在宅緩和ケアにおいて確実な鎮痛を得るために有効な手段の、オピオイド注射薬によるPCA(自己調整鎮痛法)の意義と活用方法が実践的にまとめられています。
病院の術後鎮痛のエキスパート、在宅で豊富な経験を持つ看護師・医師、在宅現場に注射剤を提供する市中の薬剤師の方々が執筆し、経験の少ない在宅現場の医療関係者でも安心して活用できるように作成されている、これからの在宅医療に必携の書。

この商品を買った人はこんな商品も買っています


がん治療のための緩和ケアハンドブック
¥3,888

在宅医マニュアル
¥6,156

サンフォード感染症治療ガイド2017
¥4,320

今日の治療薬2017
¥4,320

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:8.5MB以上(インストール時:18.5MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784498057128-and-1.png 9784498057128-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784498057128-iph-1.png 9784498057128-iph-2.png

iad(タテ)

iPad(見開き)


在宅緩和ケアにおいて確実な鎮痛を得るために有効な手段として,オピオイド注射薬によるPCA(自己調整鎮痛法)がある.本書は,その要点を平易に解説した実践書である.


----


はじめに

痛みを伴うご病気の方のケアで大切なことは,その方の体の苦痛を和らげることであり,また,予めそれを保証することで心の苦痛を和らげて差し上げることです.そして,約束した以上はそれを確実に果たすことがプロの仕事だと考えています.

ここで基本となるのは,WHO 方式がん疼痛治療法にもあるように鎮痛薬の経口投与です.しかし,最期まで確実な鎮痛を保証する立場での問題は,「必ず薬を飲めないときがやって来る」ということです.消化器系の疾患ならなおさらです.薬を飲めない場合には経直腸(坐剤),経皮(貼付剤)などの投与経路がありますが,「痛みのために坐剤を入れる体位が取れない」,「用量が段階的にしか調節できない」,「最小用量が衰弱した患者さんには多すぎる」,「開始から適切な投与量の決定までに何日もかかる」,などの弱点があり,これらの選択肢だけではしばしば痛みの治療に難渋します.

そんな時に有効な手段が注射剤のPCA(Patient Controlled Analgesia)です.注射剤を皮下,静脈内,時に硬膜外腔,くも膜下腔に投与しますので,薬を飲めなくても確実に鎮痛を得ることができます.また,持続的に投与することで安定した鎮痛効果が得られるほか,突出痛を感じた時や痛みが辛く感じてきたとき,これから動くと痛くなることが予想されるときにはPCA ボタンを押すだけで患者さんが自ら迅速に鎮痛薬を使うことができます.言うまでもなく,注射剤なので少量ずつの投与や,小刻みな投与量の調節も容易です.

PCA は病院では多職種にある程度理解され,特に手術後の痛みのコントロールでは標準的に使用されています.しかし,こんなに良いものがあるにも関わらず,在宅の現場ではほとんど使われていないのが現状です.そして,その理由を尋ねると,「管理した経験が無いので不安だ」という不安の声,「呼吸抑制が起きたらどうするんだ」という心配の声が聞かれます.「幽霊の正体見たり枯れ尾花」,私はいつもこの不安を「おばけ」だと表現します.知識不足・経験不足があると,誰でも漠然とした不安を抱くものですが,実際には心配する必要などありません.そもそも呼吸抑制を心配すること自体が知識不足・経験不足であり,普通にやりさえすれば他の方法よりずっと安全なのです.

本書は,PCA の意義と活用方法を実践的にまとめることで,経験の少ない在宅現場の医療関係者の方にも安心して活用していただくことを目的に作成しました.著者には,病院の術後鎮痛のエキスパート,在宅で豊富な使用経験を持つ看護師・医師,在宅現場に注射剤を提供する市中の薬剤師を揃えました.これを読めば,患者さんの期待を裏切らない質の高い鎮痛を実践できるように作りました.これからの在宅医療のなかで必携の書になると信じています.


平成24年12月27日 宇都宮のクリニックにて

村井邦彦


----

1 PCAってなに?

A.モルヒネの注射剤による鎮痛の歴史

B.オピオイドによる鎮痛〜血中濃度の上昇と鎮痛効果〜

C.注射剤による鎮痛

1 注射剤の投与経路の比較〜静脈内投与と皮下・筋肉内投与〜

2 注射による鎮痛薬の投与方法

D.PCAとは

1 PCAの歴史

2 IVまたはSC-PCAによる鎮痛薬投与法の基礎

3 PCAに用いる機器

E.在宅療養におけるIV-PCA,SC-PCAのニーズの高まりと適応,ケアの体制の整備

2 普及の問題点と対策

A.十分に活用されていない現実

B.普及のハードルと対策

1 医療行為について,在宅と病院の違い

2 在宅PCAポンプは患者,家族にとって難しい手技か?

3 PCAポンプの使用は煩わしくないか?

4 医師の考え方

5 供給面

6 コスト面

C.患者・家族・介護者の立場で感じる問題点

1 患者の場合

2 家族の場合

3 介護者(ヘルパー)

D.調剤を行う環境

E.薬局における対応

1 医療機能情報システム

2 薬剤師会

3 薬剤師会などの取り組み

3 適応

A.PCAの適応

1 経口困難症例

2 疼痛コントロールが不十分

3 全身状態不良

4 在宅での適応

B.投与経路

1 持続皮下注入法

2 持続静脈注入(CVポート)

3 持続硬膜外注入

4 持続くも膜下腔注入

C.症例提示

1 大量モルヒネ使用患者の在宅での使用

2 皮下注時の注意点

4 準備

A.必要な人的資源とそれぞれの役割

B.皮下注を行うにあたり必要なもの

C.持続注入ポンプの選択

1 機械式PCAポンプ,ディスポーザブルPCAポンプの比較

2 機械式PCAポンプの種類

3 ディスポーザブルPCAポンプの種類

5 開始と維持

A.安全な初回投与量の設定

B.鎮痛薬以外の薬剤を混合するか:混合してもよい薬の種類と量

C.薬局との事前調整:処方箋の書き方

D.薬局における無菌調製:自院で調整する場合の方法

E.自宅への配送:自宅での薬液の保管

F.各種ポンプの特徴

G.針の留置

H.トラブルの事例と正しい対処法

6 在宅での維持─訪問看護師の立場から─

A.退院時の在宅支援

1 退院時カンファレンス

2 訪問看護ステーションが行う受け入れ準備

B.在宅におけるPCAポンプの管理

1 訪問時の病状とPCAポンプの確認

2 訪問時の観察ポイント

3 皮下穿刺の方法

C.PCA利用症例の実際

7 在宅PCAのコストと保険請求

A.コスト

1 機械式PCAポンプのレンタル

2 機械式PCAポンプの購入

3 ディスポーザブルポンプの購入

4 消耗品の準備例

5 薬剤の処方例

B.保険請求

1 診療所

2 訪問看護ステーション

3 薬局

C.請求額と患者の支払月額

8 麻薬の流通,医療廃棄物

9 平成24年度診療報酬改定の評価と,今後の制度改善に期待すること


・索引

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示