Home   >    eBookStore   >   研修医   中外医学社   免疫学   がん治療

読んで見てわかる免疫腫瘍学

岡 三喜男 (著)

株式会社 中外医学社

170 頁  (2017年4月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥4,968 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2018年01月26日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

がん免疫療法や臨床研究を始める人たちに是非読んで欲しい一冊!

腫瘍免疫学を学び、がん免疫療法に携わる全医療人のために執筆。免疫や免疫を担う細胞や組織などの基本的な知識の解説に始まり、がんと抗原の分類・免疫反応などを解説する腫瘍免疫学についてや、最新のがんの免疫療法について解説する3部構成。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:29MB以上(インストール時:72.6MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:29.3MB以上(インストール時:63.7MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784498022645-and-1.png 9784498022645-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784498022645-iph-1.png 9784498022645-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


本書は,がん免疫療法や研究に携わろうとする医師やメディカルスタッフを対象に,免疫や免疫を担う細胞や組織などの基本的な知識の解説に始まり,がんと抗原の分類,免疫反応などを解説する腫瘍免疫学について,そして,最新のがんの免疫療法について解説するという3部構成になっている.これまで免疫の本は外来抗原に対する感染症をテーマにしたものが多いが,本書は内在抗原である「がん」の視点からの解説していることが大きな特徴である.


----


発刊にあたって

本書『読んで見てわかる免疫腫瘍学』は,これから腫瘍免疫学を学び,がん免疫療法に携わる全医療人のため執筆しました.読者の皆さんと同じように,私も毎日ひとりで外来診療にたち,免疫学,腫瘍免疫学,免疫腫瘍学をどのように学び,自らの実地医療に生かすか常に模索してきました.本書は基礎免疫学から連続して免疫腫瘍学を解説することで,がん免疫療法への理解を深め,さらに臨床研究を始める人達の手助けになるよう配慮しました.本書では,免疫学と免疫腫瘍学の歴史をふり返り,未来のがん免疫療法を担う若手研究者への期待を込めています.

この約10年間,我々は肺がん患者で恒常的な免疫監視の存在を明らかにし,がんワクチン,制御性T細胞の除去療法,複合免疫療法の臨床試験と医師主導治験を実施しました.また免疫モニタリングを通して,末【梢】血やがん組織の腫瘍微小環境を解析しました.その免疫応答は個体差をもって,刺激に対し促進と抑制が微妙に変化します.実際,Tリンパ球やBリンパ球には,微小環境に応じて腫瘍を抑制ないし促進するサブセットが存在します.これら免疫系の極めて緻密な個体維持の仕組みには,改めて驚かされます.近年,がん免疫は腸内細菌や免疫細胞のエネルギー代謝との関連が注目され,免疫代謝学の新潮流が生まれてきています.

日本の研究者は免疫学において,数々の重要なサイトカイン,免疫細胞や関連分子を発見し,世界に冠たる貢献をしてきました.例えば,IgE,IL-2,IL-5,IL-6は,治療薬や標的分子として臨床応用されています.いま世界を席巻している免疫チェックポイント療法も,1992年に本庶佑研究室で発見されたPD-1分子に端を発し,がん免疫療法は免疫賦活型から抑制解除型へのパラダイムシフトによって,がん治療の表舞台に登場しました.

がん薬物療法の歴史は,1943年のリンパ腫に対するnitrogen mustard(化学兵器),1997年から抗体薬,2001年に小分子標的薬(imatinib)が登場しました.その開発は,正常細胞とがん細胞の相違を革新的な技術によって特定し,その相違分子に対し創薬する潮流が現在も続いています.しかしがんは不均一性を示し,一対一の創薬には限界があります.免疫療法では,無数のレパトアつまりスペクトラムをもつ自らのリンパ球集団を活性化し増殖させ,不均一ながん集団を撃破します.いま免疫学の革新的な発見によって,リンパ球という極めて多様性に富んだ,無数のがん免疫分子標的薬を手にしたのです.がん薬物療法は病理所見に基づくphenotypeからgenotype,そしてimmunotypeへと変遷し,確実にPrecision MedicineとPersonalized Medicineへ向かっていることを実感します.免疫腫瘍学が凄まじい速度で日々進歩している今そして将来,本書が病める人々のためお役に立てることを祈念して止みません.

最後に,腫瘍免疫学を身近で直接ご指導頂いた中山睿一教授(次頁に紹介)に感謝申し上げます.また上田龍三教授をはじめ,先進的がん免疫療法の班研究でお世話になった班員の先生に厚く御礼申し上げます.そして,がん免疫研究を強力に遂行して頂いた教室員の皆様に感謝いたします.


2017年4月

岡 三喜男


----

第I部 免疫学の基本的な知識

1 免疫と免疫反応

2 免疫系を担う細胞と組織

3 自然免疫と適応免疫

4 抗原と抗原認識

5 T細胞の活性化と免疫応答

6 B細胞の活性化と免疫応答

7 抗体の構造と機能

8 免疫寛容と自己免疫

第Ⅱ部 腫瘍免疫学

1 がんと免疫

2 がん抗原

3 がん細胞およびがん抗原の認識と免疫応答

4 がんの免疫編集と腫瘍微小環境

5 免疫代謝

第Ⅲ部 免疫腫瘍学

1 がん免疫療法の歴史

2 がん免疫療法とその考え方

3 免疫療法の各論

4 免疫チェックポイント阻害薬の基礎と臨床

5 免疫療法の効果と有害事象

6 免疫解析法と免疫モニタリング

7 併用免疫療法と複合がん免疫療法

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示