Home   >    eBookStore 

外来血糖管理マニュアル

松田 昌文 (著)

金原出版 株式会社

204 頁  (2017年4月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥3,080 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2020年02月05日

理論を実践につなげる血糖管理本の決定版、外来に進出!

外来で血糖管理を行う全ての医師を対象に、血糖管理の理論と実践をコンパクトに学ぶための1冊です。理論編で血糖管理の考え方を身につけ、実践編では臨床症例の検討を通じて、よりよい血糖管理について述べています。資料編では診療ツールや治療アルゴリズム、外来で使用する経口薬について詳述しています。トレンドを追うだけでは決して身につかない、知識と経験に裏打ちされた診療ができるようになる、確かな臨床力を養います。

____REPLACE_CROSSSELL____

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  5.0 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:7.9MB以上(インストール時:19.2MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:7.9MB以上(インストール時:19.2MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら



9784307101851-iph-1.png 9784307101851-iph-2.png

タテ

見開き


外来で血糖管理を行う全ての医師を対象に、血糖管理の理論と実践をコンパクトに学ぶための1冊です。理論編で血糖管理の考え方を身につけ、実践編では臨床症例の検討を通じて、よりよい血糖管理について述べています。資料編では診療ツールや治療アルゴリズム、外来で使用する経口薬について詳述しています。トレンドを追うだけでは決して身につかない、知識と経験に裏打ちされた診療ができるようになる、確かな臨床力を養います。


----


この本は主に糖尿病患者の外来での血糖管理について書かれています。糖代謝の理論を応用し実際に個々の症例に応じた対応ができるような実践方法の記述をめざしました。経口薬の使い方にも言及し『病棟血糖管理マニュアル―理論と実践― 第2版』(2014年)に書けなかった項目も意識しています。若干重複もありますが、この本と一緒に読んでいただけると理解が深まると考えます。

この本の対象者は主に外来で糖尿病患者の血糖管理をしている現場の医師や看護師です。また患者自身が読んでも有用と考えられる内容になっています。内分泌や糖尿病の専門医が地域の中核的な医療施設でのやや高度な専門外来を行う場合を想定していますが、そのような施設から逆紹介された患者を診療する一般の開業医にとっても、このような内容の書籍から益することも多いと感じます。

目的が実践ですから、書き方があまり学術的でない部分がありますがご了承ください。インスリンの使用指導の解説も本書の大きな課題です。インスリンの経時的な作用についてシミュレーションするプログラムを提供していますのでご利用ください。

著者は数多くの糖尿病患者の診療を担当してきました。この実践経験を知っていただき日常診療に活かしていただければ幸いです。


埼玉医科大学総合医療センター内分泌・糖尿病内科 教授
松田 昌文


----

I 理論編

1.高血糖状態の理解

2.血糖値の体内での調節

3.カロリー計算と主食設定

4.糖質制限とカーボカウント

5.インスリン分泌能とインスリン抵抗性、Matsuda index

6.治療のパラダイムシフトとは?

7.薬物介入とdurability の考え方

8.皮下注射インスリン作用のdynamics

9.長時間作用GLP-1受容体作動薬のdynamics

10.EXCEL表の使用方法

11.治療結果の評価、管理目標

12.SMBG 機器による血糖モニター

13.CGM、CSIIおよびSAPの利用

14.遠隔診療

II 実践編

1.診療と記録

2.低血糖による事故を避けるために

3.栄養指導と在宅指導

4.検診での異常値や高血糖での紹介

5.肥満

6.足潰瘍

7.糖尿病性腎症

8.肝機能異常の症例

9.インスリン使用1型糖尿病

10.インスリン使用2型糖尿病

11.ステロイド使用の患者

12.術前血糖管理依頼

13.糖尿病を有する妊婦

14.認知症

15.低血糖

練習問題

III 資料編

1.外来の診療ツール

2.電子カルテの書き方と統一化

3.インスリン自己注射の説明

4.インスリンの剤型について

5.血糖管理アルゴリズムの解説

6.筆者推奨血糖管理アルゴリズム

7.患者向けテキストについて

8.糖尿病教室

9.保険診療での配慮

10.海外旅行の際のアドバイス

11.臨床指標とクリニカルアウトカム

12.経口血糖降下薬─主要薬剤の用量用法と特徴

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS/AndroidOS: M2Plus Launcher
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • その他医療従事者
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート
____REPLACE_CART____

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示