Home   >    eBookStore   >   学生   講談社   感染症

絵でわかる感染症 with もやしもん

岩田 健太郎 (著) / 石川 雅之 (絵)

株式会社 講談社

239 頁  (2015年1月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥2,376 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2015年01月23日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

感染症界のエース・岩田健太郎先生 × 菌漫画の金字塔・もやしもん

夢のコラボがついに実現!大反響の感染症本が、早くも電子版となり登場です!
最強タッグによる別格の面白さで、感染症に立ち向かう際に、知っておくべきことを楽しく、わかりやすく学べます。

この商品を買った人はこんな商品も買っています


マンガで学ぶ感染症
¥2,052

ねころんで読める抗菌薬
¥2,160

もっとねころんで読める抗菌薬
¥2,160

抗菌薬の考え方,使い方ver.3
¥4,320

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:29.3MB以上(インストール時:73.1MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:25MB以上(インストール時:54.4MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784061547759-and-1.png 9784061547759-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784061547759-iph-1.png 9784061547759-iph-2.png

iPad(タテ)

iPad(見開き)


これは事件だ!

一秒でときめく!夢のコラボがついに実現!

感染症界のエース・岩田健太郎先生 × 菌漫画の金字塔・もやしもん


・わかりやすい!が止まらない。最強タッグによる別格の面白さ!

・感染症に立ち向かう際に、知っておくべきことを厳選して解説しました。

・一般読者・学生はもちろん、医療関係者にも最適です。

・感染症が流行しやすい冬にピッタリの「一家に一冊!」の必携書です。


----


はじめに

一般向けの感染症学の教科書はぼくが知る限り存在しません.微生物学,薬理学,免疫学の一般向け入門書はあるというのに.

感染症学は微生物学,薬理学,免疫学などを基盤とします.しかし,感染症学は微生物学「そのもの」ではありません.微生物学のターゲットは微生物です.感染症学のターゲットは,微生物が病気を起こした「患者」にあります.微生物が患者にどのような病気を起こし,それをどのように診断したり,治療したり,予防したりするかという実践的な学問が感染症学なのです.

内科学のバイブルとされるアメリカの『ハリソン内科学』で一番ページ数を割かれているのが感染症です.神経や心臓や腎臓や消化器の専門領域よりも物量的にはたくさんのことを扱うのが感染症学なのです.しかし,日本の内科学の教科書では,感染症は後ろのほうにほんの少ししか扱われていないのが普通です.どうしてこのようなギャップが生じるのでしょうか.

この「はじめに」を書いている2014 年10 月,日本では69 年ぶりのデング熱の国内流行が,そして西アフリカのエボラ出血熱の流行が話題になっています.

感染症は我々の生活に密接に関係しています.皆さんがよくかかる(かもしれない)風邪も,エイズのような一種特殊な病気も感染症です.子宮頸がんや肝臓がんといったがんも実は感染症です.胃潰瘍や胃がんの原因も,実はピロリ菌による感染症が原因なのです.21 世紀になっても,いや,21 世紀になってますます,感染症は重要な領域なのです.

この広くて深い感染症の世界,少しでも皆さんに体感いただければ,幸いです.


----

第1章 感染症の全体像

1.1 感染症とは何か

1.2 臨床微生物学とは何か

1.3 微生物の病原性と,ホストの防御機構

1.4 感染症疫学とアウトブレイク

1.5 新しい問題

第2章 抗菌薬を理解しよう

2.1 抗菌薬ってなんだろう

2.2 薬理学って大事です

2.3 主な抗菌薬の特徴

2.4 抗結核薬

2.5 抗真菌薬

2.6 抗ウイルス薬

2.7 その他

2.8 抗菌薬適正使用

第3章 症候からアプローチする感染症

3.1 症候学的アプローチ

3.2 臓器別感染症その1

3.3 臓器別感染症その2

第4章 微生物からアプローチする感染症

4.1 微生物学基本

4.2 グラム陽性菌

4.3 グラム陰性菌

4.4 嫌気性菌

4.5 グラム染色で分けられない細菌

4.6 ウイルス

4.7 真菌

4.8 原虫

4.9 蠕虫

4.10 その他の微生物

第5章 特別な問題

5.1 院内感染

5.2 予防接種

5.3 その他

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

★★★☆☆ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2016年3月11日 11:24)

絵が少なくタイトルから受けるイメージと異なった。

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2016年1月14日 15:06)

もやしもん作者によるイラストに癒されます。微生物の視点からの抗菌薬の解説もあるので分かりやすいです。

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年6月 4日 11:51)

もやしもんが好きで購入を決めましたが、感染症について一般向けに書かれた良作だと思いました。
臨床家には内容不足な面もありますが、内容は分かりやすく、面白く読ませて頂きました。

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2015年5月28日 16:20)

感染症を理解しやすく読みやすい本であり、導入と網羅について役に立ちます。

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示