Home   >    eBookStore   >   研修医   教科書で学ぶ   講談社   麻酔科

好きになる麻酔科学

諏訪 邦夫 (監修)/ 横山 武志 (著)

株式会社 講談社

173 頁  (2011年9月)

Android 対応製品 iOS/iPhoneOS対応製品

eBook Price(ダウンロード販売): ¥2,376 (税込) 

ポイント % (ポイントたまる)

M2プライムに登録すると年間¥7,000お得!

リリース日: 2013年06月21日

カートに入れる 立ち読み   お気に入りに入れる

麻酔って、何だろう?

麻酔科学を初めて学ぶ人のために
基礎と最新知識が学べる入門書。

手術室での麻酔科医の仕事内容を具体的に紹介しながら、麻酔科学の基本をわかりやすく解説。

楽しく読んで、基本がよくわかる。イラストや図が満載で、医学・看護・コメディカル・生命科学系向けの好きになるシリーズ。 どんな難しい科目も、まずはこの一冊から。

便利機能

全文検索対応 目次索引対応 関連項目対応 メモ付箋対応 PubMed未対応
動画再生なし 音声再生なし 今日リンク対応 YNリンク対応 南山リンク対応

製品説明

Android 対応 AndroidOS  2.1 以降
原則、国内キャリア経由で販売される端末につきましてはサポートする方針で対応を行っております。端末固有の問題が発生した場合には実機を入手し動作確認を行います。なお国内キャリア経由の販売であっても、Google Play Store非対応の端末ではアプリ本体のダウンロードがいただけないため、お使いいただけません。
外部メモリ:19.8MB以上(インストール時:49.6MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Readerが必要です。
*AndroidOSでの導入方法の詳細は こちら

iOS/iPhoneOS 対応 iOS  5.0 以降
対応機種: iPad 、 iPod touch第4世代 、 iPad Air 、 iPad Air2 、 iPad mini 、 iPad mini 3 、 iPad mini 4 、 iPad mini Retina 、 iPad2 、 iPad第3世代 、 iPad第4世代 、 iPhone4 、 iPhone4S 、 iPhone5 、 iPhone5c 、 iPhone5s 、 iPhone6 、 iPhone6 Plus 、 iPod touch第5世代
外部メモリ:45.6MB以上(インストール時:99.1MB以上)

*コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
*コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher 2.3.0以降が必要です。
*iOS/iPhoneOSでの導入方法の詳細は こちら


andorid.png 9784061541764-and-1.png 9784061541764-and-2.png

Tablet(タテ)

Tablet(見開き)


ms.png 9784061541764-iph-1.png 9784061541764-iph-2.png

iPad

iPhone4


麻酔って、何だろう?

手術室での麻酔科医の仕事内容を具体的に紹介しながら、麻酔科学の基本をわかりやすく解説。

研修医、看護師、コメディカル向けの入門書

写真と図が満載!


----


監修者まえがき


「好きになるシリーズ」の狙いは「医学・看護・コメディカル・生命科学系向け」で、その中でいくつかの書物がすでに刊行されています。このシリーズの話を聞いた私の反応は、「臨床医学の領域ではむずかしそう」でした。医学生や研修医が求めるものと、看護学生・看護師・コメデイカル・生命科学系大学生が求めるものが大きく異なると感じたからです。麻酔科学と限らず、内科学でも外科学でも同じです。

臨床医学の枠組みの中で、医学生や研修医は細かい知識を得なくてはならず、その上に、医学生では国家試験対策が必要です。一方、看護師・コメデイカルの方々ですでに資格を得ている場合、知識よりは医療の枠組みの中での認識を得ることが必須です。そんなわけで、出版社の幅広い要求に対応するのは容易ではありません。そもそも、よくも麻酔科学を含めてくれたと、出版社に感謝はしましたけれど。

この大きなテーマに挑戦した著者は、「麻酔科学の基本は誰もがしっかり知って欲しい、認識してほしい。それはどのグループの方々も同じ」という強い意気込みで執筆しています。私が当初考えたような及び腰ではありません。著者の強い個性でもありますが、一方で著者が歯科医師の立場で各領域の数多い医師たちと永年つきあい、外科系の広い領域の方々を満足させる技術をマスターし、同時にその過程で基本はこれだという思想をどっしりと身に着けている故で、その点が本書の随所に表れています。

一つ積極的に採用しているのが、領域と関連する医学の各方面のいろいろなエピソードをバランスよく散りばめている点で、どのグループの読者をも存分に満足させるに相違ありません。

優れた著作物の監修を引き受けるのは、大変に楽しい任務でした。


2011年 8月

諏訪 邦夫


はじめに


本書は、麻酔科医の仕事を、手術室での働きを中心として具体的に紹介しながら、「麻酔科学の基礎」をやさしく説明したものです。総合病院や大学病院における麻酔科医の活躍の場の中心は手術室です。何かの病気で外来受診したり、お見舞いで病棟に行くことはあっても、手術室に入った経験のある人は少ないでしょう。最近では、テレビドラマなどの舞台として、無影灯という影のできにくい手術室専用のライトがついた眩しい手術室が登場することもあります。しかし、医師でも、麻酔科医や外科系の医師、それに手術室勤務の看護師以外は、手術室にあまりなじみはないはずです。臨床実習までは手術室に入ったことがないという医学部の学生も多いと思います。本書では、この手術室を舞台にしながら、あまり知られていない麻酔科学という学問と、実際の麻酔科医の仕事内容を紹介します。

本書の主人公は、3年生になったばかりの2人の医学部生です。その他に、手術室を中心に働く2人の後期研修医と先輩麻酔科医、その指導医が登場します。内容は最近の方法による麻酔管理に即していますが、私自身が麻酔研修を行った当時を思い出しながら書き進めました。登場人物の名前ですが、当時は諏訪邦夫先生に指導していただいたので、指導医は邦夫先生とさせていただきました。そして初心に返るという意味で、後期研修医の一人は私の名前にしました。

読者対象は、おもに医学生を考えていますが、看護学生や麻酔に深い興味のある読者も読み進められるよう、イントロダクション「麻酔の基礎知識」や「まめ知識」コーナーなども作りました。麻酔科学に携わる多くの方々にも読んでいただきたいと思っております。


2011年 8月

著者 横山 武志


----


イントロダクション 麻酔の基礎知識

第1章 静脈路確保

第2章 麻酔の歴史

第3章 術前回診

第4章 麻酔の準備

第5章 麻酔導入

第6章 麻酔維持

第7章 覚醒

第8章 呼吸と血液と酸素

第9章 体内の水分量と輸液

第10章 全身麻酔 乳ガン

第11章 全身麻酔 口蓋形成術

第12章 局所麻酔 帝王切開

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクは現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※書店でも購入できます。取り扱い書店は こちら

お客さまからの声 

★★★★☆ わかりやすい
投稿者:匿名 (2016年9月 4日 12:21)

研修でまわる前に読んでおくといいかもしれません。

★★★★★ 製品アンケートより
投稿者:匿名 (2013年11月28日 19:57)

大変遣いやすく重宝しています。

コメントする (ログインが必要です)

お気に入りに追加しました.

お気に入りに登録済みです.

登録にはログインが必要です.

このサイトについて
専用ビューワアプリ
iOS:M2Plus Launcher
AndroidOS:
M2Plus Reader
※PCではご利用いただけません

製品の特長・機能はこちら
カテゴリー
  • 基礎医学
  • 臨床医学 一般
  • 臨床医学 内科
  • 臨床医学 外科
  • デバイスでさがす
  • 医学一般
  • 薬学
  • 看護学
  • コメディカル
  • 歯学
  • 医師国家試験
  • シリーズでさがす
  • シーンでさがす
  • 職業でさがす
  • 出版社でさがす
  • フロアマップからさがす
  • 全ての製品を見る
最近見た商品
>10件まで表示
ショッピングカート

現在、カートの中に
商品はありません。

Bestsellers
>20件まで表示
Bestreads
>10件まで表示